2017-08

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

炸醤麺

 昼の食事は意外に気になるものです。簡単で済むこともありますが、時々これで良いのかしらと思うこともあります。
 特に夏ですね。
 連日冷たいものですと、何だか何かほかにないものかしら。 と考えるのですね。
 餃子も良いのですが、今回は炸醤麺にしました。時間がそう要りませんから気楽に作れます。

 炸醤麺 (ザー ジャン ミエン)
  挽肉ミソ炒めソバ です。 北京の麺料理と言われております。
  汁のない麺です。

 材料  一人分
 豚ひき肉 100g  生麺 一個  胡瓜 小ぶりの1本 ネギの白い所1本 

 調味料  
   醤油  小さじ半分  テンメンジャン  大さじ半分  スープ  大さじ 3
    旨味調味料  少々  水溶き片栗粉  大さじ半分
   醤油  大さじ1  スープ 大さじ3

 
  作り方  
  1 胡瓜は細切りにする。ネギはミジン切りにする。 
  2 鍋を火に掛け、熱する。そこに油を多めに入れ鍋を廻し油を馴染ませる。
    油を一旦鍋からあける。
  3 再度鍋を火にかける。鍋を熱し油少々入れ、ひき肉を入れて炒める。 
  4 挽肉の色づくまで炒めたら、調味料  のテンメンジャンを入れて炒める。
    その後 水溶き片栗粉以外の  の調味料とネギを加えて炒める。
    最後に水溶き片栗粉でとろみを付ける。
  5 器に調味料  を入れて置く
  6 生麺を熱湯で茹でる。茹であがったら器に入れる。
  7 麺の上に胡瓜と 4 で作ったミソ肉を載せる。
 
       ザージャンミエン

 食べる時には良く全体を混ぜて食べます。 好みでラー油を掛けて食べても良いでしょう。
 中国では日本の中華の生麺と違いますので、私は生麺の太い物を買って来ます。
 日本のうどんの細めの物を使っても良いと思います。
 二人分を作る時には調味料 A  を倍にして作ります。ネギも人数に合わせて下さい。
entry_header

COMMENT

これ食べましたよ 6年位前だったかな
相子さんはよく知ってますね
私この名前がジャ-ジャ-メンに聞こえたんですよ なるほどこういう字を書くのか 勉強になります

これも美味しそう!夏にピッタリですよね。
今日はNYもMAも激しい雷雨の予報がでているので、帰宅明日に延期です。
帰宅したら、レバーでなく鶏腿を使ったお料理をと楽しみにしていたのに・・・。肉味噌も何にでも使えそうですね。

美味しかったでしょ

EGUTI YOUSUKE さん   今晩は
そうです。普通はジャージャーメンて言っていますね。
中国語を習っておりますから、少しでも近い音にと思うのです。
これでも本当のとは違うのです。

色々と使えます

りょうこさん  ようこそ
それは失礼致しました。直ぐには作らないんですね。
この肉みそは便利ですよ。今の季節ですと、蒸し茄子にも良いです。
今回の残りは玉ねぎを半分に切り、レンジで3分それにかけて食べました。
豆腐にも良いと思います。

暑い日の食事、特に昼食は適当にすますことが多いです。いけないですよね。
少し手を掛けようと思うようになりました。
茹で茄子は重宝しています。ひしお麹も重宝しています。ありがたいです。

確りと食べましょう

ofujisanさん  今日は
私も蒸し茄子にひしお麹を付けて食べています。
旨味があり、良いですね。
夏はそーめんの時など注意しませんとね。一緒に栄養のあるものを食べるようにしています。

美味しそう

あいこ先生、こんにちは。先日の鶏レバー好評でした。レタス炒飯も、みんなぺろりでした。このお料理も早速、登場させていただきます。あいこ先生食堂、助かります。今日、先生に見て頂いた旗袍をきてデパートへ行きましたら、丁重に扱って貰いました。こんな事、人生で初めてでした!オマケも貰いました。うふふ、です。
ありがとうございます。

有難うございます

くろまつくんさん  今日は
それは良かったですね。
でデパートでは何だったのしょうかね。

お使いに、出ておりました。

慣れてない上に人混みに疲れて、喫茶室というのかお茶をしましたら…チョコをくれました!どこかの高島屋のどこかの喫茶店です…
普段の私と扱いが明らかに全然違うのですよ。おかしくて、クスクス笑っちゃいました。身なりって大切なのですね…先生のおかげです‼︎

そうでしたか

くろまつくん さん  今晩は
それはご自分の自然な姿です。
私の所為ではないと思いますよ。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/2176-8a3d7037

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog