2017-08

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

もやしのこと 2

 もやしのこと 1で作ったもやしですが、作り方は赤字の方の方法で作って見ました。
 
 結果を先に言いますと、実用と言いますか、自分の口にするレベルにまでは行きませんでした。
 5日目の味噌汁に入れた時、もやしの軸は細く噛むのも固く、これは無理かなと思いました。
 その時点で気がついたのですが、入れ物に小豆の量が合っていないのではと思いましたが、未だ伸びそうな豆は沢山ありましたので、続けていました。
 ですが、結果は食用にするまでには無理だと分かり、実験を止めました。

 もやし のことですが、私達の食生活は欠かせないほどの食材と言えましょう。
 今回小豆もやしのメーカーを探したり、販売しているかどかを探して見たり、下のスーパーの野菜売り場の方にお聞きしたり、色々と調べて見ました。
 そこで今の日本のもやし事情等のことを知ることが出来ました。

 今日は先ず標準的なもやしは29円位だと知り、買いに行きました。

     ふじみ野もやし29円  もやしやきそば

 左のもやしは ふじみ野もやし というもやしです。値段は平均的らしい29円でした。
 少し高いもやしもありますが、普通はこのレベルの物を買っています。
 右はこのもやしを使い昼食にもやしの焼きそばを作って食べました。

 もやしは何時頃から日本に広まったのか、もやしはどのような問題を抱えているのかを食の研究会の漆原次郎さんの記述を読みました。
 前編はここで、後編はここでご覧になって下さい。
 この内容を読み、もやしのことに新たな関心を持つことが出来ました。
 
 小豆もやしを試して見たからこそ、もやしの問題に触れるjことが出来ました。
 
 話は昔になりますが、私の現役時代 47,8年ほど前のこと。
 母子家庭の学生さんが見えました。
 話によりますと、母親はもやしの製造販売を一人でやっていると言うのです。
 もやしを育てるというのは気が休まらないことなんですね。
 室のような処で、定期的にお湯を豆に掛けるというのです。その時初めてもやしには温かい温度で管理をすることが欠かせないことだと知りました。
 
entry_header

COMMENT

たかがモヤシされどモヤシって感じですね
こちらのス-パ-はモヤシは目玉的客寄せ商品って感じですよ
通常一袋17円位かな 17円でも採算に合うのかって感じですが酷い時には9円でしたよ 2千袋打っても18000円だからな
業界は大変でしょうね

相子さま

おはようございます^^

私も同様のことを思っています^^

昨日から入れ物を大きいものに換えてみましたが、ヒゲはいっぱい伸びているのですが、肝心の食べる部分の生長が遅いのです^^;

何かが違っているのかも?と思っています。
この分だと収穫前に腐りはしないかなどといろんな事を思ったり^^;

たかがもやし、されどもやし・・・
勉強になりましたわ今回は・・・

素敵な一日を・・・

材料は輸入

EGUTI YOUSUKE さん  今日は
レポートにも書かれておりますが、業界は大変な様子です。
安くて栄養もあるもやしですから、安いほうがいいですね
でも原料が高騰すると庶民の味方と言って目玉には出来なくなるかもしれませんね。
17円とか7円とは論外な値段に見えますね。

多分温度?

Paganiniさん  今日は
学生のお母さんの話や業者の生産方法を知りますと、温度と水分の管理が違ったのだという気がしておリます。
あなたに刺激されて、勉強しました。
有難うございます。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/2570-a5f3a7d3

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog