2017-04

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

落花生

 昨日 甥のクリニックの近くにある、有名な木村ピーナッツに寄り、好きな塩ふきピーナツを買って来ました。
 これは本店に行かないと買えないのです。昔は館山駅周辺の土産屋でも買えたのですがね。

 今日の午前は中国語のレッスンでした。老師に一袋お土産に差し上げました。

       木村のピーナッツ

 老師は子どもの頃遊びに行った農村で茹でた落花生を食べたのがとても美味しかったと仰います。
 中國でも茹でた物を食べるそうです。
 山東省は落花生や大豆の産地で、山東省の方は子どもの時から、落花生や大豆の茹でたのを食べているので、体格ががっしりとしているそうです。
 中國では落花生を不老長生豆とも言い、健康食品として良く食べるそうです。

entry_header

COMMENT

落花生の収穫が楽しみです

相子様 おはようございます☁
今は台風前の静けさなのか、雨上がりの穏やかな朝です。どこもひどい台風にならずに済みますように。
落花生、今年こそしっかり収穫をと、気合を入れていたはずだったのですが、気づいたら草の中に埋もれています。でも、昨年よりは、まし、と収穫を楽しみにしています。
昨日、久しぶりに外食しましたら、冬瓜の冷製スープが出ました。あっと声が出ました。美味しかったですが、あったかいスープもいいなと思いました。相子様のおかげで、生活感が広がっています。ありがとうございます♪

美味しいですよ

jyouganji さん  お早うございます
茹で落花生は美味しくて好きです。掘って直ぐですと尚美味しいです。

冬瓜の冷たいスープですか。美味しかったでしょうね。
色々と覚えていて下さり、嬉しいです。

落花生収穫体験ツア-ってのに行ったことが有りますよ、落花生を根からむしるのに腰が痛かったな
落花生とピーナツ違いはよく分かりませんよ
殻付きなのが落花生?実だけのがピ-ナツ?豆の木を自体を言う時は落花生だからやはりナッツって事だから実だけかな
でも英語じゃグラウンドナッツともいうしな(笑
雨降りに考えるにいい話題でしょう

落花生

落花生 中国青島時代は本当によく食べたものですね。皮付きのまま炒ったものは、おやつ代わりに毎日でした。特に小粒のものは味もよく美味しかったのを覚えています。今でも小粒のを見かけると、つい買っておやつに食べていますよ。千葉県は落花生の産地としては日本一ですよね? 鹿児島も沢山作っているので生で買っていろいろと利用しています。

南京豆って言うこともあり

EGUTI YOUSUKE さん  今日は
ハイ どうも殻付きのは落花生、殻から出したのを南京豆、さらに皮を剥いたのをピーナツって呼んでいるようですね。
でも私はどれも落花生って言っていますよ。

そうそう

桜島さん  今日は
露店でも良く売っていましたね。新聞紙を三角に折った袋に入れて呉れましたよ。
家でも良く食べました。

露店ではハーシーのチョコも売っていましたね。懐かしく思い出します。

こんばんは。
最近は落花生を食べる機会もめっきり少なくなったのですが、たまに食べるととても懐かしい味がします。殻を剥きながら食べていると素朴で飽きない味で、ついつい食べ過ぎてしまいます。最近は輸入物が増えて、国内産は全体の1割程度だそうですね。落花生と言えば千葉ですが、私は木村ピーナッツは食べた事がありません。機会があれば一度食べたくなりました。

落花生が土の中で出来ると知った時はびっくりしました。
不思議な植物と思いましたね。
とくに長生きしたいわけではないですが、不老長寿と聞くと、食べなくちゃと思ってしまいます。

お勧めします

くあどり さん  今晩は
落花生は千葉県八街が有名ですね。
南房総も良い豆が出来ます。
ここは若い人にピーナッツアイスが評判で、この日も買う人で溢れていました。
私は昔からこの塩ふきが好きです。
館山道の終点富浦からまっすぐ道なりにはしり、館山の行き止まりの右にあります。

そうでしょ

ofujisan さん  今晩は
落花生が土の中で育つと言うこと、老師もご存知なかったので、教えて上げました。
落花生は毎日10粒食べなさいと言われるくらいです。
召し上がって下さい。

いまだに勉強をされているのはご立派ですね。頭が下がります。
落花生は千葉の名産。こちらにきてから茹でて食べることを知りました。千葉の畑を走っていると、落花生の畑をたくさん見かけます。農業県ですね。

農業県です

kincyan さん  お早うございます
ハイ 千葉県は漁業も盛んですが、農産物も多く、落花生は有名ですね。

勉強は一旦止めると多分一気に忘れて仕舞うのではないかと思って、続けております。勉強と言うよりお喋りと言っても良いようなものです。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/2922-5e076d8c

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日85歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになりそうです。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog