2017-08

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

時鮭のムニエルと弁当話

 鮭は大衆魚と言って良いでしょう。今は小学校も中学も昼食は学校給食ですね。
 私の小学生の頃は勿論、女学校の時も学校に行く時はお弁当持参でした。
 鮭はお弁当のおかずの定番 鮭は塩の効いた塩鮭と言われる物でした。
 当時の鮭は焼いたら先ず深みのある器に入れ、そこに熱いお湯をたっぷり注ぎ、少し時間を置き、塩出しをします。
 それをほぐしてお弁当に入れます。
 日本に帰国して驚いたのは、お弁当のおかずの鮭をご飯と別に、新聞紙で包んで持ってくる生徒がいたのです。
 嘘のような話でしょ。
 お弁当のおかずは塩鮭に卵焼き、ご飯の上には焼き海苔。その海苔も家で焼くのですよ。そんな時代が長く続きました。
 今は塩鮭は塩辛い物、薄塩のもの、甘塩のもの、昔ながらのものなどと表示がされています。
 流通の発達で美味しい塩鮭を頂くことが出来ますね。

 生の切り身は色々なレベルの物が並んでいます。自家製塩鮭を作る時は良く見て決めますが、普段はあまり生の切り身は買いません。
 それが北辰で時鮭が安く出ていたのです。表示も白鮭となっています。時鮭としてはっきりと分かり、買いました。
 これはムニエルにしました。

       時鮭ムニエル・柚子味噌マヨ

 下処理は普通です。オリーブオイルにバターで焼きました。
 タルタルソースを作ろうかなと思いましたが、面倒なのでゆず味噌にマヨネーズを合わせて掛けました。
 我が家洋風の惣菜の時でもご飯ですから、こう言う味が良く合うのですね。
 新発見をしたような気分です。

entry_header

COMMENT

鮭というと秋のイメージがありますが、先日魚屋さんの話を聞いたら、秋の鮭は、すでに卵を身体に作っているので、身が美味しい季節は今だそうです。
秋の産卵前の状態なので、一番身体に脂がのってるとか・・・。

オリーブオイルで焼いたのですね。
美味しそうです。
↓の 麻婆豆腐と手作り餃子も美味しそうですね。

そうですね

kohさん  お早うございます
時鮭は今ですから、買って来ました。
ご存知のように時鮭を「時しらず」とも言いますね。そこで秋に時鮭でもないのに「時しらず」というシールを貼るところがあるようですから、気をつけなければなりませんね。
新潟は村上など良い鮭があるでしょ。

今の塩サケはみんな塩分控えめですね
昔の鮭はしょっぱいなんてもんじゃなったな、むしろ辛かったって表現でしたよ
特に腹の部分が塩辛くてね
あんなの今はないな お茶漬けにはあのくらいがいいんだけど高血圧の元だったんだろうな
今でこそ信州は長寿県ですが、昔は所謂脳卒中多かったですからね
漬物もだいぶ塩分控えめになってますよ

塩が吹いて

EGUTI YOUSUKE さん  今日は
昔の鮭は焼くと塩が白く吹き出て来たのもありました。
塩の強いのが好きだと言う方も、おりますね。スーパーでも「昔の鮭」なんて表示してある時もあります。
漬物も余り塩分が少ないと味が昔と変わって仕舞いますね。
健康のために今は何だも塩分控えめが多いですね。

母の作ってくれた鮭のおむすびが大好きでした。焼いた鮭を細かくしてご飯全体に混ぜたものでした。友人の間でも評判がよく、何事かがあるとお弁当はいつも私の掛り。
当然のように嫌な顔もせず作ってくれた母に感謝したのだろうか記憶がありません。

鮭は素朴

ofujisan さん  今晩は
お弁当にピッタリですね。
鮭はその味が白いご飯にこそ合いますね。
お母様の?糠漬けの古漬け美味しかったですね。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/2493-ee3dc3b3

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog