2017-08

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

良~く見たい

 好奇心の強いお婆さん それは私 見たがり、知りたがり、聞きたがり
 チョッとこれはなんじゃろうとか、こりゃどうすりゃ良いのじゃろうと
 試してみるのも好きです。
 今年の2月頃ですか?エジプトのルクソールで気球による事故がありました。その時ルクソールの神殿の上を飛んでいるのかしらと新聞を眺めていました。 
 思い出したのは3月11日の国会図書館の書庫の写真でした。その少し前に図書館に行ったばかりでしたので、同行した方にその写真を送りたいとPCに取り込みました。そうしましたら、実によく見られたのを思い出してPCに気球の写真を取り込んで見ました。
 そもそもルクソールの宮殿を空から眺めたことはありませんし、ルクソールの街を散策した訳ではありません。
 観光でバスで行き、バスで移動ですから、街全体の形を知りません。
 で取り込んでみますと、確かにナイルの東側だと分かりました。
 そこで今度はツール・ド・フランスのロードレースの自転車の列を見たくて矢張り取り込んで見ました。
 山岳を走る自転車の列が美しのですよ。

      ルクソール上空2月27日朝日  6月29日夕刊ツール・ド・フランス

 以来時々ハッキリ眺めて見たい写真はこの方法で眺めております。最近のを二枚アップしましょう。

      2013・8・17  朝食8月17日

             2013・8・18  朝食8月18日

 このような楽しみはPCを習っていたから出来たことだと、何となく嬉しく感じているところです。
entry_header

COMMENT

忘れ難い世界最大の露天掘り銅山

あい子さん
興味ある俯瞰写真ですね!
今年のツール・ド・フランスはコルシカ島からスタートしましたが、
写真の場所はやはりアルプスでしょうか?
「極東ダイヤの宝庫」のロシア・サハの巨大な露天掘りに匹敵する、
或いはそれ以上の規模の露天掘りを見たことがあります。
それは南米・チリの荒涼たるアタカマ砂漠にあるチュキカマタ銅山です。
1998年11月に訪れましたが、直径が約2km、深さ700もある
巨大な円形のすり鉢状の露天掘りに驚きました。
世界にはスケールの大きなものがいろいろあるものですね。

凄いと思います

ワールド・トラベラー(高)さん  今晩は
はい 私はこう言うのを見るのは好きなんです。今年は100回目だったそうですね。この写真は山岳コースでょうね。凄いですね。
露天掘りにはそのような大きな物があるのですか。
昔映像で見た露天掘りはアフリカのダイヤの露天掘りでした。

相子さま^^
おはようございます^^

好奇心旺盛な私ですが、相子さまには敵わないと、思っております^^;

たぶん。。。PCの操作は少なくとも私異常にお出来になられますね^^

負けず?にがんばろうと思いますわ~^^

素敵です相子さまv-238


素敵な一日でありますように・・・v-22

最近はこれまでにない情報がいろんな手段で入ってきますから、
こうやってデジタルで整理するのはとても良いことですね!
私は自分で撮った画像の整理さえままなりませんが…

紙情報はスキャンよりカメラで撮るのが早くて簡単ですね!

飛んでもない

Paganiniさん   お早うございます
そんなことありませんよ。物見高いお婆さんです。キョロキョロする時間があるからです。
お忙しいあなたにはとても追いつけません。

カメラが駄目なんです

ちゅんごさん  お早うございます
そう思ったりもしますが、ご存じの通り、唯写すだけしか能のない私。
駄目なんです。それでも偶に撮って保存したりもしますよ。

全て写真だったのですね
上の2枚はスキャナーを使われてるのかと思いました。

こうして新聞などの写真も撮って整理していくと
凄くいい情報が集まるのでしょうね

僕は自分のカメラで撮ったのばかり集めてますので
世界が狭いです。

相子さんのように、もっと広い視野で情報を集めないといけないですね

凄いですよ 私なんか写真の整理もなかなか出来ませんよ なんとかせねばいかんと思ってはいるんですがなかなかね
バランスの良い朝ごはんですね 私もいつかは作るぞと思いながら今日まで来てしまってますよ 意志薄弱ですね

カメラは駄目なんです

メタボ夫婦さん   今日は
朝食以外は全部スキャンしてから、トリミングした物です。
スキャンし難い物は写真で取り込み保存します。

食事作りは65年

EGUTI YOUSUKE さん  今日は
私と違いEGUTIさんは仕事が忙しく、時間がないから大変ですよ。
私は整理整頓は下手なんです。
食事は戦後食糧難時代から、更に上京してから今まで作っておりますから、手抜きだらけです。でも嫌にはなっておりません。

凄い迫力ですね。私たちがいかに一部分しか見ていないか歴然としています。
一事が万事で世の中のいろいろも一部分しか見ていないのでしょうね。

知る喜び

ofujisan さん  今晩は
そうですよ。私もそう思います。
百科事典の数ページしか知らないんでは無いかと、時々思うのです。
それだけに知った時の喜びは大きいですね。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/1846-e4dca6cb

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog