2017-08

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

3月10日と言う日

 1945年3月10日 日本が戦争に負けた日より5ヶ月程前です。
 この日 東京は米軍からの大空襲を受けたのです。
 米軍はそれより前からB29による空襲で、日本に被害を与えてはおりましたが、この3月10日の空襲は筆舌に尽くし難いものでした。
 その頃 私は女学校の寄宿舎で生活をしておりました。今の中学2年生ですね。
 10日の夜中 空襲警報が発令され、舎監に起こされた私たちは東京の方に目を向けました。
 遥か100㌔遠くにある東京の空 真っ赤な炎の大きな塊が目に飛び込んで来ました。
 その炎が東京で大きな火災が起きているのだと直ぐに分かりました。
 炎から見えない筈なのに火の粉は飛び燃え上がる紅蓮の動きが分かるように見えるのです。炎は揺れています。
 火の塊は余りに大きく何に例えればよいのか分かりません。
 
 10日は土曜日でした。午後寄宿舎から家に帰るために館山(千葉県)の駅に行きました。
 そこに千葉方面からの列車が到着し、乗客が駅舎から出て来ました。

 その時のお客さんの中に大勢の被災者の方がいました。誰も疲れきっている様子。背中に背負った防空頭巾、着ている衣服それらに焼け焦げの痕も見られます。荷物は殆んどないと言っても良いような姿です。
 顔も手も煤けています。その時の風景は今も目に浮かんで来ます。

 東京大空襲と言われるこの空襲のことは語られる機会が少なくなっていますが、その凄まじさを思い出すだに心が震えます。
 右のから動画でご覧ください。この東京大空襲動画は他にも沢山ありますので、それらもご覧になって下さい。

     空襲後東京本所  空襲後の東京

 東京は焼け野原状態になって仕舞いました。特に下町の姿は無残な姿です。
 戦後私が初めて東京に行きましたのは1947年ですが、その頃 山手線の内側には焼けた原っぱが広がっており、親戚の目白に行くのに池袋駅のホームに立ちますと、ホームの両側西も東も焼け跡にバラックが建ち並び、池袋から雑司ヶ谷までの道はがれきが積まれ、大きな邸宅の跡ではと思わせる大きな金庫だけが立っている場所もありました。
              今日の朝食

           朝食3月10日

 3月10日 3月11日 様々なことを思うに付け、どちらも心にとどめ置くべき日となっております。
entry_header

COMMENT

東京大空襲は実感としてよく分りませんが、3・11では現地に入りましたので忘れるわけにはいかない日です。しかし、3年の間には、土地も人も変わってしまうこともあるんですね。いろんな話を聞きますとがっかりすることもあります。

そうでしたか

俊介さん ようこそ
色々なことがあって、人心も変わって来るでしょうし、土地もまた状況に変化が起きて、流れに沿ってうねうねと変っているでしょうね。

何で5カ月も

相子様
こんばんは。

辛い思い出ですね。
首都がこんな目にあって一般市民が巻き添えになって何故
ここでギブアップしなかったのでしょうか。
米軍の兵士であってもこれで戦争が終る。もう市民は巻き添え
にしたくないと思った筈です。
日本の首脳陣は武士道をはき違えていたのでしょうね。
後悔しても人命は戻ってきません。

愛新覚羅

大空襲

相子さん、早咲きの桜が咲くころになりました。

さて、
山田洋次さんが監督した映画「小さいおうち」では、主人公が女中奉公したご夫妻は、空襲によって防空豪の中で亡くなっています。東京中心部はすっかり焼けたそうです。以前、神田の和食のお店の方も、この辺はほとんど焼けたし、その前に延焼防止で家を壊されたとおっしゃってました。
たまたま、NHKの朝ドラマも大阪が大空襲を受け、終戦を迎えます。
今、高層ビルから都心部を見ると、東京大空襲があったとはとても思えません。平成生まれの方からみると、信じられないことでしょう。こうした事実を語りつくことが大切な時代になっています。

責任を持ちたくない

aishinkakura さん   今晩は
何故って思いますよね。
日本の統治機関が迷走していたのではないでしょうか。

犠牲はいかばかりか

ヒトリシズカ さん  ようこそ
戦争は大きな犠牲を国民に強いますね。
空襲が増えて来ましたので、木造建築は燃えやすいと言うことで、防火の点で家を間引き強制的に壊したのですね。
学童疎開で東京から出て行った子どもたちも苦しい生活をしていました。3月は受験期で、6年生の子どもが受験のために東京に戻り、この空襲で亡くなった人もいると聞いております。

こんな事が国際法上も許されていいわけが無いですよ、でも歴史は勝者の理論で行きますからね 一般市民が逃げられない様に爆撃するんだから酷いもんだ、開戦きり方法が無かったとは言え近代戦の怖さですよ
今でも勝てば官軍ですからね ロシア・中国を見てると力で押し切る方式は昔から何にも変わっていないですね なんか人間て哀れな生き物に見えてしまいますよ

戦争は怖いです

EGUTI YOUSUKE さん   お早うございます
この現実が戦争ですね。
アメリカ側からの記録を見ますと、爆撃に参加した兵士の証言には驚きました。淡々と何事でもなっかったように話しております。

こんにちわ~!!

戦争を知らない私達ですが
相子さまの記事を読むだけでも
東京大空襲の恐ろしさが伝わってきます。
そして、3/11日の出来事・・
これからの歴史の中で、二度と起こって欲しくない事ですね!

相子さま、いつも温かいメッセージをありがとうございます♪
レシピ本の方まで注文していただいて・・心から嬉しく思います!!本当にありがとうございました。

こんにちは。
貴重なお話ありがとうございます。
ネット住民と呼ばれる若い人たちに
見てもらいたいですね。
戦争ってやってはならないことを
認識してもらいたいです。

忘れえぬことですね

マムチさん  今日は
大空襲は本当に酷いものでした。
戦争も災害も大きな犠牲をだします。
弱いものは何時も犠牲が大きく掛かって来ます。

戦争は過酷

あかちんさん  今日は
戦争体験者が少なくなっています。
戦地で戦った人もドンドンいなくなっています。
語れる人は語らなければなりませんね。

相子さん おばんです。

臆病であれ・・・・!!。

面子でいくさなどもってのほか・・・そう思います。

苦しいとは言え

ひげさん   今晩は
あの戦争は様々な要因が絡まって起きたと、それぞれ立ち場の違いで、論じられておりますが、無謀であったことは間違いなかったのだと思います。

戦争は惨いもの。

戦争を知らない世代が多くなってきました。この惨い戦争は絶対に繰り返してはいけません。

絶対嫌です

いさむちゃん 今日は
何か辛いことがあると、戦争よりましだと過ごして来ました。それほど酷いことですね。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/2019-ae631b49

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog