2017-08

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

魚の漬け焼きと雑談

 魚好きな私 どう言う訳かお鮨は良いのですが、刺し身は余り食べたくなっております。
 その代わりと言いますか、野菜の煮物は飽きずに食べられます。
 多分これは老人の舌と言うことでしょう。言いたくはないのですがね。
 
 刺し身は夕食に出しますが残ることが多くなって来ております。そこで残りは醤油と味醂を掛けて置き、翌朝若しくは翌日の夕食の一品にします。

         サーモンと鮪つけ焼き

 これはサーモンと鮪です。盛り合わせの刺し身 どう言うことか大抵サーモンが一緒となっています。
 サーモンの生はどうもって言う感じですが、漬け焼きにしますと美味しく食べられます。
 鮪より良いような感じですね。アブラが乗っているせいかも知れません。
 鮪はトロではありませんから、身が締まって味も良くなかったです。


 今日は長女の娘 要するに我が家の孫ですが、誕生日です。
 二女の娘を可愛がり、その可愛がっている孫の誕生日24日には二人でディズニーシーに遊びに行って来ました。
 たいそう混んでいたそうです。
 長女の娘は数年前までは嵐の公演に良く行きました。その券を手に入れるのは大事でした。
 ある時期にはカレーのルーを沢山買い、その箱のシールを指定の用紙に貼り、母親は勿論、私達夫婦も一緒に貼ったり集めたり協力したものです。電話で申し込む時は二女も協力。三軒で電話を掛けまくりました。
 それがすっかり忘れて仕舞ったかのように嵐のアも言いません。

         国立競技場座席

 これは嵐の東京公演の時、座席を見るために取り込んであったものです。
 孫が懐かしむかも知れませので、載せて置きます。私の思い出かも知れません。

entry_header

COMMENT

おはようございます!

まぐろの赤身は火を入れるとパサつき、しまりますね。
尾頭やカマかヒレ肉なら美味しいのだけど…

そうそう

ちゅんご さん  お早うございます
赤身は生が良いですね。そう言えば角煮なんて見たことがないような気がします。

私は今もお刺身大好き人間ですよ
息子は刺身食べないのですよ、なぜだと思います
あれは料理じゃないんだそうですよ、生魚をそのまま食べるなんてのはネコと一緒だとか言うには参ったですよ
娘は私に似たのか刺身大好き人間ですよ
だから幼い2人を連れて回転寿司に行った時は息子はツナ巻と稲荷ずしだけでしたよ
まあ姉弟でもこうも違うかと思いましたよ
息子の好きなのは蟹がメチャ好きですよ
ディズニーシ-は2人とも好きだったですよ、私が忙しかったので近所方が行くときに一緒のツア-バスでお願いしてよく連れていってもらってましたね そう言う意味じゃあまりいい親じゃなかったですね
芸能人云々は無かったな

成る程

EGUTI YOUSUKE さん  今日は
ご子息の言い分成る程って思いましたね。
面白いですね。
お嬢さんと一緒に食べられるのでま~良かったですね。
忙しかったので一緒に行けなかったのでしょ。お二人も分かっていましょ。

こんにちは。
これぞ、嵐の前じゃなく後の静けさですね。
立派に成長されているということですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

有難うございます

あかちんさん  今晩は
ハイ とても成長したと思います。
学校生活も楽しみ確りと勉強もしています。

わざわざ

鍵コメさん ご連絡有難うございます。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/2609-4735952c

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog