2017-10

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

チャイナドレスは素敵だ 84

 チャイナドレスのことを中国では旗袍(チーパオ)と呼びます。
 中国人でも着たことのない方は大勢おります。
 日本の中では中国的な旗袍は目だって見えますね。着たいけれどあれではと言う方もいると思います。
 私の教えるチャイナドレスは本人の希望を入れながら、出来るだけシンプルな物を作って行くと言う方向で進めて行きます。
 ですから、段々上手になりますと縁取りをしたり、如意を貼り付けることもします。
 
 基本は繰り返し、確りと覚えて頂きます。基本がわかりますと、どんどん上手になって行きます。

     仮縫い1  仮縫い2

 上の旗袍は綿素材で作る七分袖の物です。模様の関係で袖が長いと少し重く感じるかも知れませんね。
 これは仮縫いですが綺麗に出来ております。体形の細い方ですから、後身頃のダーツをほんの僅か中心に寄せ、ウエスト位置を1㎝上に上げます。とてもすっきりとなりました。
 初心者の方には無地で作ることは避けて頂いております。無地は縫い方が良くないと目立ちます。
 上手になって来ましたら、無地の物を作るように指導しております。
 
 大胆な模様の生地でも旗袍にしますとモダンに見え、これがチャイナドレス?と見直されることもあります。
 以前 生徒さんがカーテン地で作ったことがあります。洋服に仕立てると着ることが出来ないだろうと思われる物でした。それがとてもダイナミックで素敵な旗袍となりました。
 
entry_header

COMMENT

昔、風とともに去りぬという映画の中で、ヒロインがカーテンでドレスを作ったシーンを思い出しました。センスの問題かもしれませんね。うちの奥さんは、和手ぬぐいで夏用ブラウスを7~8年前に作ってもらったそうです。

気心地が良いでしょう

俊介 さん  ようこそ
あの映画は長編で、観ることは見ましたが、その場面は思い出せません。
ヴィヴィアン・リーの腰の細さを思い出します。
手ぬぐいでブラウス それはとても良いと思いますね。気心地良い筈です。

習い始めのころ、特殊な生地で作るものと思っていたので、日本製のごく普通の生地で良いと知り驚いたのを思い出しました。
日本の生地、柄がチャイナドレスを上品に
さりげないものにしていましたね。中国のものとは別物におもいました。お腹の出っ張りが目立たなくなったのも嬉しかったし、いくつもの発見がありました。なつかしいです。

日本人に似会う

ofujisanさん   今晩は
旗袍の良さは知られていませんね。
派手なものを旗袍だと思っている人が多いのが残念です。
日本や欧米の生地でも個性的に見せることが出来、素晴らしいと思っています。

まだ若かりし頃、本場中国製のチャイナドレスを着たことがあります。
細身のドレスが、ちゃんと着られたんですよ(笑)
ドレスの持ち主は、当時中国との貿易をされている方でした。
もっとも、私の「初チャイナ服」は保育園の時の舞台衣装でした
「赤い服着た姑娘は、鳥かご抱えてなぜ泣くの~♪」今でも歌えますよ(*^_^*)

カーテン生地でチャイナ服を仕立てたという話で、私も「風と共に去りぬ」のスカーレットを思い出しました
お金に困窮したスカーレットが、そのそぶりも見せず、レッドバトラーに会いに行くためのドレスをカーテンで縫うのでした。(*^_^*)
映画ではビロードのような濃いグリーンの、ステキな生地でしたよ

先生、素敵ですね!
七分袖も素敵です。映画「一代宗師」のツィイーの旗袍は、ダーツが無い不思議な旗袍でした。いろいろ旗袍にはあるのですね。日本の布で作ることができるなんて幸せですね。先生の御紹介のお料理も作ってみて美味しいです。いつもありがとうございます。

ようこそ

トリテンさん  お早うございます
保育園の経験素敵ですね。
可愛くてご家族の印象にもなっていましょ。
レッドバトラーの風貌思い出しますよ。
そうでしたね。確か緑のスカートでしたね。
ご訪問有難うございます。

有難うございます

くろまつくんさん  お早うございます
旗袍には様々な物があります。
組合せの楽しさも出て来ますよ。

お料理作って下さり、嬉しいです。

柄物と言うかこう言うのも有りなんですね
これなら普段着てもまるで違和感ないですよ

和服の生地でも良いです

EGUTI YOUSUKE さん  今日は
これは良いでしょ。EGUTIさんは中国や台湾などに行かれていましょ。派手な物はご存知でも、多分地味な物は目にされてないと思います。
これはとても良いでしょ。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/2081-040974cf

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog