2017-05

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

焼酎

 マンションの一階に短いアーケドがあり、その中に酒屋があります。
 大量に仕入れているのでしょうか、酒類も安いのでしょうが、店頭に並ぶ様々な商品も安いのです。
 休日ともなりますと、男性のお客さんが多いように感じます。大量に買う方もおります。

 その酒屋さんの入り口に焼酎の量り売りの樽が置かれています。
 樽と言いましても金属製らしい樽ですね。

       焼酎樽

 写真では品切れ中となっていますが、時々ここで量って貰っている人がおります。
 私が見る限り買っている人は男性です。女性は見たことがありません。

 私が子ども頃 部落に一軒の酒屋ありました。其処はせんべい屋と呼ばれ、せんべいも売る店でした。
 せんべいは大きな瓶に入れられていたり、また箱型になっているケースに入れられていたりしていました。
 店の一角に酒の茶色の瓷が置かれていました。それは清酒ではなく焼酎でした。
 部落の男の内どれほどの方が飲んでいたのかわ分かりませんが、夕方になりますと焼酎を買う人が瓶を持って買いに来ます。

 それが焼酎と言う酒だと知ったのは、誰かに頼まれて買いに行ったからです。
 あの栓を引き抜き、瓷から瓶に酒が流れ込んで来るのが珍しくてじっと見つめたものでした。
 今でもやってみたいな~と思うのですね。いくら下で売られているとは言え、させてくださいとは言えません。
 
 空いた瓷はらっきょう漬けをする時に使われ、庭の隅に転がっているのが母方の家の風景でしたね。
 
 焼酎のことをホワイトリカーと言いますね。
 そのホワイトリカーと言うネーミングですが、それはオパールネットワークを主宰する「佐橋慶女さん」が付けたものなんです。
 これはご本人からお聞きしたことなんですが、ある時行きつけのお店で飲んでいましたら、隣に座っていた男性から声を掛けられたのだそうです。
 「あなたは飲むのがお好きなようですね。私は焼酎の協会?で今焼酎にいい名前を付けたいと募集しているのですよ。応募しませんか」と言われたのだそうです。心が動き締め切りをお聞きしましたら翌日だと言うのだそうです。
 そこで佐橋さんは家に戻り必死で色々と考え「ホワイトリカー」で応募したのだそうです。
 それが見事に当選。賞金は100万円だったそうで、頂いた日は帰りの車を運転するのもウキウキしたそうです。

entry_header

COMMENT

相子さん おはようございます。

へぇ~・・・そうだったのですか・・・。笑)

釧路へ来て二軒目に借りたアパートの大家さんが、そうでしたね・・・若い安ちゃんの癖にたまにコップ一杯をいただいておりました・・・もう40年近い昔話になります。

面白いでしょ

ひげさん  お早うございます
世の中には色々とありますね。
佐橋さんと仲良しだった私の友人は矢張りこの酒場で知り合ったと言っておりました。
本音が見えて良いのかも知れませんね。

昔はこう言う量り売りのお店は何処にもあったと思いますね。

そういう経緯だったのですね。
もともと、お酒にまったく縁のなかった私なので、色々な種類のお酒の価値がまったくわかっておらず、いまだにワイン以外は知りません。
ダイエット中は焼酎ならよいようなのですが、あまり飲まないのです。

ネーミングの由来の面白さはワインと共通してますね。
ストーリーがあるのは面白いです。

私も量り売り買ったことが無いですよ
何となく照れくさくてね

ホワイトリカ-=焼酎  ○
焼酎=ホワイトリカ- ×
こう言う関係じゃないかな やだね私屁理屈で つまりホワイトリカ-って言えば一般的に甲類焼酎類じゃないかな 果実酒ようとか、無味無臭って感じ
芋・麦は乙類焼酎 これは素材がそのままってかんじ
蒸留工程も違うようですが・・・・
まあ焼酎の中の1種って事かな

そうですね

kohさん  今日は
ダイエット中は焼酎って良く聞きますね。

この話は面白くて覚えていたのです。

清酒の名前にも良く由来など書いてありますね。

ワインにも共通することがあるのですね。

甲類ですよ

EGUTI YOUSUKE さん  今日は

仰る通りそうですよ。今までに全部で一合位は飲んだことはありすがね。

町の中には酒屋もありましたが、部落の中では此処で買う人が多かったですね。

確かめていないので不確実ですが、今は大きなボトルで売られているのがあるようですね。

私は醤油を量り売りで買ったような記憶があります。
樽から噴き出すように出てくるのがなぜかすごくうれしくて見入っていましたね。
やってみたかったです。

必至で考えた名前がいまだに通用しているのですから凄いですね。
本気で考えたのでしょうね。賞金100万円もすごいですね。
私なら舞い上がってしまいます。

酒以外もね

ofujisan さん  今晩は
そうですね。昔は醤油も味噌も、食用油でも量り売りがありました。
冷蔵庫もありませんでしたから、合理的な方法だと思います。
必要なだけ買えば良いのですから、何時も新しい物を買うわけでしょ。
今でも味噌専門店では量り売りがあります。

佐橋さんも舞い上がっていたと思います。

暮らし

相子様 こんばんは☆
今はとても便利なものがたくさんあって、それがすぐに手に入って・・・。ありがたいことですが、物がなくて、不便だった子どものころも決して悲しい暮らしではなかった気がします。過去も今も感謝したいですが、平和で穏やか~な地球に住んでいることを実感したいです。

平和が一番

jyouganji さん   今晩は

昔のことを思いますと、日本全体が貧しかったたと思います。
個人的には昔が悲しいとは思いませんね。
ただ戦争がもたらす悲惨な事柄は辛く、戦争は絶対反対です。

仰る通り平和が一番ですしそうあって欲しいと思います。

ホワイトリカーの由来を聞けて、勉強になりました。昔、父がホワイトリカーに梅と角砂糖を入れて梅酒を作っていたのを思い出しました。懐かしい名前です。

梅酒!

kincyan さん  今晩は
梅酒って昔は流行りましたね。今はどうなんでしょうか。シーズンになったら分かりましょうね。
スーパーに材料が出て来ますね。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/2750-34a11f50

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog