2017-10

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

風の又三郎

 台風18号が近づいています。早暁強い雨が降っていましたが、今は月も出ていますし、雨も止んでいます。
 天気情報では関東地方は明日に上陸するようです。

         台風18号

 台風が来る 昔はそれは9月1日(にひゃくとうか)9月10日(にひゃくはつか)と言う日が台風の来る日だと半ば当り前に考えておりました。そしてその日か少しずれてかで台風が来たものです。

 台風が来ますと必ず思い出すのが風の又三郎という映画です。
 小学校の4年生だったと思います。中国青島の日本人小学校で見に行った映画です。 
 前年に生徒は多くなり、分割がありましたから、全校で600人位になっていたかも知れません。ですが全校で行ったかどうかは記憶にありません。
 もうその映画館はなくなって仕舞いましたが、取り壊し寸前の写真があります。
 青島電気館です。当時邦画専門の映画館でした。山東路という目抜き通りには洋画専門の映画館もありました。
 

        青島電気館

 風の又三郎は宮沢賢治の作品でしたが、詳しくは知りませんでした。台風と関係があると言うことで子どもの頃から印象に残っていました。
 その映画を見た後からです。小学4年生ともなりますと、生意気な男の子も出て来ます。
 校内の廊下を歩きながら映画の中で歌われた歌を口ずさみ歩くのです。
 どっどど どどうど どどうど どどう青いくるみも吹きとばせすっぱいかりんも吹きとばせどっどど どどうど どどうど どどう

 特に美少年だった◎◎君 彼は傍に来ると業と声を低くして歌うのです。そして男の子の中で流行りましたね。
 暫らくは どっどど どどうど どどうど とね。
 その歌を聞くと確かに何か神でも宿ったかのような、何かが起きそうな怪しげな空気を感じるのです。
 興味がございましたら赤字をクリックしてお聞きになって下さい。
 
 映画風の又三郎は昭和15年10月10日封切りの映画で、又三郎役は片山明彦でした。当時子役と言えば片山明彦でしたね。 

entry_header

COMMENT

そうか、2小の私も観ましたよ。ということは、1,2,3小ともに平等に観ていたのですね。朝、校庭から行列して映画館まで行く。全校生徒のときもあれば、高学年だけのときもありましたね。
題名は忘れたけど、高峰秀子の馬の物語があったなぁ。しかしたいていは戦意高揚映画で、「西住戦車隊長」「加藤隼戦闘隊」や予科練の活躍する映画。
料金は払ったような記憶がないけど、どうだったんでしょうか。
映画見学だけで、授業のない日もありました。嬉しかったですねぇ。でも綴り方の時間に感想文を書かされました。

相子さま^^
おはようございます^^

大型台風18号が関東に接近しておりますね。。。
どうぞ警戒なさって下さいませね。。。
私はベランダの植木を端っこに寄せました。

風の又三郎~宮沢賢治~雨にも負けず
と、これくらいしか分りませんが・・・。
台風の様子はいかがですか?東京は以前地下室で
亡くなった方もありますので気になります。

皆見ているのですね

直大さん   お早うございます
そうじゃ3小も見に行っているでしょうね。
父は山東路の映画館で「風と共に去りぬ」を見たそうですよ。
中国映画館もあったと思うのですが、今度調べて見ましょう。

凄いですね

Paganini さん  お早うございます
今日はお出掛けを予定していた方もありましょうが、外出は控えないといけませんね。

ご心配有難うございます

りょうこ さん   ようこそ
台風も凄くまた竜巻の発生している所もあります。ニュースで見ますと、各地に猛風雨で被害が出ております。
各地に停電もあり、これから益々関東地方も酷くなると思います。
ここは11時頃通過するようです。

私も見ましたよ 小学校の体育館で田舎でしたので映画が体育館で出張してきたんですよ タンポポ劇団も年に1っ回来たかな

今凄い風雨が吹き荒れてます いよいよ台風が来ましたよ

巡回懐かしいです

EGUTI YOUSUKE さん  今日は
この映画ご覧になりましたか。歌は歌いましたか。何だか怖~い場面がありましたよ。
日本に帰国し、負けてから小学校の校庭に大きな布のスクリーンを張り、そこで夜になると映画を見せましたよ。大人も子供も町中で見ました。スクリーンの両面から見られるのです。
台風情報
間もなくこの辺にもやって来ます。物凄い風が吹いています。今日の稽古事はお休みです。

風の又三郎

台風が近づいて来ましたね。用心ししてください。風の又三郎私も青島の電気館で見ましたよ。今でも「どどどどと」口ずさむことがありますよ。あの映画、記憶に残っていると云う事は子供心に何か強烈に響くものがあったのでしょうね。ブログを読んでその頃のことを思いだしました。直さんも同じだったのでしょうか・・・・・。

宮沢賢治の不思議な世界が大好きで、もう少しして家にいる時間が多くなったらじっくりと読んでみたいとおもっています。
この歌を聴いてみました。文字で読むのと大違いでした。やっぱり不思議な気分になれました。
今、外は大荒れです。

懐かしい「電気館」。

懐かしい「電気館」。私の家はこの裏側にありました。「風の又三郎」を見るため電気館の前に並んだ記憶があります。映画は片山明彦の登場場面を所々覚えています。
台風18号がちかづいています。「どっどど どどうど どどうど」と去ってくれることを祈るのみです。

強い印象でした

桜島さん   今日は
台風は速度が速く外の様子は通過したような感じです。
3小も電気館でしたか。多分あそこしか上映されていなかったのだと思いますね。

歌が不気味な感じでしょ

ofujisan さん  今日は
そちらの様子が気になっています。被害がないと良いですね。
ゆっくりと読んで下さい。あなたらしいです。

もう通過したようです

いさむちゃん   今日は
電気館懐かしいですね。皆で並んで行ったのだと思いますよ。
◎◎君はチョッと生意気な感じでしたが、戦後の暫らく経っての消息で、大阪で一般の人と違う世界で生きていると聞きました。

相子さん、こんにちは
雨もひどかったですが突風がかなり強く吹きましたね
大丈夫でしたか

風邪の又三郎、私も小学校の講堂で見ました
巡回映画ですね、懐かしい言葉です
だいぶ経過したフィルムだったのでしょうか、結構画面が荒れていた記憶があります
その歌はとても印象に残っていて、今でも時折ふっと口をついて出ます
どーどど、どどーど・・・
赤いリンゴも吹き飛ばせ、すっぱいリンゴも吹き飛ばせと記憶していましたので、いつもそのフレーズで・・・
娘には、ナニそれ?と言われましたが
不思議と風の強い日には思い出す歌です

こんにちは。

台風はどうやら、ピークを過ぎたようです。
想像以上に被害が少なくて、安堵しております。
そちらは今が雨、風ともに激しくなる頃と思われますが、
突風などには十分にお気をつけられますよう。

「風の又三郎」は小学校の恩師が、よく語ってくれました。
よほど宮沢賢治に傾倒していたのでしょう。
「雨ニモマケズ」もそれ以上に聞かされました。
このような人になってくださいね。
何度も教えられましたが、いまだに自己中心の人間です(笑

心を揺さぶる何か

Hulaさん さん  今日は
ご覧になっていたのですね。この歌の出だしは何故か心を揺さぶりますね。
それで忘れ難いメロディーの一つになっているのですね。

教えの通りには行きません

NANTEI さん  今日は
もう空は雲が薄くなって来ています。雨雲は遠のいたようです。そちらも被害がなく良かったですね。
その先生は読んで下さったということですが、教師として素晴らしいことだと思いますね。普通は教科書だけですものね。

懐かしい学校

 1年生の時、内地に帰りました。
 2010年5月に、斉藤敦子様(現、北京大使館公使斉藤法雄氏婦人)、増田美加様と小学校を見に行きましたが、あの広い運動場の印象が現在も脳裏に残っています。
 今年、90歳になりました。
 もう一度、行ってみたいと思っています。

ようこそ

白水 建次様  お早うございます
小学校1年生といいますと、戦争の始まる前ですね。お元気でお過ごしで、ここにお越し頂き有難うございます。
あの広い校庭とスタンド席 良い校庭でしたね。
2010年私も青島に行きました。増田さんにはお世話になっています。
昨日もメールで連絡を頂きました。
第一小学校に戦後初めて私と増田さんと入いることができました。時間と体力が許せば毎年訪問したいと思っております。

 5月下旬の「アカシアの花」が咲く頃に青島にゆきます。
 何度行っても、あの「青島神社跡」「青島桟橋」「小学校の運動場」は青島で育った頃の懐かしい所です。
 小学校のレベルは結構高かったようですね。
 1年の時、帰国して東京の「青山小学校」に転校しましたが、学力に遜色がありませんでした。
 斉藤敦子様(北京大使館公使夫人)からメールをいただきましたが、まだ北京の「スモッグ」が気になりますので、北京に行くのはもう少し後にしたいと思っています。
 関西で「青島会」(森下俊夫氏)が毎年開催されますが、もう小生の年齢に近い人がいなくなって淋しくなりました。

羨ましいです

お名前不明さん  お早うございます
5月の青島 最高ですね。
ですがこの冬は青島も空気が悪かったようです。
お気を付け行ってらっしゃい。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/1860-0d2a8a21

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog