2017-07

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

うるかと麦飯

 富山の瀬戸さんからお味噌と一緒にうるかが届きました。
 うるかと言う物があることは知ってはおりましたが、目の前で見るのは初めてです。
 
             うるか

 所謂珍味ですね。珍味って大抵は日本酒に合うようです。
 ネットで調べて見ましたら、そのまま食べても良し、ご飯でも良し、麦飯で食べるとなお良いとも出ていました。
 
 先ず普通の白米のご飯で食べて見ました。うるかは鮎の卵の塩辛ですから塩気があります。
 口に入れましたら美味しいのですよ。その美味しさを味わい、ちょっとしましたら舌に甘さが出てくるのです。
 わ~美味しいと悦に入りました。
 そこで麦飯で食べてみたいな~と思ったのです。
 ところが何とその麦飯が届いたのです。多古町の山口清さんのお米と一緒に届いたのです。
 千葉は多古町の麦飯と長芋ですよ。麦とろをどうぞというのですね。パンフレットを読みましたら、この麦飯のお米は山口さんが生産した物だと分かりました。

    多古米パック  麦飯にうるか

 何と間が良いのでしょう。こういうことってそうそうあることではありませんね。
 麦飯でたべたうるか。美味しくまた深みのある味に驚き、成る程って感心しました。調べて見るものですね。

 お米ですが、10年ほど前、秋田の合鴨農法でお米を作っている農家から送って頂いていたのです。
 ところが何時かの米騒動の時、契約を無視して仲間の方が高く売って仕舞い、当てにならなくなっていたのです。

 その後近くのスーパーで千葉県物産展があり、その時に多古米農家の山口さんと出会いました。
 話していましたら、実直なんですね。気取りがないのです。それで自家用に送って頂くことにしたのです。

entry_header

COMMENT

アユの内臓の塩辛と聞いていたので,どろっとしたものかと想像していました。
スッキリと見た目がきれいで、上品でしたね。辛口の日本酒が欲しかったです。
後味が良いって気分のよいものですね。

こんばんは。

いつもいつも垂涎の食材を拝見して、
羨ましい限りです。

うるか、というものも初めて聞きましたし、
鮎の腸の塩辛?というのが殆んど想像もつかない物知らずです(汗

それに、多古の麦飯、長芋???
もさっぱりのナンテイですから、全くお恥ずかしい限りです(>_<)

相子さんは全国の美味をよくご存じなんですね!
そしてそれらの美味を、普通にお取り寄せできるること、
いつも驚きの念で拝見しております(゜o゜)

あ、これは普通の家庭では当たり前のことだと言われたら、
ひじょうにショックですが(-_-;)





予想以上

ofujisan さん   お早うございます
口に入れた時、ホオ~と言う感じでした。
塩気が強いので、これは日本酒向きですね。

そう仰られると困ります

NANTEI さん  お早うございます

NANTEIさんこそ各地を回っていられたので、色々とご存知ではないですか。

私は家族を守ると言う意味で安全安心の食材に気を使っています。

勿論自分も食べたいと言うこともあります。

他所の食事はどう言うものかは分かりませんが、多分お洒落ではないかと思うのですね。今の我が家は老人食ですね。

うるか旨いですよね、これが嫌いって人もいますから驚きますよ、私に言わせれば余程不味いの食べて懲りたんじゃないかと思いますよ、チャンジャだってこれは旨いってのとなんじゃこりゃってのが有りますからね

麦飯ちゃんと黒い筋が入ってますね、母はよく割飯とか言ってたな 母は嫌いだったんですよ、もうじき一周忌になりますよ兄弟で又そんな話で盛り上げるのかな
でも麦とろ御飯は母には悪いけど私は旨いと思いますよ 

うるかは初めてでした

EGUTI YOUSUKE さん  今日は
私は口にした途端美味しいな~と思ったのです。

食べ物って最初が肝心かも知れませんね。夫も鮟肝は不味いって言っておりましたが、私が作ったのを食べて見直しましたよ。

姑も麦飯は嫌いでした。健康のために麦を入れた時期があったのですが、姑が嫌だと分かり止めました。
麦とろは美味しいですよ。姑はとろろや山かけは好きでしたね。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/2733-117a225b

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog