2017-10

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

芋飴とアメ横

 話は雑談としましたが、昔と今とが繋がっている話です。
 太平洋戦争で日本は大敗しました。1945年3月10日の東京大空襲、それに続き更に東京は米機による空襲で甚大な被害を受けました。空襲は東京ばかりではありません。全国各地に米機が飛来し、それぞれ被害を受けています。

 当時の日本の民家は木造が主ですし、たとえ鉄筋の建物でも被害を受けておりました。火災の力に民間人の消火活動は何ら力とならなかったようです。
 
 東京では焼け野原が広がり、山手線に乗りますと残っている建物が焼け野原の所々に立っているのです。
 1946年に初めて東京に用足しに出て来た私は大きな驚きを感じたものです。
 食糧難はあったと言え、まだ翌年からの事を思えば未だ増しなものでした。

 池袋の闇市は池袋駅の両側に拡がっており、そこでサッカリンや石鹸等を買ったものです。
 甘いお菓子など中々口に入らなかったのですが、イモ飴は手に入りました。先だって二女と行ったスーパーでイモ飴が売られていました。忘れていた飴です。

            いもあめ

 昨夜偶然みたテレビ 武田鉄矢さんが中心になって紹介する内容です、
 「昭和は輝いていた」日本有数の商店街アメ横と言うのですよ。
 ご覧になった方も沢山おいでになると思います。
 中村メイコさんも出演されていました。アメ横が戦後いち早く多くの品物を並べ、そこは産業基地のような様相を見せていたと言うことですね。
 
 最初の頃のアメ横ではイモ飴を売る店が80軒もあったそうで、そのイモ飴は大ヒット商品だったそうです。それで私も食べたのですね。
 中村メイコさんはアメ横が大好きで毎日のように通ったそうです。
 アメ横に行きますと最先端の洋服や化粧品などが手に入り、多くの芸能人もここで洋服や靴などを買っていたそうです。
 その多くは在留米軍の横流し商品などもあり、アメリカの物が手に入ったことから、イモ飴とアメリカと合わせてアメ横と言われるようになったそうです。
 
 アメ横の上野方向にあるチョコレートのたたき売りのようなお店がありますが、その店主の志村さんも出演され、面白さを話して呉れていました。なかなか勉強になる面白い番組でしたね。
 上野アメ横には300軒の商店があるそうです。
 これを見てくださると分かりますが、あの歳末の街のイメージとは重なりもしましょうが、別の面も見えますよ。
 
 今は外国人の観光客も多く、店舗もイスラム圏の市場のような感じすら受けると話しておりました。
 私もアメ横大好きです。でも最近は行っておりません。手元に2009年の写真がありますので、ご覧になって下さい。
 JRのガード下の宝石店や化粧品店、衣料品店等は慣れますと面白いですよ。
 最近はガード下の東側には焼鳥屋や居酒屋が何軒もあり、女性客もジョッキを手に元気を見せています。

     あめ横1  あめ横2

     あめ横3  あめ横4

     あめ横5  あめ横6

 アメ横はJRのガード下とその西側とに広がっています。その間の通りがメイン通りだと言えましょうか。
 西側のセンタービルの地下には中国や東南アジアの食品や食材を売る店が何軒もあります。
 写真下の左は随分昔からある店です。右は私が買いに行っておりました乾物の専門店星野さんで買って来たものです。
 星野さんは30年以上の付き合いで、今は電話で注文して送って貰っています。
entry_header

COMMENT

芋飴って初めて知りました。母たちが一旦5月に東京に帰りますので、お土産に買ってきてもらいましょう。アメ横はお正月前になると人々でごった返している風景をテレビで見ていました。

こんばんはー

アメ横、年末に必ずテレビで中継がありますね。
大阪で言うなら「黒門市場」
京都なら「錦市場」といったところでしょうか。。。

さて、前記事の麻雀。
ウチの父も市の老人センターに出かけて
高齢者の麻雀サークルを楽しんでいます。

手先を使う、一応?頭も使うということで(笑)
ボクも学生時代には毎日のように仲間内で麻雀に興じていました。

性格や勝負強さ、しぐさや顔つきまで様々。
そして戦術や引き際等々、性格を表しますね。

アメ横の思い出

相子様
こんばんは。

私にもアメ横の思い出があります。小学生のときガムのおまけ券が揃わずアメ横まで箱買いにいきました。それでも揃わなかったので悲しかったです。全財産を投げ打ったのに。
中学生のときは米軍払い下げのリーバイスを求めて行きました。ゲット出来たのですが家に帰って親から何故こんな汚いものを買ってきたとケチョンケチョンでした。

愛新覚羅

珍しい飴

りょうこ さん  ようこそ
イモ飴は戦後とても嬉しいお八つでもありました。
今は美味しいものが沢山ありますから、余り目にしません。
素朴で美味しいものです。

それは良いですね

味よしさん  今晩は
アメ横の歳末風景は毎年の風景ですね。
歳末は恐ろしくて行きません。

お父様はお元気で結構ですね。

麻雀は今老人の世界のじわじわ流行って来ているようですね。
麻雀は面白いですね。性格も良く出ますね。

可哀そうにね

aishinkakurさん  今晩は
アメ横にはいろいろな物がありますね。
ガード下の店 見て回るだけでも楽しいものです。でもそんな悲しい辛い思い出もあるのですね。
ジーンズもビンテージ物は高価ですよね。
がっかりなさいましたね。

連れ合い御用達の店

おはようございます。(^0^)

上野のアメ横には、連れ合い御用達の店が有り、

定期的?に通わせて頂いております。

会社帰りに買い物を頼まれることがあるのですが、

連れ合いから頼まれた品物が分からないと

「店ノ人ニ、電話、代ワッテ!!」

・・・ということで、流暢な中国語で(当たり前か)

店員と話をして品物を揃えることがあります。^^;

相子さん おはようございます。

芋飴・・・懐かしいですね・・・・。

箸で絡めて良く食べました・・・米飴というのもありましたね・・・。

硬い物もあったような・・・いずれも懐かしい味です・・・。

アメ横・・・三十年も昔・・・・一度っきり・・・。笑)

相子さま♪
おはようございます^^

いも飴・・・初めて知りました。^^;

アメ横は一度しか行ったことがないんです。

昭和は輝いていた

おはようございます
今朝は雨の和歌山市です。
こんな番組があるとは知りませんでした。
とても懐かしいです。
物がとても少ない時代。
サッカリンと聞くと小学時代を思い出します。
芋飴はお世話になりました。
アメ横は憧れますね。

http://www.bs-j.co.jp/showa/53.html

http://www.youtube.com/watch?v=n1lKpzTDznU

http://www.dailymotion.com/video/x1bhywo_%E5%8A%9B%E9%81%93%E5%B1%B1-%E4%BC%9D%E8%AA%AC%E3%81%AE%E7%A9%BA%E6%89%8B%E3%83%81%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%97-%E6%98%AD%E5%92%8C%E3%81%AF%E8%BC%9D%E3%81%84%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%9F_lifestyle

それは何より

逸美 洋 さん  お早うございます
池袋にも中華食材の大きなお店があるようですが、アメ横は見るだけでも楽しくて良いです。
奥様と連絡が直ぐ取れるのも現代でこそですね。

30年前と大違いです

ひげさん  お早うございます
懐かしいでしょう。昔はイモ飴やカルメ焼きなんて言うのが甘味のお八つでした。

食材豊富です

Paganini さん  お早うございます
ぜひ探検にお越しになって見て下さい。
下町の面白さもありますよ。

全て懐かしく

敷島さん  お早うございます
ま~流石ですね。早速見つけて下さって。
懐かしいですよ。
何を見ても、聞いても思いだせます。
サッカリンご存知ですか。白い結晶がビンの中でキラキラと輝き見えていました。

私 恥ずかしながら芋飴って知らないのですよ まあ澱粉から作るんだろうなとは思いますが 砂糖は入れなくて芋の甘さだけで作るのかな そんなわけないか

上野に行くことが少ないのでアメ横もうずいぶん行ってないですよ 相変わらず賑やかかな

砂糖は入れません

EGUTI YOUSUKE さん  今日は
戦後の食糧難の時には自家製で作る人もいましたが、今は主に鹿児島や沖縄などで製造されているようです。
さつま芋から作るのです。
お若いから食べて事ないのでしょう。

アメ横は賑わっていますよ。面白いので好きです。

アメ横は中学の修学旅行の思い出です。
はじめての東京だったので、
見るものすべてが桁違いでした。
活気が凄くて何も買えなかったと思います…

でもそれ以来、行ってないんですよ。
今いくとまた違って見えるかもしれませんね♪

とても楽しいですよ

ちゅんご さん  今日は
ご存知でしたか。この数年は行っておりませんが、活気はありますし、アジアの街の様でもありますね。
老若男女が集まっています。そこに外人です。
食材探しも面白いです。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/2057-7fd48cbd

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog