2017-10

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

ツチクジラ

 日本の捕鯨は歴史が長く、今も捕鯨は続けられております。
 沿岸捕鯨のシーズンがやって来ました。
 昨日は千葉県南房総市の和田漁港に2頭水揚げがあったそうです。
 以前もアップしましたが、ツチクジラのタレは大好きです。

     クジラのタレ

 昨日水揚げされた鯨は明日の午前8時から解体されるそうです。
 私は見たことがないのですよ。
entry_header

COMMENT

相子さん こんばんは~
私は幼い頃地元のイベントで鯨の解体を見ましたが、大きなのこぎりのような物で切っておられたと記憶しています。

亡き母が作ってくれた皮鯨のカス汁が忘れられませんv-409
もう一度母に作ってほしいです。

ツチクジラとは、地元で獲れるクジラの意味でしょうか?
タレというのも、鯨肉を干したさまが、垂れているのを想像しますね !(^^)!

子供の頃は、鯨肉を、ショウガや砂糖、醤油で浸けておいて、フライパンで焼き肉にするのが定番でした。
これは他の肉にはない味ですね

経験がおありでしたか

すずらんさん  お早うございます
母の味ってどんな物でも忘れがたいものですね。
粕汁どんな味だったでしょう。

鯨は独特の匂い

トリテン さん  お早うございます
ツチクジラは鯨の中の種類です。
タレと言うのは付け汁から来ている言葉です。
クジラに味を付けて焼くのって良いですね。

ツチクジラって初耳です。
この写真のものを食べるのですか?
ワニやヘビを食べた経験はありますが、こういうゴツイ感じの肉はよく知りません。感想させて食べる?
クジラの解体は凄いでしょうね。

駐日米大使の金髪のおばちゃんに睨まれるよ。あのバカ日本の伝統の食文化をけなしやがって政治家資質なしだ、日本人ほど命あるものを尊び感謝していただくのも分からんくせにって今でも腹立ってますよ

私まだこの解体見た事が無いんですよ
小さい鯨とは言えやはり大きいでしょうね
冷凍鯨の刺身を子供の頃はよく食べました
余りは翌日竜田揚げになったかな
学校給食でもよく出ましたよ 懐かしいです

ビーフジャーキー見たいな物

りょうこさん  ようこそ
これは食べ易いのですよ。
食べ慣れると好きになります。
解体はブログ上の解体の赤字からご覧ください。
様子が少し分かります。
干した物がタレと言われていますが、ステーキのように焼いても良いですよ。

EGUTI YOUSUKE さん  今日は
調査捕鯨と言う言葉に替わる言葉はないものですかね。
ツチクジラも10m位はあるようですよ。
上の解体の赤字から解体の様子をご覧になって下さい。

クジラの竜田揚げ美味しいですよね。

クジラの解体現場は凄い迫力ですね。
部位も複雑だし慣れるまで年季がいりそう…
こういう技術の継承も難しくなってくるのでしょうね。

マグロは簡単ですけど。

砲手も凄いそうです

ちゅんごさん  今晩は
私は解体を見たことはありませんが、若し頭数の制限が減ってくれば、それなりに継承者が減ってくるでしょうね。
捕鯨船には腕の良い砲手がいないといけないそうです。

随分前ですが、小さな船が何艘かでクジラをかこみ、槍をつきたてて捕獲している絵を見た記憶があります。あれがツチクジラだったと思います。房総独特のやりかたなのでしょうね。逞しさをかんじました。

房総は外洋

ofijisan さん  お早うございます
私も見たことがあります。和歌山の太地かも?
多分それはイルカ漁ではないかと言う気がします。
湾内に入って来たイルカを皆で刺しているような感じです。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/2127-510eb218

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog