2017-09

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

房総に行く 続き

 9日の夜 長女と孫はホテルの3階にある大浴場に行きました。
 私は夜の入浴はしませんので、部屋で待ちながら窓から外を眺めていましたが、暗くて何も見えません。
 二人が戻って来ましたが、部屋は暑くて汗をかくほど。
 眠りから覚めて来て目を薄っすらと開けますと、娘もこちらを眺めております。何となく睨み合いのような感じです。
 それでもどうも娘は本当に起きてはいないようです。
 雨は既に上がっている様子。一人3階に行き、久し振りの入浴。子供用の椅子や補助椅子型の椅子に感心しました。
 成る程、今時のホテルはこう言うことかと一人頷き眺めました。
 雨が止み、浴場の窓から東京湾を行くタンカーが見えます。
 部屋に戻り、ベランダの窓を開けますと旧富崎村の布良っぱな(鼻)が見えます。富崎村は戦前から戦中までは千葉県一の人口稠密な村でした。また青木繁が海の幸を書いた地としても有名です。

             ホテルの窓から

 あの右奥に見える突き出た岬はカーブがきつく、事故の起きやすい場所です。

 朝食に行きました。昨夜と同じく、娘が選び運んで来て呉れました。

            ホテル朝食

 朝食は余程のことでもなければ、今時はブフェ形式が多いですね。此処もそうでした。
 周りにそれとなく目をやりますと、高齢者が多く、三世代の家族も見られます。
 お料理は品数も多く、子供用にフライドポテトなどもあるようです。
 私はこの他に少し食べ昨夜よりは多く食べられました。

 売店で綺麗な天草がありましたので、買いました。かき氷の前、梅雨時から初夏の食べ物です。
 天草から自分で作ると美味しい心太になるのです。

 時間になりチェックーアウト。周囲をちょっとカメラに収めました。

     ホテルテラス  IMG_3207.jpg

 雨はすっかり上がりましたが、未だ雲は流れて行きません。ホテルの方に見送られて出発。
 行き先は白浜町の妹と弟への訪問です。
 直ぐ下の妹は一人暮らしです。部落にお店が一軒もなく、買い物難民状態の生活です。
 
 タクシーも町に一台もありませんから、タクシーでとも行きません。過疎地と言えそうです。
 久し振りの歓談 お喋りの後一緒に弟の家に向かいました。

 弟の家の前は磯笛公園と名付けられた公園があり、また駐車も出来ます。

     磯笛公園2  磯笛公園3

 この公園は以前テレビドラマの舞台になっていたので、そのドラマのロケ地を記した看板が立てられております。

     ロケ地マップ  磯笛公園4

 看板を眺め、弟夫婦と皆でお喋り。丁度見えていた弟と同級生の方とも久し振りに声を交わすことが出来ました。
 色々と町の様子を聞いたり、誰彼の消息に驚いたりしました。
 
 弟夫婦の見送りを受けて車は出発。妹をスーパーに連れて行き、妹の買い物に付き合い。それから再度妹の家に行き妹を下ろし、3人で家に向かいました。
 道中 弟の息子が開業する建築中の病院を眺め、木村ピーナッツのソフトクリームを食べ、館山を後にし車は我孫子に向かいました。
 途中道の駅富楽里で買い物。その後は娘の運転で車は快適に走り、市原のSAで休憩。道路は全く混んでなく、我孫子に到着しました。

 今日の午後 野田に住む生徒さんがお見えになりました。ベテランですが、何かと気ぜわしく過ごされていたようで、裁断が怖いと話しておりました。
 今回の物は身頃は男性用の応用ですから、生地選びに苦労されたことと思いますね。
 今日は襟ぐりの計算方法を再確認してお帰りになりました。

 また3年ほど休んでいた生徒さんから来月早々から勉強を再開したいとメールが来ました。
 生徒さんは何方もメールで連絡ですから、私も何とか出来るので良かったです。

entry_header

COMMENT

もう 房総は暑いでしょうね
こちらも今日は暑いですよ、外はもう半そででいいって感じですよ

御兄弟はいつ合っても小さい時の思い出が蘇るでしょう 兄弟はいいもんだと思いますよ
やはり買い物難民状態ですか 母もそうだったな まあ週に2回福祉の車がス-パ-まで連れて行ってくれましたよ
よい旅行で何よりでしたよ

もう夏ですね

EGUTI YOUSUKE さん  今日は
五人とも高齢者です。戦後の苦労も一緒ですから話も良く分かります。
多くの方が亡くなって、町の同級生とは会えません。
脚の悪い妹のところではヘルパーさんが見えるそうですが、買い物に行って貰うだけで、他のことは出来ないようです。一時間半のヘルパーさんですからね。

房総も暑いですが、今日は我孫子も夏日のようです。

買い物難民

おはようございます。
行事盛りだくさんの「お里帰り」でしたね。
田舎は、大型店が近隣に出来たことで、昔からあった家族経営の小売店がおおかた姿を消してしまい、車を運転しない人にとっては、お買い物が大変な仕事になってしまっているようですね。
これはもう日本全国、どこの田舎でも見られる現象ではないでしょうか?公共のバス、電車なども、どんどん消えているので、さらに「過疎化」は進みそうですね。
逆の発想を、為政者はしなければならないと思うのですが。。。

何とかしてと思います

yokoblueplanet さん  ようこそ
先日の弟たちとの話にも出ましたが、町の過疎化は進み、やがて館山でも進むのではと懸念しておりました。
買い物難民はテレビでも屡々紹介されますが、社会の構造が変化しているからでしょう。
大きく舵切りが変わるのを待つしかないのかと思ったりします。

身も心も充分に満たされた旅でしたね。元気だからこそですね。

3年も休んでいて改めて通って来られるのは嬉しいですね。
余程チャイナドレスがお好きなのですね。素敵ですものね。

そうですね

ofujisan さん  今晩は
ハイ 良い旅でした。一泊しいづみも運転が楽だったと話しておりました。

この生徒さんは大家族でとても忙しい方なんですよ。裁断は問題ありませんから、何を作るかがお出でになる理由だと思います。

良い旅でしたね。

房総の海は見るからに魚介資源が豊富に見えます。
相子さんの子どもの頃は暮らしが海に直結してたのでしょうね。

一度は訪れてみたいと思っています。

半農半漁でしたが

ちゅんご さん  お早うございます
昔は全体に豊かさを感じましたが、今は少し寂れた様に感じます。
観光も昔と違い、余り人も来なくなっているようです。
磯遊びの楽しさは忘れ得ないです。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/2810-8ec00a76

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog