2017-05

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

寄宿舎の会 その2

 寄宿舎はず~と昔からあったのですが、昨日の会の時期の寄宿生が会を続けたと言うことは貴重なことだと思いますね。 
 
 一つは学制の変更です。旧制度の学制から新制度への移行に伴ったこととの関連です。
 昭和21年に入学した生徒はその時点では旧制度の女学校に入学していたのです。
 その方たちは新制度が発足した時には新制中学生となりました。
 昭和19年に入学した者は、旧制度で卒業も出来ますし、新制度への移行も出来ました。
 そういうことで昭和19年、20年、21年の方は6年間寄宿で過ごした方が多くおりました。6年と言う寄宿生活ですよ。
 
 二つ目は日本が戦争末期へと進む中で非常時体制の生活を一緒に過ごしたことでしょうね。
 寄宿生活のことは前にもアップしましたが、その体験が大きく影響していると思います。

 私が思うにこの二点が強い絆を齎す大きなファクターだと思います。

 食糧難は女学生にも影響がありました。昨日集まった方は鴨川の奥の長狭地区出身の方が多かったのですが、皆さんが家から戻る時に持って来る炒り豆やふかし芋を頂くと嬉しく思ったものです。

     寄宿食事1  寄宿食事2

 ご馳走を頂きながら話が弾みました。寄宿舎には舎監が3名おりました。三人三様の舎監です。
 厳しかった舎監に叱られた話。舎監の思い出の姿。舎監はさぞ大変だったことと思いますね。
 全校で見に行った映画「歌う狸御殿」を再度見たい生徒に、舎監に見つからないように、部屋全体で協力。
 夜出窓から脱出するのを助けた話。思い出して大笑い。

 今回は私たちの学年が当番でしたが、来年は20年入学の方が当番をします。
 
               寄宿次期相談

 来年のことを決めるために慎重に相談されています。そして最後に皆さんに来年も開催するかどうか、開催するとすれば何処でするか、そして時期を何時にするかの概略を述べて、来年の開催が決まりました。 
 丁寧な気配りの提案で感心しました。

 今回は神戸からお見えになった方もおりました。 
 鴨川で広く農業のをされている20年入学の方からお赤飯の折を頂きました。美味しい赤飯でした。

entry_header

COMMENT

皆さんのやさしい表情を拝見していると、
とてもあの過酷な時代を過ごされてきた思えなくなります。
どなたも素敵ですね。

なるほど お膳のお赤飯

相子様 おはようございます☁
昨日のごちそう写真の中の、お持ち帰り用お赤飯が気になっていました。お店が、食べても持ち帰られてもよいようにと用意されたと思い、これはいいアイデア、知り合いの民宿に伝えようと思っていました。今回で納得。気が利く素敵な農家さんですね。少しながら農業をしている私が見習うべきこととわかりました。ありがとうございました♪

相子さん、おはようございます♪

相子さんも学生時代は、友人が抜け出すのに協力したり、悪い事?もしていたのですね~(〃艸〃)

相子さんの話を聞いて、中学校の修学旅行で夜中にホテルを抜け出して海に行ったのが先生にバレて夜中中ホテルの廊下で正座させられたのを思い出しました( ´艸`;)

今となってはいい思い出です(笑)

当時窮屈だった親や先生の監視ですが、今から思えば、監視されている中こっそりやるのが楽しかったな。なんて思っちゃいます(;^ω^)


でも今の時代、夜中中正座させたなんてえらい問題になりますよね💦
こぶたは嫌な時代だな。なんて思ってしまいます。

有難うございます

ofujisan さん  お早うございます
皆さん苦労を乗り越えて来ました。そして心は優しいです。
痛みを知る姿勢をもっているのではと思いますね。

有難いですね

jyouganji さん  お早うございます
そうですよ。このお赤飯はとても美味しかったですよ。「おこわ」と言うような硬さではなく、食べ易い硬さでした。
それと掘り立ての新生姜も沢山お持ちになって来て下さいました。

色々としましたよ

こぶたさん  お早うございます
ハイ 普通にやりました。中庭に夏ミカンがなっていたのです。窓から降りてそのミカンをもぎ取り、出窓に並べて置いたのを舎監に見つかり、叱られたこともあります。

今の学校環境を取り巻く様々な問題は私も疑問に思っております。

旧制学校の話になるとさすがに分からないですね
祖父たちの時代?祖父たちは師範・医専とか言ってたからまた違うのかな
今の6.3.3.4で一般的に過ごす16年間ですがこの年数は変わらないのかな?

分かり難い

EGUTI YOUSUKE さん  今日は
昭和22年に学制変更がありまして、それまでの義務教育6年に中学3年が加わり義務教育となりました。
それで既に女学校に入学していた人、20年、21年の方は女学校の付属中学生となり、そこで3年せいとなり、新しくなった安房女子高校に進学。それで6年も寄宿にいることになったのです。
22年には女学校の入学は無くなったのです。
それまでは女学校や中学は小学校6年から受験して入学。小学校を卒業して社会に出る人もいましたが、小学校には尋常小学校と、高等小学校があり、中学や女学校に進学しない人の多くは2年制の高等小学校に行くのが普通でした。
中学は大体5年制ですが、女学校は4年制と5年制があり、普通女学校と言いますと4年制で高等女学校と言うと5年制です。
中学や女学校を卒業しますと、旧制では医専や大学予科とか高等学校に行き、それから大学に行きます。これらは3年制です。旧制の高等学校の多くは公立でした。いわゆるバンカラ世代です。
専門学校には医専や工専などと言う学校がありました。師範は普通は高等小学校2年卒か、中学2年修了で入れました。
大学卒までの年数は今の方が1年多いのです。
師範は優秀でないと駄目です。給費生ですから、必ず先生になったものです。
今の教育学部とは性格が違いますね。
旧制の大学は予科、高等学校3年を経てから入学し3年で卒業しました。

相子さんのお話は面白いです。
昔の生活の断片がうかがえます。
また、今回は「狸御殿」にひっかかりました。
そういえば狸御殿シリーズの映画があったなあと調べてみました。美空ひばりの作品あたりは見た記憶が・・・。
歌う・・・が2作目なんですね。
学校から行くということは推奨の作品だったのですね。

今後も色んなお話期待してます。

禁止だらけ

kazebyuさん  ようこそ
見て下さり有難うございます。
狸御殿は推奨かどうかは分かりませんでしたが、害なしと言うことだと思います。
戦時中は映画は禁止。腕時計も禁止。万年筆も禁止。そんな時代ですから、映画は学校全員で行くのを見るだけでした。
戦後はキュリー夫人だけでしたね。その後は自由に見られるようになりました。
当時は喫茶店も一人ではダメ。親とならOKです。
これが良妻賢母教育ですよ。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/2957-a896cd19

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog