2017-08

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

チャイナドレスは素敵だ 109

 私の教えるチャイナドレスは自分の好きな色、好きな柄と言うことで作ることを大事にしております。
 それは折角手を掛けて作るのですから、気に入って長く着て欲しいからです。

 今日は先月お出でになれなかった生徒さんがお見えになりました。
 生地は日暮里で買って来たそうです。
 これから夏へと向かっていますから、綿素材の季節感のある生地です。

        縁取り準備

 作るのはワンピースタイプの物です。裁断は済ませてお持ちになりました。
 このチャイナドレスに縁取りをすることになり、合わせる色を決めました。こう言う時って楽しいですね。
 無難な物は生地の中の色を使うと言う方法です。またこの生地をバイヤスに切って付けることも一つの方法です。

 あれこれ考えました。で今日は仮に決めましょうと無難をとるのではなく、キリッとした白に決めました。
 シャープさが夏空に合うと思います。 
 今日は仮縫いの準備をしてお帰りになりました。次回は仮縫いです。
 その時再度縁取りの色を合わせて決めることにしました。

entry_header

COMMENT

仕上がりが楽しみ

相子様 おはようございます☀
チャイナドレスの仕上がりの記事が楽しみです。♪
近所には縫物が上手な方が何人もおられます。また、町内に桂由美さんのウェディングドレスを縫製している工場もあるんですよ。コツコツ細かな手仕事ができる人を尊敬します。

私もです

jyouganji さん  お早うございます
生徒さんはベテランの方ですから、細かいことより、全体像を相談します。
ミシンも使いますが、コツコツ全て手縫いで作る方もおりますよ。

考えて見れば昔小学校の授業で雑巾を縫ったくらいかな 宿題で暖簾づくりが有ったが遊びに忙しくて母が作ってくれましたよ(笑
それから覚えてるのはまっすぐに縫う練習の布切れが有った様な

田舎でしたが仕立て屋さんがいて父の洋服よく採寸に来てたな仮縫いとかも有って糸だらけの洋服だったような
私等の時代はもう吊るしのス-ツが流行り始めてましたよ

自分で洋服が作れるなんて私に言わせれば凄い事ですよ

良く覚えていますね

EGUTI YOUSUKE さん  今日は
男子が裁縫を習ったのは戦後ですね。お若いです。

私は裁縫が嫌いで女学校の仲間は私が作るなんて信用して呉れませんでした。
同級生が習いにきて、やっと信用されたのです。

昔の男性は背広を丁寧に着て、古くなると裏返しで作りなおして着たものです。
お父様はお洒落ですよ。

こんにちは

先生、お久しぶりです。
そろそろ、伺えたらいいなぁと思っております。
また、ご連絡します。
よろしくお願いします。

良かったですね

くろまつくんさん 今日は
お父様は落ち付かれましたか。
ご連絡お待ちしています。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/2728-a9319854

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog