2017-04

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

林さんのペナン島たより その一

 台北に住む友人 林偉烈さんは時々出張で日本にお見えになっています。
 東京の時は必ず連絡をして下さいます。律儀で真面目。実に良い方です。
 最近はベトナムに出張されることが多いとお聞きしていましたら、奥さまとペナン島にお出掛けになったそうです。
 仕事でないとは珍しいことです。

 ペナン島は昔 日本が戦争をしていた時 マレー半島のことと一緒に話題になった所です。
 林さんのたよりを拝見しましたら、想像以上の観光地なんです。そこで彼からの説明と写真を載せましょう。

 「久しぶりに海外旅行でペナン島に行って来ました。マレーシアは出張と旅行で10回ほど行きました。中国系の人が多く、中国の普通語や福建語が台湾にいるのと変わらない位に通じるため、東南アジア諸国で言葉の便利性や親近感からすると最も旅行しやすい国だと思います。」
 「ペナン島のジョージタウンは2008年にユネスコの世界遺産に登録されました。今回は2泊3日で全部歩行でジョージタウンを回りました」


     ペナン島1  ペナン島2

 「歴史の街並みに庶民が普通に生活しているため古い町が昔のまま生きている感じです。ペナン島の人口はマレーシア第二で中国系の人がマレーシア人より多い所です」

    ペナン島3  ペナン島4 (2)

    ペナン島4  ペナン島5

 ジョージタウンを歩き回った林さんはマレーシアのことについて次のようなことを教えて下さいました。

 「何回もマレーシアに行って、何時も興味深く感心することは多民族国家で、民族の融和ではなく、異民族共存のことです。マレー人、中国系ないしインド人はそえぞれ各自の社会となりの言語、文化、宗教等々が違っても互いに構わず共存することです。
 マレーシアに訪れた時 何時も不思議に思うことが一つあります。中国系の名物料理である肉骨茶です。これは漢方で豚肉を煮込んだスープです。イスラム教が国教であるマレーシア人にとっては禁物ですが、中国系にとっては日本で言う豚カツのようなポピュラーなものです」

    ペナン肉骨茶  ペナン肉骨茶2

 左の画像の左の丼が肉骨茶です。右はレストラン?フードコートでしょうか。こうして実体験の話は良いものです。

entry_header

COMMENT

こんばんは

いつも贔屓していただきありがとうございます。
右はフードコートで台湾の夜市のような感じで気楽に食事が出来る所でした。ビールも飲めますよ。


有難うございます

林さん  ようこそ
此方こそ。長くお付き合いさせて頂き、ご活躍に感心しております。
矢張りフードコートでしたか。ビールが飲めて良かったですね。

肉骨茶!

漢方で煮込むとか日本にはあまりないですよね~
すっごく体にいんでしょうね♪
どんな味なのか気になります^^

イスラム教は豚肉ダメですもんね。
幼馴染が最近トルコ人男性と結婚したのですよ♡
でも豚肉が一切ダメなので毎日の料理に苦労しているみたいです(><)

私も知りたい

こぶたさん  お早うございます
ハイ どんな味付けか知りたいです。
漢方とまでは言えないかも知れませんが、私は豚のスペアリブと大根などの野菜を入れて、クコの実や木耳などと一緒に煮込んだスープを作ります。

今林さんからLINEが来ました。
骨肉茶という漢方薬があるそうです。
それとスペアリブ+ニンニク+塩+醤油+オイスターソース+水で煮込むのだそうです。マルチ的な味だそうです。

姪が(弟の娘)マレ-シアの会社にいるんですよ、今年のお盆に1週間ほど帰って来ていたんですがその時にペナン島の話が出て
グルメ天国だから来い来いって言われたんだけど海外は今怖いからって言いましたらおじさんも年取ったなとか言われましたよ、私もお前の日本語おかしくなってるぞって軽口叩いてましたらしょうがないよ中国語と英語が主だから日本語使う機会がほとんどないよ、まあ日本からの人が来ると間違いなく社内で呼ばれるそうですが 確かに人種の違和感なく暮らしてますね

行ったことがあると思っていました

EGUTI YOUSUKE さん  今日は
それは姪御さんに言われそうですね。
グルメ天国ということですか。林さんが何回も行きたくなるってそう言うこともあるのかも。

林さんとのお付き合いもながいですね。40年はこえていませんか?
すばらしいことですね。

古い町がそのままいきているとか、異民族共存とか、街並みもきれいですし、なんかとても良い雰囲気の街ですね。
車でまわったらもったいないですね。

そうですね

ofujisan さん  今晩は
ハイ 随分経ちますね。変わらぬ人柄に親近感と信頼感を抱いております。
最近は車いすもありますから、お出で下さいと言って頂いております。
ペナン島は元気なら行って見たい所ですね。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/2947-cd2b2dca

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日85歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになりそうです。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog