2017-06

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

今日の一品と水師営のこと

 何をすべきかと決まった時間はそう多くないと言いますか、殆どは自由時間と言って良いでしょうね。
 それでも毎日台所に立つのが段々短くなって来ております。
 何を作ろうかと考えるのは楽しいんですね。今日も午前4時ころに目が覚めたので、あれこれ考えていたのです。
 夢うつつと言う訳ではなかったのですが、ふと気が付きますと7時15分前。
 直ぐに起きて朝食の準備 昼には何をと考えるのですが、麺類も同じものは作りたくないのですね。
 
 考えが浮かばないからと愚痴ってはいけませんね。気分は時々変わります。
 
 良い物を見つけるとつい買いたくなります。それも安いと尚更ですね。

      塩豚準備  塩豚出来上がり

 久しぶりに塩豚を作りました。暮の29日夕方に買い、30日に肉に塩をたっぷり振り、塩が馴染み肉汁が出てきましたら、肉汁を捨てて、パックに入れ冷蔵庫に置きます。
 今日の午前に茹でました。茹で方は先ず熱湯に入れて周りの塩を洗います。
 今回は圧力鍋ですが、鍋に肉と肉がひたひた位に被るようにお湯それに酒・ネギ・生姜を入れて火を付けます。暫く強火、錘が上がったら火を弱めてから25分
 そのまま冷まして出来上がり。これを何日かで食べます。食べ方は色々です。

 今日は日露戦争の旅順攻囲戦で日本が勝ち、1905年1月5日に水師営の会見が行われた日です。
 小学生の時から「水師営の会見」という歌を歌っていたものです。
 2009年9月 夫と二人で瀋陽・大連・旅順を回って来ました。
 司馬遼太郎の「坂の上の雲」がテレビで放映されると言うことで203高地や旅順港を見ようと言うことでした。
 その時水師営の会見所を訪れました。

      水師営  水師営棗の木

 どうも当時のものとは考えられなく、調べて見ましたら1996年に復元されたものだそうです。
 歌の中で棗の木という言葉があります。右の写真が棗の木です。これは何代目とか説明がありました。

 この建物の向かいにはお土産屋があります。全て日本人向けの品物が並んでいました。

entry_header

COMMENT

水師営

「水師営」行ったことはありませんが懐かしい。大連には行きましたが残念ながら…。「ステッセル」「乃木大将」も懐かしい…。この頃の軍歌は「大東亜戦争」時代の軍歌より情緒があります。

日露戦争も水師営の会見ですか
私あまりよく知らないのですよ

なんか敗軍の将ステッセルに対して屈辱を与えることなく武士道に乗っ取り旅順停戦条約を締結したって事位かな
この戦争によって欧米各国の日本に対する見方が変わったのは事実ですね
まだ行ったことが無いですよ

色々な思い出

いさむちゃん 今日は
青島の小学校の修学旅行は大連にゆくはずが北京になったそうですね。
大連と青島はアカシヤが有名でした。
歌も時代を感じさせられます。

社内旅行?

EGUTI YOUSUKE さん  今日は
あの戦争が欧米とアジアにとって大きな転換になったと聞いております。
大連・旅順、2,3泊の旅行でも行けます。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/2677-3e8a9b6e

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog