2017-10

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

牛肉そぼろ山椒と雑談

 久し振りに牛のそぼろ山椒を作りました。
 これは夫がとても好きで、毎日毎食にテイースプーンの大きめな物で一匙ずつ食べています。私も勿論好きですが、魚党ですから時々食べる程度です。
 作るのは簡単です。長く作っていますから慣れもありますが、出汁があると30分もあれば出来ます。
 作り方は季節に関係なく同じです。

       牛ひき肉佃煮

 これは牛ひき肉500㌘を使いました。多分一ヶ月は持つでしょう。忙しかったりうっかりした時、これが役に立ちます。
 上の赤字から見て頂きますと私流ですが作り方を見て頂けます。このそぼろ山椒は先ずお店で買えない物だと思っております。

 数日前 髪のカット専門の美容院に行きました。1550円です。
 うっかりしていまして1割引の期間が過ぎていました。
 何回もカットをして頂いた美容師さんにお願いしました。
 彼は多分40台ではないかと思います。カットをして頂きながら四方山話をしました。

 「お正月はどこかにお出かけですか」  
    「いい~やどこにも
 「何処かに何か食べに行くとか」   
    「いいえ 特に
 「食べたいものは何ですか」   
    「特にこれってないわね。何しろこの歳になりますとね。そんなものですよ
 「お若く見えますが」   
    「直ぐに85歳になるわよ
 「前にパソコンをやっていると仰っていましたが、他に何かやっていられるのですか」   
    「チャイナドレスを教えているのよ
 「だからお若いのだ。何でチャイナドレスなんですか」   
    「子供の頃中国に住んでいたのでね
 「中国?」   
    「そこはね当時国際都市と言われて、とても素敵な都市だったのよ。中村八大って知っている?上を向いて歩こうの
 「坂本九でしょ」   
    「それは歌った人。八大さんは曲を作った人。彼は小学校の時にロシヤ人から作曲の手ほどきを受けていたの
 「ロシヤ人ですか」   
    「そうその頃白系露人と言ってね。ロシヤ人がいたのよ
 「それは何ですか」  
    「昔ロシヤで革命があって、その新しい体制は嫌だと言う人が外国に来たのよ」 
 「亡命ですか」   
    「亡命とも言えるし、自分の意志で出てきたとも言えるかもね。スタルヒンって知っている?
 「知っていますよ」   
   「彼もそうだと思うわよ
 
 「チャイナドレスは今もやっているのですか」   
    「そう家でね。
 「だからお若いのだ」   「仕事を辞めてからね」 
 「仕事がつまらなかったのですか」   
    「そんな事ないわよ。仕事は確りやったわよ
 「そうですか。当時大変でしたでしょ」  
    「そうよ。上京して来た時、山手線の内側は焼け野原が広がっていましたからね
 「生活も違うのですか」   
    「それは大違いよ。食糧難で新宿や池袋、上野などで雑炊食堂があった位ですからね
 「雑炊??鍋の後にする?」   
    「そんな上等な物ではないのよ。お汁に色々な物を入れて作った、薄~い物よ。丼一杯10円位?かな
 「初めて聞きましたよ」   「そ~お昔話し聞きたかったら何時でも聞いて

 と言うことでお婆さんはカットを済ませてさっぱりとして帰って来ました。

entry_header

COMMENT

なんとなくかみ合わないような会話に思えますが、楽しそうでもありますね。

こんばんは。

よき対談を見る思いで読ませていたがきました^^

相子さんの歴史が、ぐーっと凝縮したようなお話し・・・。

出来れば、もっとその美容院に通ってもらいたいものです♪

話しは戻りますが、
私は豚のソボロを常備菜にしています^^
炒り卵と一緒に、粥に乗せるのが大好きなので(^^ゞ

ofujisan さん  お早うございます
ハイ  良いですよ。
話していますと自分の顔だけを鏡で見ているよりは良いのですよ。

自然に話す

NANTEI さん  お早うございます
有難うございます。昔話は相手の話に合わせて出します。
積極的にこちらがから話すと、何で~と思われたり、自慢話?と思われますから。

豚も作りますよ。美味しいですよね。

相子さんのお料理はいつも素朴ながら、しっかりとしたものを感じます。

美容師さんとの会話は私はあまり得意ではなくて(笑)
あまり話さないですが、今の美容師さんはもう10年近いお付き合いです。
私が疲れてるので・・・というとそっとして寝かせてくれます(笑)

相子さんのお話は少し実感しがたい時代かもしれませんが、大事な時代をお過ごしされたのですものね。

和風が多いです

koh さん  今日は
若い時は油を使った物が結構多かったと思いますが、今は味は確りでもシンプルな物へと変わって来ております。

夫は話しの多い理髪店は嫌いですから、無言で目をつむっているようです。

ハイ 酷い時代を過ごして来ました。物もなく、お金もなく、辛い思いもしましたが、物より人こそ大事だと思っています。

戦後話。

美容師さんとの会話が面白いです。「…中村八大って知っている?上を向いて歩こうの」「坂本九でしょ」。「…食糧難で新宿や池袋、上野などで雑炊食堂があった位ですからね」 「雑炊??鍋の後にする?」。野坂昭如も亡くなりました。   

世代の違い

いさむちゃん 今日は
戦後話も段々通じなくなって来ました。
でもね、知ってほしいと思うのです。
野坂昭如の「アメリカひじき」を思い出しますよ。青島では紅茶は皆さん飲んでいましたからね。

楽しく読ませていただきましたよ
今は中国遊びに行かないですが、まだこんなに空気が汚れていなかった頃は行く度に発見が有りましたよ
何となく欧米風な通りだなと思うような所も結構有りましたしね
経済優先の今は空気がいかんですよTVで見てても行く気にならんですよ、昔の川崎当たりより酷いかな

凄いです

EGUTI YOUSUKE さん  今晩は
北京の昨日は凄かったですね。
昔は綺麗でしたのに。
経済優先とは言え、余りの変化に驚きます。
以前は毎年でも行きたかったですが、もう行く事はないでしょう。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/2654-d9d95d23

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog