2017-07

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

名前のない鍋と京極先生のこと

 ガラスープはきりたんぽ鍋に使いましたが、残りは冷蔵庫に仕舞って置きました。
 昨夜はそれを使い、冷蔵庫にある物を入れて鍋にしました。
 野菜・鶏肉・エビなどをごちゃごちゃに入れた鍋です。名前は付けるほどの料理ではありません。

      寄せ鍋風

 これもまた食べ切れません。それで今日の昼に出汁を足して、雑炊にして消化しました。

 先頃政治学者の京極純一先生がお亡くなりになりました。
 お嬢様はチャイナドレスを私達と一緒に習っておりました。京極先生が公務員宿舎に住まわれていた頃、先生ご一家と親しかった方もお嬢様と一緒に習いに来ておりました。そんな関係で京極先生の奥様と何回かお会いしておりました。
 親しかった方は私と友人として長くお付き合いをして下さり、一緒に北京・上海にも出掛けました。
 先生が東京女子大の学長になられた頃、友人と一緒にマンションに伺いました。
 学者の家らしく、書籍が玄関から始まり、目に入るところすべて書籍です。廊下も蟹の横這い宜しく通りました。

 今日は友人と久し振りに電話でお喋りをしました。京極先生の愉快なことを思い出し、長話となりました。
 先生は服装などに無頓着だったようです。今日は学者らしい可笑しくも楽しい思い出を話したことでした。
 奥様は剛毅な方で、まさに糟糠の妻と言う言葉がピッタリの方でした。
 思い出せばある時、長女の勤めていた会社にご夫妻がお見えになったそうです。
 娘が其処にいると言うことは私が話していたのでしょうね。
 奥様は先生に「持永さんのお嬢様ですよ。ご挨拶なさって」と仰り、先生が恥ずかしげにお辞儀をされたそうです。
 シャイだったのでしょうね。

entry_header

COMMENT

相子さんの顔の広さは凄いもんが有りますね、芸能界。音楽会。学者、作家もう有りとあらゆるジャンルにお知り合いがいますね、それも単に名刺交換だけじゃなくてお付き合いが有るんですからただただ感嘆ですよ

歳ですね

EGUTI YOUSUKE さん  今日は
いつの間にか増えていました。
お陰さまで良い方が多くて有り難く思っています。

京極さんとはながいことお会いすることがありませんでしたけれど悲しい事になりましたね。
しかたの無い事ではありますが元気でいてほしいです。
色々なことを思い出しています。
楽しいことがいっぱいです。

色々とありましたね

ofujisan さん  今晩は
京極さんはどうなさっているのか分かりません。
長谷部さんと一緒にマンションに伺ったのですが、以来長谷部さんもお会いしていないそうです。
私はその後一回奥様と地下鉄の駅でお会いしました。
房総に皆さんで行ったことも思い出になっていますね。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/2718-d412ff40

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog