2017-09

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

今日の一品と田植のこと

 一昨日 トマトの箱売りが並んでいまして、形も良く適当な値段ですので買って来ました。
 昨日の朝食に何時ものように並べました。
 ところが味の旨味がないのです。間抜けな味と言いますか、残念なことになって仕舞いました。
 ですが消化しなければなりませんね。トマトは卵と良く合いますから昨夜中華風に炒めて食べました。

         トマトと卵

 普通はトマトの皮は剥かないのですが、歳の所為か皮はどうも歯に引っかかり嫌なのですね。
 そこで皮を剥きました。木耳もありましたので一緒に炒めたのです。
 油は鶏油ですから、うま味調味料は要りません。旨味は充分です。
 味は塩とオイスタソースで整えました。卵には少し塩を入れて炒めました。 
 私の感覚では卵に味を付けずに炒めると、味に何か足りなさを感じるのです。
 トマトの酸味も良い具合になり、美味しく出来ました。

 この時期あちこちで田植えが始まっていますね。
 多古の山口さんの田圃にもGWに田植え経験の方が見えると話しておりました。
 多古は千葉県でも有数のお米の産地です。山口さん宅ではお米を使った色々な製品も作っております。
 麦飯のパックもお米と一緒にオマケで送って呉れました。

 戦時中 女学校に入学しましたら、農繁期には農家に勤労奉仕に行きました。
 男性が軍隊に行ったり、戦死をしたりして男手のない農家に行くのです。

         のじさんの昭和史から代かき

 この写真はのじさんの昭和史というWebからお借りしました。田植えの前の代かきの風景です。
 牛を使っていましょ。後ろに鋤を付けて田の中を歩き回るのです。綺麗に均して苗を植えるのですね。
 元々私の田舎では人力でした。田圃も狭いと言うこともありましょうね。
 この牛の代わりに人が引っ張って田圃の中を歩き回るのです。
 齢13の女子にはきついですね。ましてや非農家の子なんですからね。
 農家の娘は自家作業ということで勤労奉仕には行かなくても良いのです。
 農家のお嬢さんは先ず田圃に入ったり、畑を耕したりしませんし、家もさせないのが普通なのですね。
 田圃に入るのには体操着のブルマーになり、二人で牛のように鋤を引き田圃の中を這いずりまわるのです。
 鋤は農家の方が押すのです。良い方ばかりではありません。休憩無しの家もありましたよ。

 この代かきは未だ良いほうです。夏の田の草取りはもううんざりですよ。
 田圃の水は熱くなっていますし、稲の根の周りを良くかき回し、雑草を取り除くのです。
 フクラハギを蛭に食いつかれて腫れ上がって仕舞ったこともあります。

      戦争は色々なことを経験しました。

      今日は母の日 中央公園の緑の鮮やかなこと。

         5月8日中央公園

       美しい日本の五月 良いですね。
    九州の地震は未だまだ収まっていないようですね。

         5月8日朝刊

 熊本出身の友人は親戚や知り合いなどと連絡を取り合っているそうですが、揺れが来ると電話も直ぐに切らなくてはならず、辛いと話しておりました。

entry_header

COMMENT

トマト外れましたか こちらはようやく苗を定植するところですよ 暑いさなかじゃなか食べれないな

懐かしい代掻きですね、私の子供の頃は牛か馬でしたね、その為に飼っていたのかな
手で引いたってのは見たことが無いですね
ただ田んぼの高いところの土を低いところに持ってゆくのにエブリって言う押し棒みたいのは使ってましたが 
そうですか農家の娘さんはやらなかったですか 家でお小昼の用意とかいろいろ有ったんですよ

トマトと卵

こんばんは。
一昨日は、台湾出身の友人が、トマトと卵の料理を作ってくれました。昔、別の台湾出身の友人から教わっていたので、家でも時々作ります。火を通すと、トマトの味がガラッと変わるので、それも面白いですね。
九州の地震、どこまで拡大するのか、それも気掛かりです。
それと火山との連動も。
三半規管も、これだけ頻繁に長期間大地が揺れ続けたら、変になって、体調を崩される方も更に増えてしまうでしょうし、、、とにかく、皆様のご無事を祈るのみです。
房総への旅行、楽しい遠出になりますように!

恐ろしい時代でしたね。大人の男性でも大変そうな仕事を13の女の子がやらされていたのですね。お国に対しては何もいえなかったのでしょ?
ご両親も大切なむすめがこんなに苦労をして、つらかったでしょうね。
70年が過ぎてもやりきれない気持ちになります。

昔話ですね

EGUTI YOUSUKE さん  今晩は
トマトは矢張り夏が美味しいですね。

農作業も隔世の感がありますね。
人力で引っ張るのですよ。女学生二人でね。
昔女学校に行く割合はクラスで数名です。
農家も裕福な家のお嬢さんが普通でした。
ですから農業のことなど知らない人も多かったですよ。
非農家と言うだけで農家の手伝いですよ。不合理を感じましたね。

心配です

yokoblueplanet さん  ようこそ
熊本地方の地震は本当に心配です。
地震がなくても地震揺れ症状の方もいるようですね。

トマトは未だありましたので、玉葱と一緒にスープにしたり、輪切りにして塩・胡椒で卵を付けてピカタのようにして食べました。
火を通すと味が変わりますね。

もっともっとですよ

ofujisan さん  今晩は
これ以外にも稲刈り、麦踏み、麦刈りなど色々とやりましたよ。
ですから鎌も砥げますよ。
両親は青島ですから、訴えも出来ません。
只管学校と言いますか国の示すことに従っていたのですよ。
戦争と言いますか国の方針て凄いですよ。
従わないと非国民扱いですよ。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/2807-27e071a2

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog