2017-08

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

木谷先生の便り

 10月20日に明治大学ホームカミングデ―は駿河台校舎で開催されました。
 私は卒業60年と言うことで招待を受けていましたが、体調のことを考えて、出掛けるのを取り止めました。
 それに先立ち政経学部の木谷光宏先生と当日お会いする約束をし、久々のお喋りと近況を知って頂こうと愉しみして待ちました。欠席の連絡に先生はとても残念に思って下さいました。
 丁度先生がドイツ、スイス、オーストリアにお出掛けになると伺っておりましたので、そのことをお聞き出来なく、何時かと思っておりました。
 先だって頂いた先生のお便りを拝見し、とても良い旅をなさったな~と感じております。
 折角のことですし、以下に記し私の記念に残して置きたいと思っております。
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「オーストリア(ウイーン・ザルツブルグ・インスブルック)、
ドイツ(フランクフルト)でのブランディングのマーケティング調査から帰国しました。
まだ時差ボケが残っている状態です。ウイーンは気温が5度前後と寒かったです。
ウイーン大学周辺の教会の裏手に精神分析学者のフロイトの記念館もありました。

            ウィン大学

 明治大学の学生時代に受講した「県民性」の研究で著名な祖父江孝男先生(文化人類学者・故人)
 アラスカのエスキモー研究で有名な蒲生正男先生(社会人類学・故人)の恩師である岡正雄先生(民族学者・故人)が留学されておられたウイーン大学を訪れました。アカデミックな雰囲気が漂っていました。
 岡正雄先生はシュミット教授のもとで学び、1933年にウイーン大学から博士号を授与されています。その当時、岡先生が博士論文を執筆されるのに良く通っておられたお気に入りのカフェ・モーツアルトでランチに肉が柔らかくサイズが大きいカツレツを頂きました。ボリュームもあり、とても美味しかったです。

             カフェモーツアルト

 ベルサイユ宮殿を模倣して建てられたというシェーンブルン宮殿は世界遺産でもあり、部屋数が1441室、日本庭園もあり、庭なども広く荘厳でした。


    シェーンブルン宮殿1  シェーンブルーン宮殿2

 格式の高いザッハホテルの緑の色彩の間でフルコースの夕食をし、デザートにザッハトルテが出ました。とてもコクがあり美味しかったです。

            ザッハトルテ


 余談になりますが、ヒットラーは画家になる為にウイーン美術アカデミーの入学試験を二度受けたが、不合格になっています。
 ウイーン在住のころは、惨めな生活を送り、画家になる夢を断念してドイツに転居。合格していれば芸術家になっていて第2次大戦は起きなかったのかもしれません。歴史とは皮肉なものですね。

 ザルツブルグではモーツアルトの住んでいた家を見たり、世界最古のレストラン(803年創業)でランチをし、
映画「サウンドオブミュージック」のロケで「エーデルワイス」を歌った劇場を見たり、夜には眼下に街を一望できる古城での城塞クラッシックコンサートに出かけたりしました。

 インスブルックの「チロルの夕べ」では、本場のチターの演奏を聴きました。
 霞が関ビルの33階で持永さん、中島先生とご一緒に、内藤さんのチター演奏を聞いて以来のことです。懐かしくもあり、とても感慨深いものがありました。
 地元のジュニアの選手が練習していたスキーのジャンプ台からインスブルックの町並みやアルプスの山並みを一望して、2300mのアルプスに登山したりと、かなりハードで楽しい研究旅行でした。」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 木谷先生は明治大学スキ―部の部長をなさっており、これから季節になりますので、忙しさも一段となることでしょう。私は駿河台に暫らく行っておりませんでしたので、先生は何時でもご案内しますよ。お出掛けお待ちしていますと仰って下さっています。優しく礼儀正しさは学生時代と全く変わっておりません。



entry_header

COMMENT

シェーンブルン宮殿は広く美しいですね。季節毎に楽しめると思います。ドイツに行く時はいつも仕事絡みなので、ゆっくり時間がとれないのが残念です。
写真を拝見しますと、生真面目そうな先生だなと一目でわかりますね。

仕事とはなれて行くけると良いですね

りょうこ さん   ようこそ
シェ―ンブルン宮殿には随分前に行きましたが、広くて綺麗でした。
今は諦めていますがドイツのクリスマスの様子は見たいです。
木谷先生はとても太っ腹な真面目な方です。

霞が関ビルでのチターの演奏会は本当に素敵でした。おいしいものをいただいて、チターの生演奏を聴いて。チターと一緒に皆で歌ったこともありましたね。
ザッハトルテもおいしかったです。ザッハホテルと同じ味と聞いて妙に嬉しかったのを覚えています。忘れられない思い出です。

皆さんと共通の思い出

ofujisanさん  今晩は
そうでしたね。内藤敏子さんのチター演奏は心を癒しましたし、またお話も良かったですね。
東海倶楽部のザッハトルテはウィーンのザッハホテル直伝の本物です。
また出来ると良いですね。

相子さま♪
おはようございます^^

とても興味深く拝読させて頂きました。
ヒットラーの下り。。。
すだったのですね♪
初めて知りました。

とても素敵な記事でした。
ありがとうございます。

私も知りませんでした

Paganiniさん   お早うございます
何時もコメントを頂き有難うございます。
私もドイツ、オーストリア、スイスと以前行きました。
懐かしく思い先生の足取りに心を重ねております。
ヒットラーのことは知りませんでした。

そうかヒットラ-は画家になりたかったんですか 彼はやはり精神異常者(今はこの表現はいけないかな)ですよ、晩年は特にね
でも国民を鼓舞する演説は我が闘争1,2を見ても凄い能力ですよ。黒を白と逆転するとこは見事な能力ですよ、あれじゃナチスをドイツ国民は選んでしまいますよ、日本で言えば小泉親父の演説に似てるかな(問題を正面に持ってくるとこなんか、まあ映画ですので実際は分かりませんが)

こんにちは。

次々に紹介してくださる立派な方々に、ただただ驚き入っております。

しかも相子さんの国際的な視野の広いこと!

海外など殆んど目にしたことのない小生。
いつものことですが羨望と畏敬の念に堪えません。
私の親類も時々相子さんのブログにおじゃましているそうですが、
世の中にはなんと世界の違う方もおられるものと、感嘆しておりました。

そのような方から拙ブログに訪問していただくこと、
本当に光栄に思っております。

素敵な方ですね!
真摯な生き方のできる方には、
どんどんと自分を成長させる体験ができているように思います。
自分の目で見て触れることが一番大切なんでしょうね。

能力の発揮は

EGUTI YOUSUKE さん   今晩は
ヒットラーは世界でもアジテーターとして特出したと言われていましたが、本当に凄いものですね。
ヒットラーユーゲント等の組織化も凄いと思います。
政治家が若き日の理想を晩年まで貫くことは難しいのでしょうね。

此方こそお恥ずかしい

NANTEI さん   今晩は
とても困ります。長く生きただけで、特別な仕事や成果を上げた訳ではございません。
良い方に廻り合わせたことには幸せなことだったと、皆さんに感謝をしております。
ご親戚の方にお目もじの折りには、お礼を申し上げていると、お伝え下さいませ。

優しく太っ腹です

ちゅんごさん   今晩は
木谷先生は専門が産業心理学、社会学が専門で、また市場調査、消費者行動、職業選択など多岐に亘っおります。
豪快な字を書かれ、素晴らしいと何時も感心しております。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/1912-4ddcdf33

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog