2017-10

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

数の子

 今年も残すところ3日 正月を迎えると言うのに特別にすることもないような気分です。
 今日のお天気は西北西の冷たい風が強く、一旦家から出ますとついつい首をすくめて仕舞います。
 中央公園は姿を変えています。立木はすっかり葉を落とし、公園全体をバリアフリーにする工事が進んでいます。

       12月28日中央公園

 下のスーパーには正月用品がどうぞどうぞと言わんばかりに並んでいます。
 何を買おうかしらと思いながらも売り場を運動するために歩いているだけのような感じです。
 煮物以外に何を作るのかが決まらないのです。
 ふと気がついたのは数の子を買わなければと言うことです。とにかく塩数の子を買って来ました。
 大きくもありませんから、直に塩も抜けることでしょう。

       数の子

 この数の子はロシア産とか。 干し数の子は高級で買えません。目の前では先ず見ません。デパ地下にはあるのかしら。
 ネットで調べますとあることはあるのですね。ですが国産の干し数の子は目の玉は飛び出しはしませんが、無理無理って言う感じです。
 でも味が違うんですよね。干し数の子を口に出来なくなったのは何十年も前になりますね。味を忘れそうです。
 
 暮れになりますと大きなすり鉢や桶などに干し数の子を入れ、最初にお米の研ぎ汁を一杯注ぎます。
 次に毎日水を変えて浸けて置きます。数日後には大きく膨らんで来ます。確り大きく膨らみましたら、綺麗な水で洗いながら周りの白い薄い皮を丁寧に取り除きます。これは私の仕事でした。塩が抜けすぎては駄目なんです。
 それは塩数の子も同じです。抜きすぎると美味しくなくなります。
 戻した干し数の子の微かなオレンジ色。それと比べますと塩数の子は漂白してあるのでは?
 昔々実家ではお皿に盛り付け鰹節を削り数の子の上に載せ、醤油を掛けて食べたものです。
 出汁に浸けて置く方法は東京に来てから知りました。

entry_header

COMMENT

干し数の子はまだ。。。

こんばんは。
干し数の子は、多分未体験です。
相子さまの記憶の中の干し数の子を想像しながら、未体験なんて、何と勿体ない!と思いました。
機会があれば、ぜひ試食してみたいです!
お正月用の食材の準備は、その先にある新年について色々考えながらなので、楽しみでもあり心の準備期間でもあり、、、貴重な時間ですね。
お正月中のお雑煮は父の担当だったので、それも良い思い出です。

そうなんだ 今気が付きましたよ
子供の頃の数の子は干しカズノコだったんだ
確かに米のとぎ汁の中につけて有ったな
馬鹿だな 私は今の数の子と違うと分かっていたら子供の頃もう少し味わって食べればよかったな、悔しいが味を思い出せないですよ 今まで気にしたことが無かったですよ
数の子も今は塩抜いてあるのも有るから楽でいいですね

干しが普通

yokoblueplanetさん  今日は
昔は干し数の子をどこの家でも戻していました。
塩数の子と言うものは戦後の産物だと思います。
大量消費と流通で其のような物が出てきたのではと思います。
も一つ日本での鰊の水揚げ落ちたらしいことですね。

段違いですよ

EGUTI YOUSUKEさん  今日は
お宅でもそうでしたか。
干し数の子の美味しさは本物の美味しさだと思います。
昭和30年台あたりから普通は見られなくなって来ましたね。それでも買えました。
市販のお節セットの中の数の子も戻した物ではないでしょうね。

昭和30年代生まれですが小さい頃は干し数の子でした。
父親がこだわっていましたが、やはり高価過ぎて断念したようです。(笑

もはや宝石のようなお値段ですよね。
シシャモ、カラスミ、姫貝。。。干し物高くなりました。
ああ!涎が。。。。

幻みたい

いその爺さん  今日は
そうですよね。どれもみんな高価になり、口に入らなくなりました。
子供の頃姫貝の焼く匂いが好きで、母方の祖父に強請って木更津から買って来て貰いました。長い伸びた姿は夢にでも見ないとね。
これもネットではあるのですが、高くて諦めています。
本シシャモ位は何とか買えますが、食べるのはカラフトシシャモです。

干し数の子、初めて知りました

相子様 こんばんは☂
干し数の子、初めて知りました。びっくりです。
魚も柿も大根も、干すと甘みが増して美味しさが変わりますが、知らない食材がまだまだたくさんありそうです。
貴重な記事をいつもありがとうございます。

知らないのが普通

jyouganji さん  今晩は
そうなんですね。多くの方が知らないと思います。
でも美味しさは格段に違うのです。夢の食べ物になって仕舞っていました。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/2669-1cc33f1a

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog