2017-10

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

鰻の日

 夫は外出をしません。と言っても良いほど出かけることがありません。
 外出がはっきりと決まっているのは毎月の病院行きです。
 内科とペインクリニック内科の二軒です。
 内科の先生のところは一ヶ月一回 ペインクリニック内科の先生のところは4週間毎に行きます。
 ペインクリニック内科の日は4週目の金曜日の正午が予約。
 私はどちらも一緒に行き、診察を受けます。
 毎週金曜日の午前は中国語のレッスン。病院の日は11時半に終わり直ぐに家に戻り出かけます。
 丁度昼食時にかかりますから、夫はその日だけ外食。それは私への奢りです。
 鰻です。今日はその日です。

        さいしゅう鰻

 先月夫は血液検査を受けておりました。
 その結果は問題はなく痛みのこと以外は今直ぐに何かが起きそうなことはないようです。
 
 鰻を食べながらの話 
 「検査の結果だけれど、栄養的にはバランスが良いと言われたよ」 
 「あらそれは良いじゃないの」
 「家内が料理が上手だからとは言わなかったよ」
 「言えばよかたのに。でも相子食堂は良いっていうことね」

 今日の朝日の天声人語は鰻のことにふれています。
 
『フランスの司法官だったブリアサヴァランが、19世紀に書いた名著『美味礼讃(びみらいさん)』で述べている。「新しい御馳走(ごちそう)の発見は人類の幸福にとって天体の発見以上のものである」(岩波文庫から)。美食家の親分格のような人物だけあって、言葉にも人を食ったところがある▼新しいご馳走とは、料理法のことであり、食材のことでもあろう。となれば「うなぎの蒲焼(かばや)き」は、日本人にとって最大級の幸福といえる。いま絶滅危惧の赤ランプに、うなぎに目がない向きは気が気ではあるまい▼ニホンウナギの養殖に使う稚魚の量を2割減らすことに、日本、中国、韓国、台湾が合意した。養殖に欠かせぬ稚魚は減り続けて、このところの日本国内の推移は寂しいかぎり。この魚とのつき合い方を、真剣に考えるときになっていた▼強制力がなく、実効をあやぶむ声もあるが、ぬらりくらりの縄抜けは許されない。5年、10年という単位での厳格な管理と、資源変動の観察が必要だと専門家はいっている▼今のような蒲焼きの料理法は、江戸の頃に始まったらしい。日本人にとっての至福は、うなぎには受難の始まりだった。海に泳ぐ数を乱獲前の状態に少しでも戻してやることで、和食文化の粋を守りたいものだ▼〈夏やせの妻へうなぎの折を下げ〉という句が手もとの本にある。かつては特別なご馳走だった。手ごろな養殖ものの登場はありがたかったが、ついつい食べ過ぎてしまったらしい。細くてもいいから長く、至福を味わえればいい。』

 ではまた次回の病院の日には 最大級の幸福 鰻をご馳走して貰おっと。
entry_header

COMMENT

室内だけにいないで、一緒に買い物に行けばいいのに。楽しいと思うんですけどね。
ウナギの蒲焼、もう何年も食べていません。でも、先日ワニをいただきました(笑)

びっくり

りょうこ さん   ようこそ
そうですね。病気のお大尽ですので、下のスーパー位は良いのですがね。
ワニを食べた?ええ凄いですね。想像が付かないです。

私は今日は秋刀魚を頂きました。
そして、鰻 いいですね。暑くてばてた時は鰻だと食べられます。
急に朝晩冷えてきたので、体調もちょっと変です。
相子食堂がいい証明なったのですね(*^_^*)

相子さま♪

おはようございます^^

鰻大好物です^^
今年はまだ・・・一度も頂いていません^^;
美味しそうで涎が出てきました・・・

こんにちは

日頃バランスのいい食事を作っているご褒美ですね。
何年も鰻、食べていないなぁ、ワタシもご褒美が欲しいです(笑)

最高です

koh さん  お早うございます
鰻は夏バテにも良いですね。
私はご馳走して頂けるなら、鰻をお願いしたいです。
駿河台に行きますと「ささま」でお菓子を買い「寿々喜」で食事というのが良いですね。

老人には良いです

Paganini さん   お早うございます
ステーキも美味しいですが、老人には鰻が馴染みますね。食べやすさも魅力ですね。

貰って下さい

kyoroさん  お早うございます
kyoroさんはご褒美頂く価値がありますよ。

こんにちわ~♪

病院の通院も、美味しいものを食べて帰るという楽しみを作ると、病院に行くのも楽しみの1つになりますね。
私も病院に行った帰りは
いつも美味しいものを食べて帰ってきます(笑)

検査の結果、よかったです!

鰻の蒲焼きは千葉で醤油が作り始められてからだと聞いたことがあります。
日本人にとって醤油の発明は大きいですね。

鰻ですかいいですね、本当にこの頃高いんですよ。子供の頃は犀川でよく夏に釣ったんですよ かば焼きにしなくてサンマみたいに焼いて醤油かけて食べましたよ

いろいろな蒲焼食べてますよ、いその爺さんの呪文を唱えながらね でも本物には勝てませんよ(笑
そうそう秋刀魚のかば焼きも食べたな
りょうこさんのワニで驚いちゃいけないよ
オオサンショウウヲまで食したって人だから現代の魯山人ですよ 魯山人も食べなかったかな(笑

ハイ  そうです

マムチ さん  今日は
鰻につられている感じです。
何はともあれ食べられるということは有難いです。

醤油のおかげ

ちゅんご さん  今日は
ハイ 良かったです。肝機能も前回より良かったので、鰻も安心して食べられました。
醤油は素晴らしい調味料ですね。
外国でも人気が高いですものね。

驚きますよ

EGUTI YOUSUKE さん   今日は
私も小さい頃ウナギ釣りに行きました。その頃はタレだけが好きでした。
秋刀魚の蒲焼き売っていますね。
鰐に驚きましたが、そうなんですか。ますます驚きです。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/2212-e2835ce7

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog