2017-09

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

書の稽古

 月一回の中国書の稽古ですが、中々上達しません。
 当たり前です。老師に一週間に一回でも書くと良いですがとお言葉を頂きながら少しもその通りにしておりません。
 流石に老師もこれは駄目だと思われたのかも知れません。
 今日は斉白石の話になりました。斉白石は弛まずじっくりと描き続け世に認められたと言うのです。
 学海無涯(学問には限りがない)とおっしゃり、止めないで続けることが大事だと励まして下さいました。

      書1  書2

 今日は添削をしながら字のことに付いて色々と基本になることを話されました。
 これは初めてではありません。何回もお聞きしているのです。
 字の意味を汲み取り、それを表現すること。左右上下のバランスを考えて書くこと。中心を外さないこと。
 
 私が小学校で習った習字は半紙を縦長に置き、右から下へと書いて行きました。
 老師の教え方は半紙を横長に置きます。そして左上から右横へと上の段を書きます。
 上の段が書き終わりますと、左下から右下へと書きます。手や腕の汚れを気にしないで済みます。

entry_header

COMMENT

あ、書道も♪

相子様 おはようございます☀
書道で出会った方には、いい思い出、お世話になった御恩しかありません。
うっとり眺めさせていただきました。ありがとうございました。

書道は良いですね

jyouganji さん  お早うございます
筆の持ち方から違いますので、最初は縦の線がまっすぐに書けず、我ながらダメだな~と思いましたよ。
ですが書くと心が落ち着きます。
兎に角継続しなければと思うのです。

まさに継続は力なりですね

私の字と来ましたら悪筆そのものですよ
まあ 意味が伝わればいいとは思いますが
綺麗な字を見るとウ-ンと思わず思いますよ

手と頭

EGUTI YOUSUKE さん  今日は
老師は健康でいる為には頭も手も使うことが大事だと何時も話されます。

昔ある国語の先生は字は記号のようなものですから分かれば良いですよと仰っていましたよ。

なにかを学ぶこと、私は好きです。将来それをどうすることではなく、ただ学ぶだけでよいのです。その時の“気持ち”が良いのかも知れません。

「字の意味を汲み取り、表現する」、すごく
深いことまで学んでいらっしゃるようですね。
何だか素敵です。

同感

ofujisan さん  お早うございます
ハイ 私もそう思います。中国語も人からもう使わないでしょ。それなのに習うのですかと良く言われます。でも学ぶって好きですから続けられるのだと思います。
そう 字の持っている意味って凄く参考になります。

学海無涯、いいお言葉ですね。私も小学校から中学まで9年間、習字を学びましたが、字は下手です。真面目に取り組んでいなかったのでしょう。教えていただいた濱崎先生には申し訳ない気持ちでいっぱいです^^;。

凄いですね

kincyan さん  お早うございます
9年って素晴らしいですよ。絶対手が上がっているはずです。
中国語では四字成語で多くのことを表現していますから、勉強になります。

相子さんは、達筆だと思います。
それでも、上達しないと思うなんて、
中国書の奥が深いのと、相子さんの
向上心が凄く高いからなのでしょうね。

手紙は自己流です

彦次郎さん  お早うございます
いえいえ 普段手紙を書く時には筆ペンで自己流です。
老師は書く時の姿勢から注意して下さいます。
書はとても難しいです。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/2608-f1683949

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog