2017-08

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

痛かったわ~

 このところどういう訳か足の親指の爪が良く切れません。爪の両端が指に食い込んでいる様だったのです。
 そして時々指が押されると痛いな~と思っておりました。

 土曜日の朝 シャワーを済ませ、軟らかくなった足の指の爪を切ろうとしました。
 左親指の角に瘡蓋のような物が見えます。邪魔だわ~と摘まんで取りました。
 さ~それから大変 今までと違い痛烈な痛みが始りました。動かなければ我慢出来るのですが、少しでも動くともう思わず声を上げて仕舞うのです。家が狭いので、至る所に物が置いてあります。
 普段は歩きながらそれに触れても、ぶつかってっも意に介さないのに、紙の端に触っても痛みが突きぬけるように襲って来ます。
 「痛い 痛い 痛いよ」 何回も叫んでおりました。時々思わず身体が崩れるような形になったりしまいます。
 
 何時も用心して色々と置いてありますのに、こういう時に何故ないんでしょう。消毒薬も、ガーゼも、脱脂綿もですよ。
 自分で自分にプンプンしながら、漢方の傷薬を塗り、バンドエイドで押さえて置きました。
 ところがこれが触ると痛いのです。夫が「見せてご覧」と言うので見せました。「これかい?」ってチョッと触ったら血が滲み始めました。慌ててバンドエイドをもう一枚貼り、じっと我慢しておりました。
 食事は何とか作りました。買いものは左足は踵を使うようにして行き、店のカートに品物を載せて来ました。
 夫はそれほど酷いとはその日は気が付いていません。

 日曜日です。痛くて痛くて、矢鱈悲鳴を上げていました。
 で月曜日 昨日 夫が付き添い掛かり付けの病院に行きました。看板は循環器・外科・内科の順なっています。ですから先生に診て頂けば大丈夫だと思いました。

 診察室に入り、足を出しましたら先生は「こりゃ~痛いわ。こりゃ痛いですよ」
 「先生 私木曜日にどうしても行かなければならない用事があるのです。それで痛むのを抑えて欲しいのです」とお願しました。
 「これは直ぐに切開した方が早いですね。一週間あれば治りますよ」「それでは木曜日困るんです」
 「大丈夫 木曜日には痛みも取れますし、出掛けられます。これから直ぐに切りましょう。今日切開して、月・火・金・月と来て下さい。木曜日は空けて置きましょう」 「じゃ~お願いします」と相成りました。

 切開は親指の部分麻酔 そして爪の一部を切り取り終わりました。ホットしましたね。
 もう二日間 足に物を当てないように、動きもそろそろ。そして過しました。子どもの病気みたいに病院の休みと言う時にこういうことが起きるのですね。
 今日は指を消毒、ガーゼやテープの取り替えをしして頂きました。
 新しい発見 ガーゼもテープも綺麗な布や、紙と接着しているのを、ピンセットで看護師さんと受け渡しするのです。自動的に使用するところが剥がれるのです。
 昔はって言っても大昔ですが、ガーゼも包帯も使い捨てをせず、洗い乾燥・消毒 それを使っていたものです。

     朝食8月18日  朝食8月19日

 食欲も問題はありません。痛みと関係ないようです。
 友人から電話がありました。「木曜日のことがあるので、何とかしないと焦ったわよ。で無事に治療が終わったので、先生にアルコールはどうでしょうかとお聞きしたのよ。そしたら今日は止めて置いて下さいねって」
 「あなた それは論外よ。そんなこと聞くことじゃないわよ」 って呆れられました。
 だってお聞きしないと、まだ駄目かしらと一人で考えちゃうでしょ。お聞きすれば、飲む日が分かりますものね。とは彼女には言いませんでしたが、そうなんですよ。さ~今晩は飲めますよ。
entry_header

COMMENT

痛いんですよね・・・でも、木曜日に出かけられるようで、よかったですよ。万一ということがありますから、ほぼ使い捨てですよ。滅多に怪我などなさらないのですね。アルコールのこと訊ねられたんですか?先生ビックリだったでしょう(笑)

そうですね

りょうこさん  ようこそ
もう痛くて痛くてね。痛くても可なり頑張り強い方ですが、これには参りました。
新しいことを発見しますと、何となく気分が良いものです。
今日の先生は「ほら良かったでしょ」って顔をされていました。
夕食には飲みました。

相子さま♪
おはようございます^^

毎日、残暑厳しいですね・・・ふぅ^^;

痛い思いをされていらしたのですね~^^
結構、な~んてことないだろうと思ってすると酷い事になることありますね~^^;
大学生の頃、魚の目をいじってバイ菌が入り、トンでもない事になり、結局は手術でした^^;

相子さまと同じパターンだったかな^^;

取り敢えず、良かったですね。
どうぞお大事に・・・

今日の東京の最高気温が35℃・・・

ご自愛下さいね~^^


うだるような暑さ

Paganini さん  お早うございます
強烈な残暑ですね。
もう痛くて唸りました。チョッと何かにそこが当たると突き抜けるように痛さが走るのです。
切開しましたら、痛みは消え良かったです。
本当に知らないと言うことですが、うっかり出来ませんね。

大変でしたね。
切開して、状態がよくなれば、あとは回復を待つだけですが、木曜ですか・・・今日、一日ゆっくり養生できればと思います。
ご丁寧にご連絡ありがとうございました。

お大事に。

病院に行って良かったです。ご主人と一緒に行って本当に良かったですね。
それにしても、直ぐに「お酒が飲める」と思えることが良かったですね。お大事にしてください。
木曜日には楽しく飲めましたか。

相子さん こんにちは~
それは 大変な思いをされましたね。

この記事を拝見して、どきっとしました。
娘がつい先日『この足の親指の爪のとこが痛いねん』と言うのです。

相子さんの記事を読んですぐに、お医者さまに行くようにメ~ルをしました。
行くかどうかはわかりませんが? 私も昔にほっておいたので、とても痛い思いをしたのを思い出しました。

やはり、プロに早い目にかかるのが一番ですね。
お大事にして、明日は楽しい一日になりますように~

気を付けます

kohさん  今日は
思いもしなかったのです。先生のお言葉を信じています。
此方こそ有難うございました。

もう元気です

いさむちゃん  今日は
夫は序でに自分の検査結果を聞くことが出来ました。先生は夫に「30年の経験で切らずに治ったことは知りませんよ」と話されたそうです。切開して良かったです。

楽しんで来ます

すずらんさん  今日は
そうですね。お嬢様も見て頂くと良いかも知れませんね。
明日はお天気も大丈夫そうですし、ゆっくりと行ってきます。

化膿してたのかな  また休みの時に限って痛いのは切ないですね 私なら即ERに駆け込んじゃうな

しかし今夜飲んでいいかとはよく聞いたもんですよ(笑

良かった・良かったたいしたことじゃなくて本当に

大事に至らずに良かったです。
しかし油断は禁物ですよ、痛い足をかばい腰や肩に負担を掛けない様に気をつけて下さいね。

アルコールは体内からの消毒ですよね♪( ̄_ ̄|||)

本当に1寸さきに何が起きるか分からないものですね。まずは大事にならずによかったです。色々なことに気をつけていても、どこかで気付かないことがあるものですね。いつも「私は大丈夫」と呑気にしていますが油断禁物ですね。

自然治癒は駄目だそうです

EGUTI YOUSUKE さん  今日は
ハイ 少し化膿していたそうです。
矢張り切って治すのが普通だそうです。
昨夜から飲みました。
ご心配有難うございます。

そうでしょ

いその爺 さん  今日は
そうなんですね。右のふくらはぎが凝りました。
中から消毒ですよね。月曜日はつまらなかったですよ。

そうです

ofujisanさん  今日は
最近は急がないことにしています。
急ぐと何かやりますよ。気をつけましょうね。

相子さんこんばんは^_^

読みながら
あまりにも痛そうで眉間にシワがよってしまいました
大事に至らなくて良かったですー

お酒を飲める日を聞くのは大事です^_^
私もそこ重要です

ぱっと読んで状況が分からなかったのですが、化膿してたのですね
早く処置をされて良かったです。
足が痛いと何もする気になれないですしね

僕も足が良くないので調べてると、足裏が原因でバランスが崩れて
膝や腰、首までおかしくなるそうです。

今のうちに確り治そうと取り組んでます。

大事なことです

akoakko さん  今晩は
良かった。同じ様に思う方がいて。
痛かったのですが、気になるのです。
今夜も飲みました。

回復してきております

メタボ夫婦さん  今晩は
えっ!そうなんですか。夫も踵が痛いと良く言っております。身体はどこも大切なんですね。
今日も治療とガーゼの取り替えに行って来ました。大分良くなっていましたよ。

ううっ~痛そうですね。
私も親指の爪の端っこが巻き込み気味で、
切る時は注意して観察してます。

何かあればすぐ病院に行った方がいいと学びました。

痛いですよ

ちゅんご さん  今晩は
注意なさっていた方が良いでしょうね。
もう痛くて一日中悲鳴を上げていたような感じです。
何かが触ると痛みが走るのです。参りました。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/2182-346777e2

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog