2017-08

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

山口淑子さんご逝去

 ネットで山口淑子さんがお亡くなりになったと知り、ああ~あの方もお亡くなりになってしまわれたのかと、直接は存知あげないのに一抹の寂しさを覚えました。
 今日の新聞はそのご逝去を一面で掲載しております。また社会面でも大きく取り上げられております。

        朝食9月15日

 チャイナドレスに包まれた李香蘭 魅力の女性です。2007年4月15日 私はチャイナドレスは素敵だ でアップしております。

          李香蘭ポートレート

 このポートレートは知人が山口淑子さんから頂いたものです。ご本人も一番気に入っていたものではないでしょうか。

 女学校の水泳部で一緒に泳いだ友人は戦後すぐに鎌倉の魯山人の別宅に両親と一緒に住んでおりました。
 彼女の家族が其処を出た後、山口淑子さんはイサム・ノグチさんとその別宅に住まわれたいたそうです。
 世の中どこかで何かの繋がりがあるのか、分からないものですね。
entry_header

COMMENT

国際人の訃報に接して

あい子さん
暫らくご無沙汰しております。
戦前生まれの小生ですが、李香蘭を知り感心を持つようになったのは、
日系米人のイサム・ノグチと結婚した時(1951年)です。
それから彼女の足跡をずっと追いかけて来ましたが、日本女性には
珍しい国際人でしたね。
今やワールド・トラベラーが板について来た小生にとっては、本当に
大先輩のような存在でした。
ご冥福を祈ります。

お悔やみ申し上げます

相子様
おはよう御座います。

以前の記事で李香蘭さんのテレビドラマのことを書かれ
ていたのを思い出しました。
私もそのドラマを観ました。
ロシア人の友達に会いに行くシーンが感動的でした。
美貌と美声。天は彼女に2物を与えたのですね。
愛新覚羅溥儀と同様に数奇な運命の方でした。

愛新覚羅

偉大に見えました

ワールド・トラベラー(高)さん  お早うございます
素晴らしいという言葉だけでは言い表せられない、人生を送った方ですね。
高さんも一層その知見を広めて下さい。

リューバですね

aishinkakurさん  お早うございます
山口淑子さんが日本人だという証明になる戸籍謄本を上海に届けたリューバ
彼女を淑子さんはロシアに訪ねましたね。
そのストーリーを読むだけでも劇的なものを感じます。

日本人がなぜ李香蘭と名乗らねばならないのか不思議ですが、いろいろあったんでしょうね。
新聞の一面で扱われるような方だったんですか?

李香蘭。

「李香蘭」として長谷川一夫との活躍が印象深かったので、あぁ、また「戦後は遠くなりにけり」と感じました。しかも7日に死亡したという記事が15日に載るとは…。時代ですね。

二つの祖国のはざまで

日中二つの祖国のはざまで生きた、「歴史の証言者」として貴重な存在であった山口さんが激動の人生に幕を下ろしましたが、謹んでご冥福をお祈りしたいと思います。日中の近代史に興味を持つ一人として、強く印象に残っているのは、「李香蘭を生きて」の自叙伝の中に記されていた、友人の川島芳子の漢奸裁判の記録で、内容の真否は別として、時代を知る上で大変参考になりました。梅沢龍三郎画伯が描いたチャイナドレス姿の山口さんの肖像画は、自宅の壁にかかっているそうですが、日の目を見る機会があればぜひ拝見したいものです。

こんにちは。

またひとつの時代が終った。
そんな感慨に浸っております。

「蘇州夜曲」は恥ずかしながら私の愛唱曲でもあります。

そしてイサム・ノグチは娘が卒論に選んだテーマ。
さのため高松のイサムノグチ美術館や、
広島の平和大橋など彼の作品を懸命に巡っておりました。

お二人とも二つの祖国を持つ方。
ために多くの苦労もありましたでしょう。
だからこそ何者にも束縛されない生き方を貫くことが出来たのだろうと、
娘は書いていたようです。

あらためて《李香蘭》さん、
《山口淑子》さんのご冥福を祈らせていただきます。

大きな方です

りょうこ さん   ようこそ
ハイ 赤字の山口淑子さんから見て頂きますと、そのことに触れることが出来ます。
当時の日本の国策に従った大人たちがスターに仕立て、数奇なともいえる人生を歩んだ方です。

時代の申し子

いさむちゃん 今日は
そうですね。振り返ってみますと、山口淑子さんは大きな人生の転機を何回も潜り抜けた女性ですね。

良い本ですね

Yantian さん  今日は
あの本は内容が濃く、良く読みました。
ドラマチックでもありますが、事実をしっかりと書き、読ませて呉れました。
先ごろ日本の画家によるチャイナドレスを着た画の展覧会がありましたが、出品されていませんでした。個人の手元のあるからでしょうね。下記のアドレスからご覧になってください。その画を見て頂けます。


http://blog.livedoor.jp/aikoqipao/archives/50327738.html

立派ですね

NANTEI さん   今日は
そうでしたか。お嬢様共々感慨深いものがありましょうね。
本を読み、舞台を見に行き、テレビでドラマとドキュメントの放送を見ましたが、このような方は稀有の方と言っていいかも知れません。
心に残る方です。

作詞家の山口洋子さんもなくなるし山口淑子さんも亡くなるし昭和は遠くなるかな
2人とも美人でしたね 御冥福をお祈りいたします

才色兼備

EGUTI YOUSUKE さん  今日は
美しくて才能があり、素晴らしい方ですね。
お二人とも立派な女性で、後世に名を残しますね。

お名前は良く知っていました。なんと美しい女優さんだろうと思っていましたが、これほど活躍した方とは知りませんでした。
着ていらしたチャイナドレスはいつもすてきでしたね。すこし高めの襟がとても素敵だったと記憶しています。

波乱万丈

ofujisan さん  今晩は
時代と共に苦難を乗り越えながら、その中でも苦しみを抱えて生きたという、偉大な女性だと思っています。
チャイナドレスがとても素敵ですね。
日本橋の三越でお見かけしたとき、傍に寄りさりげなく横を歩き、わくわくしたことを思い出しました。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/2208-d9605053

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog