2017-06

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

鰊うどんと吉祥寺のこと

 鰊が買ってありましたが、食べようと思いながら、つい他のものを食べておりました。
 今日の昼はうどんを茹でて鰊うどんを作りました。
 下のスーパーに行き二八蕎麦の乾麺を買おうとしましたが、そうだ半生のうどんが頂いてあるのだとを思い出し、蕎麦は買わずに来ました。

      鰊うどん

 美味しかったのですが、うどんに鰊はちょっと馴染みません。矢張り蕎麦にするべきでした。

 最近と言いますが随分前から本を読むのに目が直ぐ疲れて仕舞います。
 先だって頂いた本、どうしても読みたい本、読んで置く必要な本 一日に読む時間がどんどん少なくなっています。
 少しづつこなしております。
 吉祥寺のハーモニカ横丁と言う字を見ましたら、懐かしく色々と思い出しております。
 
 1948年秋から1955年まで吉祥寺に住んでおりました。大学の女子寮のことは以前にアップしたことがありますが、その頃の吉祥寺は都心から離れた静かな住宅地でした。人口も少なく街の表示も細かく分けられていなく、女子寮は武蔵野市吉祥寺187番地でした。その後吉祥寺東町187番地となりました。
 
 JR吉祥寺駅の駅舎は木造平屋の田舎の駅のようなもの。駅舎の中に木製のベンチがあり、計画停電のある時代でしたから、試験の前など駅に行き本を読んだことがありました。
 その頃吉祥寺駅前から五日市街道までの通りは人通りも少なく、夜には殆どの店舗も早々と閉めておりました。
 駅前の一角が今言われるハモニカ横丁ですね。そこには寮生御用達のラーメン屋がありました。
 ラーメン30円時代ですね。
 小ざさは当時からありましたが、何時でも買うことが出来ました。
 喫茶店は「ごほう」という店が一軒 ごほうという字は呉峰だったかも知れません。
 本格的なコーヒー店です。 高くて飲めませんでした。
 
 駅前通りから西に一本の通路には食品の店が並んでおりました。その中の一軒 魚吉と言う店でした。
 魚吉の吉さんは叔母の小学校の同級生の小父さんでした。その吉さん何と私に帳簿を付けて呉れと頼むのです。
 それで3年の時と4年の時の2年間帳簿付けをしました。ノーペイですよ。
 その吉さん当時始まった青色申告をすると言うのです。私によこす伝票は売上のトータルだけ。後は仕入れの代金と氷の代金です。 
 「小父さん 売上と氷の代金が吊り合っていないよ。どうするのよ」と言っても言うことを聞かないのです。
 年末調整までは私には出来ませんので、経理事務所で働いている知り合いの商学部の学生に頼みました。
 その申告書を見ても私には分かりません。
 兎に角提出 それで無事に済んだのです。
 私が吉祥寺から引っ越す時、吉さんの奥さんが私に赤い毛糸のお腰を呉れたのです。
 どう考えてもそのプレゼントがどうしてか不思議でなりません。2年間のお礼かも知れませんが、いくら何でも履きませんね。

 吉祥寺と言いますと思い出しますよ。

entry_header

COMMENT

相子さま

おはようございます^^

鰊そばは大好物です^^
うどんは珍しいですね・・・

吉祥寺というと赤いお腰を思い出されるのですね・・・
面白いです^^ふふふ

そうでした

Paganini さん  お早うございます
そうです。お店でもうどんがないと言うのは分かりますね。鰊は蕎麦が合います。

吉祥寺はこの20年ほどは行っておりませんが、変わりようの凄さに驚かされています。
ですから尚一層昔を思い出すのです。

ニシンうどんは食べた事が無いですよ
私は考えて見たらかけ蕎麦ってあんまり食べないのですよ、冬でもざるが多いですね海苔は載せるなとか言ってなぜかって言われても分からんのですよ、昔からそうでしたからね
うどんは逆に暖かいのっきりですね 変なこだわりですよ

駅のベンチで勉強、30円のラーメン、魚吉の吉さん、何故か「良い時代だったな~」と懐かしいような気持ちになっています。
昔は吉さんのような人、あちこちにいたような気がします。この調子で世の中渡って行けたのですよね。

蕎麦はざるです

EGUTI YOUSUKEさん  今日は
鰊は蕎麦ですよ。うどんは自宅でしか食べられません。
蕎麦はざるが良いですよ。
信州出身の先生が私の食べている種物の蕎麦を見て「あなた種物なんて蕎麦じゃありませんよ」って言われたものです。ざる蕎麦は冬でも美味しいですよね。
うどんは盛りではなく温かいかけですね。

昔話です

ofujisanさん  今日は
無い無い尽くめの時代ですから、皆で知恵を出して過ごしていたものです。
我が家は引き揚げの文無しですが、裕福な家庭のお嬢さんも寮で一緒でした。
停電も一緒、配給のおコメも一緒、助け合ったものです。
吉さんは最初は別の処で商売をしていましたが、お金を貯めて駅前に出たのです。
30円のラーメンはご馳走でした。

はじめまして

吉祥寺の古いことについて調べている、いのうえと申します、大変おもしろくブログ拝見しました。

呉峰という店は、最初は喫茶店だったようですが、途中から飲み屋も始めたという話も他で耳にしました。かつては文学者も足繁く通ったそうで、とてもいいお店だったようです。

呉峰というお店で他にご記憶ございますか?

良く分かりませんが

いのうえ さん  ようこそ
呉峰と言うお店は当時ドリップで落としたコーヒーを出していたと思います。
ご主人は背の低いやや肥った方だったような気がしています。
吉祥寺の知識人が集まっていると聞いておりました。
貧乏な学生には余り縁のないところでした。

再返事

いのうえ さん 
相子老婆で 吉祥寺 明大女子寮などで検索して頂くと、昔の吉祥寺のことに触れているものがあります。

貴重な情報ありがとうございます。呉峰のほかにもあの三角地帯にはいろいろ魅力的なお店があったようで、引き続き調べたいと思います。ほかの吉祥寺の記事も拝見したいと思います。ありがとうございます!

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/2568-f7c3c725

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog