2017-08

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

今日の一品と雑談

 東武ストアーに珍しく茹で青柳が出ていました。分葱を買って来て青柳と合わせて酢味噌を掛けて食べました。
 酢味噌は秩父の柚子味噌と生酢を合わせました。辛子酢味噌も美味しいのですが、あるもので済ませました。

        青柳とわけぎ

 青柳は実名と言いますか昔からバカと呼んでいました。
 東京湾で沢山取れます。特に千葉県の富津の青柳は有名です。
 青柳の舌切りは磯の香りが何とも言えない上質な香りです。
 下の魚屋で見かける舌切は見るからに香りが無さそうに見えます。事実買ってみたこともありますが、香りも食感も富津の物とは比べようもありません。

 昔々 富津岬に明大の富津寮がありました。木造平屋土地は砂地です。
 学生用の寮ですから、安い金額で宿泊出来ました。学生相談室で1年生を連れて出かけた事がありました。
 相談員の教員と職員がグループに別れた学生と一晩デスカッションを繰り広げます。
 最初は~~はどうあるべきかとか学生生活のあり方など素朴な真面目なタイトルです。
 この会の目的は交流を通じ人間関係の持てない学生が一歩でも踏み出せればという事に軸を置いています。
 ディスカッションは初めはテーマにそって真面目に進みます。それが段々恋愛論へと進みます。
 これは今回だけと言うのではありません。毎回必ずそうなるのです。若さのエネルギーの発散ですね。
 富津では庭に焚き木などを積み上げ火を付けてファイヤストームをしたりしました。

 私は到着から全体に目配りをし、グループの中にも参加 それは疲れましたね。ですがこれで誰かに役立つと思えば苦しいとか嫌だとかは感じませんでした。
 
 この富津行きで一番の楽しみは朝食に出される青柳の舌切でした。その美味しさは忘れられない物の一つです。
 学生にはつかないのです。ささやかな役得でした。

entry_header

COMMENT

バカガイですか まあ可哀想な名前つけられたもんですよね、アサリより大きいのがいいですね、欠点はカラが弱いのかな
富津は昔から有名なんですね、子供が小さい時は行きましたよ
後はアサリ獲りは知多半島でしたか
ラッコが食べるような大アサリは今だ撮ったことが無いですよ、潮を噴き上げるからそこをスコップで掘ればいいとか言われたが、その潮の噴き上げが分からなかったですよ

大学の学生相談室は色んな取り組みをされているのですね。
泊まりでディスカッションすれば日常にはない糸口も見えてくると思います。

下切の流通しているものは、衛生的な対策のせいか、
味も香りもなくなってますね。
産地のものはさぞ美味しかったでしょう!

美味しいですよ

EGUTI YOUSUKE さん   今晩は
バカ貝と言うのは色々なことから付けられたようです。
昔潮干狩りは青堀と言う所に行きましたが、富津は行ったことはなかったですね。
大きなアサリは九十九里で取れるようですよ。

色々とやりました

ちゅんごさん  今晩は
当時は未だカウンセリングと言う言葉すら知られていないので、試行錯誤の連続でした。茶話会なども開催し、気楽に相談に来れるよう、馴染んでもらう工夫をしました。
神経症レベルの学生を連れて一週間の合宿をしたりしました。
今は何処の大学でもこう言う組織がありますから、他のこともしていると思います。

舌切は高級な寿司屋でもないと美味しいのは食べられませんね。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/2411-23ee1803

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog