2017-10

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

老師の包子と雑談

 老師から時どき差し入れを頂きます。
 特に北京からお兄様がお見えになっている時、福岡からお兄様がお出でになっている時、また北京からお姉様がお見えになった時です。お兄様お姉様はお母様に会うためと同時に老師への協力と労りではないでしょうか。
 老師とお母様だけの時には饅頭や包子は時間が掛かりますので、そう簡単にはお作りになれないようです。
 お兄様お姉様がお見えになっている時に作った饅頭や包子が我が家に届きます。
 手が二人ですと作るのも楽だと、私に気を使わせないように話されます。

        包子韮・干しエビ・春雨・卵入り

 この包子(肉などの餡を包んだ物)の中身は韮・干しエビ・春雨・炒り卵です。さっぱりとしております。
 老師は前にお持ち下さる時 お皿に5個並べたそうです。それをご覧になったお兄様が二人だから6個にしなさいと仰ったそうです。それで今回は6個です。
 中国語のレッスンの時、中国と日本との習慣の違い、表現の違い、中国人の今。色々と話します。
 私は新聞やテレビで見る中国の問題に質問をします。老師は日本での生活での問題点もお聞きになります。
 私は率直が良いと思いますので、遠慮無くお聞きします。
 老師は知識人ですから分かることと分からないこととをきちんとされます。

 今日は7月7日です。七夕ですね。 それと支那事変の起きた日です。
 1937年7月7日から日本は大きな戦争へと突き進みました。
 私は幼稚園で今言う所の年長組で元気に通園しておりました。
 弟が秋に生まれました。翌年父が北京に派遣され、それを切っ掛けに家族は中国に行くことになったのです。
  青島で家に働きに来ていた若い女の子 多分16,7歳位だったと思います。
 彼女は聡明で、私をとても可愛がって呉れました。
 ところが彼女は抗日精神旺盛で、何かの時に「蒋介石万歳」と叫んだのです。
 母はかなりショックだったようでした。
 彼女は青島中心部から離れた李村と言う農村部から見えていたのです。今は青島市李村区と言われているようです。
 若し彼女が命永らえていたならば90歳? 時どき思い出します。

        七夕オードブル

 今日の午後北辰に行きました。七夕ですね。オードブルのセットが出ております。
 今は事あるごとにご馳走を頂きますね。世界には満足に食べることが出来ない人が沢山おります。
 自分はあれこれ食べていながら、何処かに?マークが付き纏うのですね。

entry_header

COMMENT

こちらは七夕は正式には月遅れで8/7なんです近頃は7/7にやる幼稚園・保育園多いですね 雛祭りもそうですし 月遅れはお盆位になるのかな

シナ事変ですか シナって言葉差別語とか言われたことありますね、私はそうは感じなかったですがね、相手は蒋介石だったんですよ、近頃は毛沢東と戦ったと思ってる人もいますよ

マチマチですね

EGUTI YOUSUKE さん  今日は
今は月遅れや旧や土地によって色々とありますね。
七夕やお盆などは元々は旧暦でしたでしょ。
支那は私は普通に使っています。
毛沢東と戦ったと?歴史をご存知ないんですね。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/2501-55b00f69

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog