2017-08

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

鯵の竜田揚げと雑談

 昨日の夕食に鯵の竜田揚げを作りました。夫は「これシリーズ?って言われるのでは」と私をからかいます。
 一昨日は竹輪と三つ葉の掻き揚げを作ったからです。
 揚げ油は直ぐに痛みますから、出来れば早く使って仕舞いたいのです。

      鯵竜田揚げ

 この鯵ですが一尾398円です。大きさが30㌢余りもある大きな物です。
 サービス品と言うことで捌きはして貰えません。それは私には特に問題ではないのです。
 ただこれだけ大きいと味も大味だろうと思い、生は止めて竜田揚げにしました。
 醤油と酒それに生姜の絞り汁を掛けて揚げました。レモンを絞って掛け軽い味になりました。

 話しは昨日の続きですが、戦後の交通事情は今の交通事情から想像も付かない程でしょう。
 今日の夕方成田を発つ上の孫を送って行くのに親と一緒に行きました。
 ロビーでキョロキョロしていますと、若い人が行き来しております。大学卒業間近の若者でしょうか。
 それと中国人です。世界は狭くなっていますね。

 私が上京した1948年 その時には未だ都内には路面電車が縦横に走っておりました。
 東京に来る時には列車に乗る訳ですが、人々の中には買い出しに行く人。闇の物を売りに行く人も大勢乗っています。
 どの列車も満員です。
 私の乗る列車は始発が普通でしたので、座れるのですが、都内に向かうに従い、車内は込んできます。
 戦時中から主食のお米は配給制度となっており、その配給制度も戦争が激しくなってきますと、量が間に合わず、人々はお米の買い出しに行きました。闇米と言います。正規のルートで買うお米ではないのです。
 戦後も闇米を欲しい人がいるわけです。そこで列車で都内にお米を売りに行く人が乗り込んで来るのです。
 大きなリュックや袋で背負っています。
 その闇米を摘発する警官が途中の駅で時々待ち受けています。ぶつかると大変。
 列車は駅で長時間停車をさせられ、乗り込んで来た警官が荷物を調べます。
 時間などお構いなしですよ。
 そして闇米と判断されますと、運悪くその場で没収されて仕舞うのです。
 食糧難時代ですから、私も一升位の米は持っています。学生は没収されませんでした。
 
 最近夫と話すのですが、あの没収したお米の行き先は何処だったのかと言うことですね。
 それが何処に行き、どのように処理されたのかを何かで見たことも読んだこともないのです。
 役得で警官達が分けて仕舞っていたのではと思うこの頃です。

entry_header

COMMENT

卒業旅行は海外って大学生多いですね
私等の頃なんて想像もしなかったですよ、卒業旅行なんて考えてももなかったな
高校生の修学旅行も海外に行くところも結構有るし 地球は狭くなりましたよ

闇米言葉は知ってますが、田舎で食べ物に不自由なく育っていたので分からないのですが、TV・映画等で見ますとびっくりしますよ、摘発から逃れるために逃げる人・没収されて泣きじゃくる女性 まあ演技の上だから誇張はされてるのかとは思いますが、相子さんは歴史を見ているんだから凄いですよ
父の友人は父が亡くなった時にこの人は最後まで大正ロマン人だったなって言っていたのを思い出しました、趣味が多かったからかなと思っていたんですが、これを読んで大地主の息子としてノホホンと生きたって事かなと考えましたよ

戦後、中華街も闇市で賑わったそうです。
当時は中国人は戦勝国サイドってことで物資は豊富に揃い警察の摘発も少なかったようです。

混乱期が収まり高度成長期に生まれて幸せだったと思います。

そうですね

EGUTI YOUSUKE さん  今日は
修学旅行は経験がないですね。今は本当に恵まれていますよ。

闇米を買わないで済む家は地主ですよ。お父様はそれだから色々と楽しんで過ごされたのでしょう。
海辺の町には地主って言っても田が二町もあれば大きい農家です。知り合いは大体三反百姓です。我が家は田畑がありませんから、山の中の農家に買いに行くのです。
農家は良い物を持って行くとお米と替えて呉れるのですが、焼け出された人や引揚者は交換する物がないから困りましたね。

摘発する駅なんですが、単線で乗り換えする駅でもない、逃げられない駅なんです。
一回は全員車外に出されたこともありましたよ。

至る所

いその爺さん  今日は
闇市は中華街もそうでしょうが、新宿、池袋、上野、新橋、銀座何処にもありましたよ。
池袋なんて東口から護国寺が見える焼け野原にバラックが立ち並び、闇市でした。
新宿も銀座も両側の歩道にはテントの店が並び、色々な物が売られていました。
アメ横には米軍から流れて来たと言われる、物が並び、芋で作ったアメが売られていました。
闇市がなければもっと栄養失調の人が多かったと思います。

「あの没収したお米の行き先は何処だったのか」

こんにちは。
この疑問、思わずフフフとなりました。
相子さまらしい!
摘発数も相当な数になったでしょうから、貴重なお米の量も相当なはずです。誰の胃袋に納まってしまったのでしょうね?!
隣国では、今でも餓死するヒトが出る程の統制経済、配給生活:それも政治的に好まれなければ、配給も滞るような。
今の様子を見ていると、日本でも起こりえるな〜と心配します。「週刊現代」では、財務省が歴史上実施されたことのある「預金封鎖」の歴史を検証しているという記事になっています!人心の不安が拭いきれない政治では、どんな経済政策を打ち出しても(それも大企業中心の)、大多数の人々の購買力は強くならず、何ごとも動かないでしょうから。

生きるのに精一杯

yokoblueplanet さん  今日は
今になっておかしさに気がついているのですよ。
当時はもう何とか過ごさなければと言うことで、一所懸命に誰も過ごしていましたから。
没収されても次の行動に移らなければ駄目ですからね。

預金封鎖は大変でした。一家で月に500円程しか下ろせないのですよ。
そこに新円切り替えでしょ。我が家引き揚げて来て直ぐですよ。
引揚者には国債が確か5万円渡されたと思います。それも数年後に貰うのですよ。
戦争をするとこういう事が起きるのです。

鯵、大好きなんです^_^
相子さんの竜田揚げ、カラリととっても美味しそうです
お腹が鳴ってしまいます

有難うございます

akoakko さん  今晩は
お恥ずかしいですよ。akoさんのお料理を拝見すると何て素敵なんだろと思うのですよ。

鯵の竜田揚げ、いいですね。脂っこさかんじません。
そしてタレがまたおいしそう。2乗のおいしさでしょうか。

なんのルールもない滅茶苦茶の時代でしたね。たったの70年前のことですよ。

美味しくて安い

ofujisan さん  お早うございます
安くて美味しい。美味しくて安い。どちらでも良いのですが、こういうのが家庭料理ですね。

当時のことを振り返って見たり、考えたりしますと、良くぞ適応して来れたものよと思います。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/2732-e8446f56

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog