2017-08

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

大棗と健康話

 中国語の老師から新疆ウイグルの大棗を頂きました。
 先頃北京からお姉様がお土産にとお持ちになって来て下さった物です。
 棗は大きさにより呼び方が違うようです。
 小さな棗は酸棗、普通の大きさの物を紅棗、それと新疆ウイグルで生産されている棗は大棗と呼ばれているようです。
 北京でも高級品のようです。

        大棗

 先週の月曜日は発熱のために休ませて頂きました。老師はとてもご心配下さっていました。
 棗はそのまま食べても良いのですが、煮て食べるのも良いそうです。そこで試しに数粒砂糖を入れたお湯で煮ました。
 そして仕上げに蜂蜜を入れて艶を出しました。

        大棗甘煮

 果実は皮が少々固くて飲むのを止めましたが、味は変わり甘納豆の様な感じです。皮の固いのを除けば美味しくて食べやすいです。

 昨日午前 老師がお見えになり、棗を間に健康話になりました。授業は教科書を使うことより、所謂四方山話になります。
 これが楽しいのですね。
 昨日は棗の効用などから、唐朝時代の有名な薬王と呼ばれた「孫思藐」と言う方の話になりました。
 孫思藐は医師として能力に長け、その名声に時の皇帝から召し抱えたいと呼び出しがあったそうです。
 ですが孫思藐は仕官を断るのに頭を悩ましたそうです。皇帝一人のために仕官をすることにどうしても自分が納得出来なかったようで、なんと答えて仕官を断ったかですね。この話しの中心ですね。
 孫思藐は植物などを研究し、私達が言う所の漢方医=中国では中医ですね
 皇帝の住む環境は塀に囲まれ灌木林がなく、研究が出来ないので、と断ったのだそうです。
 皇帝はそれを理解して呉れ、仕官をせずに済んだそうです。
 その後長く人々のために薬草を調合し、多くの人の役に立ち101歳まで命永らえたそうです。

entry_header

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お待ちします

鍵コメさん  今日は
有難うございます。

ナツメですか 1日3個食べれば齢を取らないようですよ
五果(桃・李・杏子・栗・棗)の内の一つですから昔から貴重なもんですよ
その割には私あまり食べないですね、子供の頃木になってるのを採って食べた位かな

とても良い物

EGUTI YOUSUKE さん  今日は
ハイ 歳は取るでしょうが、健康に良いそうですね。
普通は余り食べませんね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

恐れいります

鍵コメさん  今晩は
気をつけて参ります。励まし感謝致します。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/2602-81834f4d

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog