2017-06

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

今日の一品と櫛の話

 数日前北辰に行きました。長女が一緒でないと行けません。
 魚屋に行きますと、色々と買いたくなります。ですが欲しいままに買ったら始末に困りますね。
 
        ミズダコのカルパッチョ

 ミズダコの刺し身が出ていました。蛸って柔らかく煮るのは大変ですね。また真蛸の刺し身もそう柔らかくありません。
 ミズダコの刺し身は厚さが5㍉程。 これなら食べられるかもと買って来ました。
 そのまま食べても良いのですが、カルパッチョにしました。
 薄くても可成り噛みましたよ。顎の運動もしましたが、脳に良かったかしら。


 今日は9月4日 櫛の日だそうです。この節は毎日何かの日ですね。何の日でも生活には殆ど関係が無いように感じます。
 ましてや高齢者になりますと、知らなければ知らないままでも生活に困ることはないですね。

 で櫛の日ですが串の日でもあるようです。良く考えますね。

        黄楊櫛

 この画像は薩摩産つげ櫛と言うウェブからお借りしました。
 私の子どもの頃 女性の使う櫛と言えば上の写真のようなつげ櫛を言いました。つげの櫛の代わりはセルロイドの櫛でした。
 つげの櫛は一生物と言われ、櫛は頭の脂の所為か茶色に光り、女性はこの櫛で髪を梳きます。
 つげの櫛には普通の櫛の他に梳き櫛と呼ばれる目の細かい櫛がありました。
 パーマは掛けておりませんから、髪を梳くのもブラシはなく、櫛で梳きました。
 梳き櫛は髪の毛を集めて櫛に挟み込み髪の汚れやフケを取ります。毎日洗髪などすることはなかったのでしょう。
 自分で出来ないと、大人が髪を梳いて呉れます。綺麗にするためには力を入れて梳きます。
 戦後はDDTという薬を頭に散布されたと言う事を覚えている方もいるでしょう。
 清潔は文化のレベルを表すのかも知れませんね。そういった意味で昔の日本人はそう清潔ではなかったと言えそうです。

entry_header

COMMENT

柘植の櫛というと、シラミのDDTを散布された後、この櫛で頭を梳られたことを思い出す世代です (~_~;)

飴色に変色する柘植の櫛、というロマンチックには程遠いですね。

櫛にはシラミの卵が梳かれて、母が爪で潰していました (^_^;)

酷いことでした

トリテンさん  お早うございます
そうですね。私は小学校5年生の時、帰国しそこで始めて見たのは女の子の頭のシラミでした。席の前に座る子の頭に見えるのです。
流石に女学校に行きましたら、そう言うことはなかったですね。

相子さま

おはようございます^^

ミズダコは大好きです^^
甘くて美味しいですね~♪

ツゲの櫛・・・むか~し母が使っていました。
髪の毛に良いと言っていたような気が致します。。。

良いですね

Paganiniさん  今日は
ハイ ミズダコ甘みがありますね。

ツゲ櫛は頭皮に心地よく欲しいと思いますが、高価ですので、思い切らないと買えません。昔は親のを使ったものです。
でも今はどうしようかと悩んでいます。

蛸は生は本当に噛みきれないですよね
確かに顎の運動にはいいですよ
長野県にも木曽に有名な伝統工芸でお六櫛って梳き櫛が有りますよ
ツゲじゃなくてミネバリの木で作った櫛ですよ
DDTですか 確か姉の小学校の頃学校で
みんなで女児童かけて手ぬぐい被っていたの覚えてますよ 確かに当時は入浴習慣が毎日じゃなかったですからね でもよくあのDDTを人間の頭にかけたもんですよ、毒性かなりのもんですよ。戦地・外地からの引き上げで色々な虫も運んできたんだろうな、私はまだ南京虫って知らないのですよ、シラミ・ノミ・ダニはいっぱいいただろうな

舞鶴などで

EGUTI YOUSUKEさん  今日は
木曽の櫛は知りませんでした。調べて見ます。

DDTは引揚船が入港すると全員頭から掛けられていたのですよ。写真でも見ますね。

南京虫は戦前は東京の下町ではいましたよ。今は清潔で良いですね。

私は中国で野菜売りの荷車に腕を乗せたら食われました。凄い痒さです。

経験ありです、

 相子さま、 こんばんは 

 私も DDT 経験者です、
 手ぬぐい 持って 学校へ行きました、
 櫛は 痛かったです、 

 家は 年に2回か 畳をあげて 役場から消毒に来てました、 
 畳の移動の 手伝いでした、

 いつもありがとうございます、 たか

そうですか

たかさん  今晩は
私は経験はないのですが、実情は両親から聞いております。
昔は大掃除に畳を上げて庭に干したものです。今は普通の家屋でもそう言う風景は見られなくなっていますね。何かが変わっているのでしょう。

今では60歳を超えていますが、その弟が高校生の修学旅行で柘植の櫛をみやげにくれました。今使っているのは姉が旅行の土産にくれたもの、もしかしたら20年以上まえかもしれません。2本もらったと思います。おかげで記憶にないほど前から柘植の櫛しか使っていません。今まで考えたこともありませんでした。

あなたにピッタリ

ofujisanさん  今晩は
すっきりとしたあなたの髪の姿はツゲの櫛がぴったりですね。
良い髪をしていますよ。

相子さん おばんです。

目を瞑って息を止めて・・・・

懐かしい・・・匂いまで思い出しそうです・・・。

ミズタコ?

ひげさん  今晩は

ミズタコお好きですか。

それともDDT?ではないでしょ。

今日は●●の日
私の車のナビはエンジンを掛けますと
一日一回だけそのアナウンスが出るようになっています
大方こじつけで、何の意味もないものもあり
うっとおしいんですよ
気になるとそれは余計感じまして
何とかセットからはずせないものかと思っていたところでした
相子さんの、生活に関係ない、知らなければそれで生活には困らない・・という御言葉に同感です

柘植の櫛を使うと枝毛にならないと聞きますね、静電気も起こらないし
やはり優れものなのですね

要らないですよね

Hulaさんさん  今日は
それは余分と言いますか、お節介なことですね。

黄楊の櫛は良いですね。母親世代までは使っていました。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/2560-c2770bab

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog