2017-08

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

刺し身の残りと魚屋の札

 高齢者の食生活は昔と随分変わって来ております。特に最近はタンパク質 肉や魚も食べるようにと言われております。
 大豆製品も食べますが、夫は納豆は薬の関係で食べません。
 私は自分が魚好きですので、毎日何かしらの形で魚を食べております。
 夫は魚よりは肉ですね。で公平にそして栄養と言うことで、夕食は肉と魚を交互に使うようにしております。
 肉は火を通しますから、残り物はそれなりにリメイクし、翌日の昼に食べるようにします。
 刺し身は残しても味は落ちますので、寝る前に醤油と味醂を注ぎ、翌朝に焼いて食べます。

     鰹生姜焼き  鰤つけ焼き

 左ですが、鰹の刺し身に醤油・味醂と摺り生姜を合わせて漬けた物です。 
 右は鰤の刺し身に醤油・味醂を合わせて漬けた物です。
 醤油の微かな焦げは朝の空腹を刺激し、美味しさを感じご飯に合います。

 今日の夕方下の魚屋に行きました。
 秋刀魚が目玉だったのか売り切れております。
 秋刀魚のケースの横に目立つような札が出ておりました。

              魚屋のタカナシ

 この札を見ますと「タカナシ」と名前が書かれております。このタカナシさんがあの魚料理に詳しそうな方なのかどうかが分かりません。今度店頭に出ていましたら「タカナシさん」って声を掛けて見ようかしら。
 あの下を向いて声を出していた方とは違うと思うのですよ。あの小父さんは全く見なくなりましたからね。

entry_header

COMMENT

ここでは滅多に刺身は食べられないので、
手に入ったときは完食してしまいますが、
日本にいた時は残ったらやっぱり醤油につけて朝は焼いてました。

最近、アメリカ系のテレビで魚を料理する番組をみましたが、
ハマチはそのまま「HAMACHI」でした。
面白いですね。

矢張りね

daniel mama さん   今日は
焼くと美味しく食べられますから、よくします。
日本では出世魚などあり、言い方もそれに合わせて言いますね。
HAMACHIっって分かりますね。成程と思いました。

鰹は、生姜と甘辛にしてなまりを作ってました。
鰤は、最近は、バター醤油でさっと炒めても美味しいです。

我が家も肉の夕飯と魚となるべく交互に摂るように考えてますが、レパトリーに悩みます。

お魚屋さんからの情報も頼もしそうですね。

年齢のせいかしら

koh さん  今日は
お作りになることが、お若いな~て思って仕舞います。
バター醤油が美味しそうですね。
矢張り交互ですか。続けるのも大変ですが、交互はまたそれなりにですね。

そうですね、残ったものを次にどう使うかは主婦の腕も見せ所ですね

タンポポさんの2人の料理人は材料を無駄なく使うのを私は感心してみてますよ
魚も頭も尻尾も使い切るからびっくりしますよ

今度の魚屋さんはプロが配置されたようですね

私は駄目

EGUTI YOUSUKE さん  今日は
そうなんですが、元々家事のことは得意じゃないので、こうして良いことをしたような気分になるのです。当たり前で書くほどのものではないのだと思うのです。
たんぽぽさんは凄いですよ。領域が広いですね。
魚屋さんですが、前より良いかなって言う感じです。

私もお魚のほうが好きなのですが
家族はお肉好きなので魚は週2回位にしています^_^

醤油に漬けて焼いたお刺身は美味しいですね〜
私はお刺身よりこちらのほうが好きなので
残りものが楽しみなのです

うちの近所でも昨日は秋刀魚の特売をしていました
頭が無いものも一緒に並べてあったのですが
やっぱり頭付きがいいですね
そちらのほうが人気でした^_^

美味しいですね

akoakko さん  今晩は
ハイ 焼いた物は大好きです。
切り身の照焼とはちょっと違うのです。

秋刀魚の頭を落としたのは買う気になれませんが、最近は人気があるようですね。
下でも並んでいますよ。

タカナシさんてどんな方かしらね。楽しい方だといいですね。勇気をだして話しかけてください。そして報告してくださいね。

それが分からない

ofujisan さん  今晩は
タカナシさんという方らしき小父さん
これがまた見えないのですよ。
どうなっているのかしら。
声をかけたらお教えしますね。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/2556-b7fd6ee2

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog