2017-08

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

矢張りお鮨

 今年は今のところカツオの水揚げが少ないとか。そう言えば確かに冷凍物と比べ、生は高いですね。
 食べ方は色々ですから、それなりに使えばと思っていますが、お鮨には生を使いたいですね。
 そこに友人から生のカツオが届きました。「ご免なさい。家が脂の乗っている方にしたので、お宅のは脂が乗っていないの」何だか可愛い人でしょ。有難く頂戴しました。
 お鮨大好きな者にとっては嬉しいプレゼントですね。

 それも含めて最近のお鮨をアップしますね。酢飯は大体大人のお茶碗一杯から一杯半と言った所です。

    頂き物カツオ握り  小柱・白魚丼508円+税金

    赤エビ握り199円+税金  バチ漬け握り534円+税金

    鯛・バチ中トロ握り598円+税金  炙りカツオ握り398円+税金

 赤エビはアルゼンチンからの輸入物ですね。頭と殻など一緒に味噌仕立てのお椀にします。 
 魚を下ろしたりしますと粗が出ますね。それは家庭ごみの日まで冷凍にして置きます。
 エビの殻や魚の粗に火を通しますと、冷凍せずに捨てられますから、出来れば煮付けたりお椀にしたいものですね。
entry_header

COMMENT

相互リンク

突然のコメント、失礼いたします。
私はこちら⇒http://2chblog.org/
でサイトをやっているきみきといいます。
色々なサイトをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はメールを送ってくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^

カツオ時期ですね 私はたたきより生がいいな
白魚もいいですね こちらじゃ無理・無理
ここ見ると鮨が食べたくなるんですよ
今夜は回転鮨にするかな

無理です

kimiki さん  今日は
前にも申し上げてあります。
失礼致します。

刺激になり済みません

EGUTI YOUSUKE さん  今晩は
回転鮨 良いですね。旬の物を色々と楽しめますね。
どれ位食べられのでしょうか。

シラスがいいなあ。もう何年食べてないかな。寿司屋はあちこちにありますが、やはり日本で食べるのとは違います。

相子さん おばんです。

カツオ・・・いいですね・・・。

お寿司にするより刺身でいきたいですね・・・。

網に入った奴をその日の内に・・・・堪りません・・・。笑)

日本が本場ですものね

俊介さん  ようこそ
お鮨は何と言っても日本だと思います。
白魚とても良い物でした。

生姜タップリと

ひげさん   今晩は
鰹は身が直ぐに屋若くなりますから、釣りたてが美味しいんでしょうね。
一緒に大蒜も食べますか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは。

鮨はもうプロはだしのようですね。
回転寿司も一挙に値段が上がったようで、
庶民の味とはいえなくなりました。

こうしてご家庭で見事な寿司を召し上がれるご主人さまが羨ましいです。
中国料理も本格的でとても勉強になりました。

有難うございます

NANTEI さん  今日は
鮨は楽しみに作っています。プロとはレベルが違い、ご飯はこぼすし握りは形が不揃い。それでも良いかと食べています。

矢張り値が上がっていると思います。半額で買ったり安い物を探して作っています。

中華は野菜も食べ易くて、野菜嫌いの夫にも良いので作っています。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/2079-2dff5fcf

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog