2017-10

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

ひじき煮物とチケットの話

 千葉県産のひじきは製法に特徴があります。
 そろそろ今年のひじきも解禁になるのではないでしょうか。
 房州ひじき と呼ばれるひじき。毎年勝山の漁協の物を買っております。
        時々煮て食べます。

      ひじき・人参・揚げ煮物

 ひじき刈りは漁協の指導で始まるようです。岩に張り付いているひじきは波の流れに合わせて揺れ動いております。
 昔はドラム缶で茹でておりましたが、聞くところによりますと今は圧力釜で茹でているとか。
 柔らかさが特徴です。美味しいですよ。乾燥ひじきは戻してそのまま食べることも出来ます。
 ひじきの白和えやひじきご飯などにもします。使い方食べ方も色々。
 サラダにも利用されることも多いようです。

 北海道新幹線の開業が3月26日だそうですね。昨日は初日の指定席チケットの発売だったそうですね。
 始発の上り下りともチケットは25秒とか30秒で売り切れたそうですね。
 夢のようです。
 また昔のことを思い出します。84歳をお許し下さいね。
 戦後の列車事情の凄まじさですが、それは酷いものでした。
 列車の本数は少なく、人々は乗り込んでもその混雑に疲れたものでした。
 
 昭和25年頃から30年頃までの話ですが、夫は佐賀から上京するには24時間掛かり。列車は長崎発で絶対座れず、立ったまま、座ったのは品川だったそうです。東京駅まで僅かでしょ。それほどだったのです。
 乗り降りは窓からだったと言いますが、私も窓から乗り込んだこともありましたよ。
 多分戦時中に列車は空襲で焼けたり、また物資がなく作れなかったのでしょうね。とても少なかったのですよ。
 
 満員列車に乗るにも切符なしでは乗れませんね。ところが切符は何時でも買えると言うものではありませんでした。
 当時は切符は駅ごとに割当があり、それも充分ではありませんから、買う人は発売日に駅に行き並ぶのです。
 当日の昼にはもうダメです。前日の夜か当日の朝方に行きます。そして長時間並び買うことが出来たのです。
 私の町の駅は省営バス(今のJR)の始発駅ですから、駅長がおりました。
 
 入試や緊急の用事で切符が欲しいと言う時、駅長に袖の下の何かを届けるのです。
 政治家のように現金を渡す訳ではありませんが、食糧難時代ですからお米とか小麦粉なども使いましたね。
 その小麦粉やお米を買うのも大変だったのです。
 代用食の芋やスイトンを食べていても、袖の下には良いものでないといけませんでしょ。酷いものでしたね。

entry_header

COMMENT

ちょうど、ひじきを煮ました

相子様 おはようございます☀
偶然にもひじきの常備菜を昨日たくさん煮たばかりでした。ひじきはスーパーの安物ですが。
地元のひじき、格別に美味しいでしょうね。
戦後の食糧難の時、百姓の息子だった父は、どっさりのさつまいもで母というか母の両親を口説いたそうです♪
戦中戦後の話は、聞きごたえがあります。いつもありがとうございます。

良いお話

jyouganji さん  お早うございます

さつま芋 威力を発揮しましたね。
矢張り当時は力があったのですね。

このひじきはほとんど市場に出て来ません。
欲しい人が多く奪い合い状況の品物なんです。でも漁協直販ですから安いのです。
ひじきは海藻の中でも一番栄養に富むと聞いております。
沢山食べましょう。

ヒジキ美味しそうですね

列車のの話は凄いものが有りますね
私は初めて東京にに行ったのは小学校の時だったな、今と違って新宿じゃなくて長野廻りで上野駅だったな、まだ蒸気機関車だったような気しかないな、でもなぜか鮮明に覚えてるんですよ、上野動物園もね
どの位かかったかな6,7Hかかったのかな
途中で気分が悪くなってトイレに入ったのも憶えてますよ

汽車は電化でなく

EGUTI YOUSUKE さん  今日は
このひじきは戻すだけで、サラダのようにしても食べられます。今年も手に入ると良いのですが、引張だこのひじきなんです。
戦後は東海道線でも蒸気機関車だったと思います。夏などトンネルでは窓を空けたり閉めたり大変でしたね。
上野動物園楽しかたでしょ。
戦前あそこには森永のキャラメルの自動販売機がありましたよ。思い出しました。

凄いですね。20時間以上も立ったまま。
しかも列車だから揺れもするのでしょ。移動する人達も多かったのですね。

いつの時代でも特権意識の強いひとがいたのですね。恥ずかしくもなくよく貰えたものだと思いますが、そういう状況であれば私とて当然と思ったでしょうし。何だか情けないですね。

汽車の混乱

こんばんは。
戦後の鉄道の様子は映画や小説でも見聞きしていましたが、実体験として聞くのは初めてです。ほぼ24時間何でも比較的簡単に手に入り移動できる今の時代から見ると、まるで他の惑星の出来事のようですね。
中東の戦乱の最中にある国々では、今まさにあのような混乱の時が過ぎているわけで。。。戦争の恐ろしさが迫ってきます。平和が一番ですね。

時代ですね

ofujisan さん  今晩は
始発駅と言っても汽車の切符は割当が少なく、数枚です。
私は上京するために小麦粉一貫目を持って行きました。
20時間もですから、九州往復は大変だったと思います。
姑は連結器の処まで小用に行ったと話しておリました。

そうですね

yokoblueplanet さん  今晩は
今日は孫を成田まで送りに行きました。隔世の感そのものです。
今日は続きを書きましょう。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/2731-74cda81a

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog