2017-11

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

重なる縁

 中国語の老師は時々中国の風景や音楽。また私に読めそうな内容のニュースを送って下さいます。
 パソコンがある無しでは知ることも違いますね。勿論情報はパソコンだけではないですが、パソコンは交流を世界を広げて呉れます。
 先日は中国で漢語倂音之父と呼ばれている周有光氏の「111歳の記事」を送って下さいました。

 周有光氏の日常生活は見事なばかり。読ませて頂き驚きと同時に偉人と言っても良い方だと感嘆しました。
 1906年1月13日に生まれたそうですから、来年早々には112歳ですね。
 夫人は既にお亡くなりになっているそうですが、日常の生活は簡素、勤勉、食生活には注意をなさり、執筆も日々継続なさっているそうです。
 怒らず寛容の精神を持ち続け、真似しようにも出来ないお姿です。

 周有光氏については直接は存知上げないのですが、随分昔からその名前を目にしておりました。
 周有光氏の執筆された「漢字改革概論」を日本語に翻訳出版した橘田広国さんからお聞きしていたからです。
 
             周先生書

  橘田さんから漢字改革改革概論は頂戴してありました。

     周先生見開き  周先生文

  右の文章は橘田さんが周有光氏から頂いた自筆の自己紹介です。

 橘田さんとは長くお付き合いがあり、光明日報をお亡くなりになる少し前まで送って頂いておりました。
 光明日報は毎日北京から送られて来ていました。私はタイトルだけを眺め、それをNHK文化センター柏教室の中国語の王廼珍老師に差しあげていました。
 橘田さんは旧満州で日本人中学の教師をなさっており、山梨県の方です。
 時々お会いしますと中国話に興じたものです。
 知りあってから、10年ほど経ったある時、橘田さんが「僕の従妹に優秀なのがいてね。東海大学に勤めていたのだけれど亡くなってね。残念ですよ」と仰るのですね。あれと思いまして名前を伺いました。
 なんとその方は私と仲良しだった東海大学松前重義総長の秘書だった石原和子さんだったのです。 
 驚きましたね。その石原さんのお蔭で私は現在東海大学校友会館の東海倶楽部のメンバーになっているのです。
 老師から送られて来た周有光氏のことから橘田さんのこと、石原さんのことを思い出したことです。

 周有光氏の111歳に驚かれた方の日本語のブログがありました。それはここです。

entry_header

COMMENT

こんばんは★

はやり長生きするには、『怒らず寛容の精神』が必要なのですね。
イライラしていたらダメですよね!

でも怒らないとか、寛容な精神とかって性格もあるので、変わるのはなかなか難しいですよね…

昨日のイクラすごく美味しそうでした~!
イクラ丼食べたいです~(>▽<)
でもまだスーパーで筋子見かけてないです…

では今から、夕食作り頑張りま~す★

苦難を経験

こぶたさん 今晩は
難しいですね。周先生は色々なことで苦労を経験なさっております。そう言うこともあると思いますね。
筋子これからですね。

まだまだひよっこ

相子様 おはようございます
貴重な記事を毎日アップされていて、すごいです & ありがたいです。 相子様や紹介してくっださる中国の立派な方々から比べれば、自分の学びの乏しさを痛感せずにはいられません。いくつになっても勉強ですね。良い刺激や情報ををいつもいつもありがとうございます♪

少しでも勉強ですね

jyouganji さん  お早うございます
そうですね。出来るだけ長く頭の体操をして行きたいと思います。

驚きました!

周有光氏は「中国の国情に合わないのは共産党の方だ」「毛沢東は何も良い事はしなかった」など勇気のある発言をする人ですね。また「天国から迎えが来ないのは神様が忙しくて忘れたのだろう」とユーモアの有る方ですね。あい子さんはいろんな事をご存知ですね。感心します。

そう聞いております

いさむちゃん 今晩は
ハイ 周有光先生はそう言う方のようですね。
中国の識字率は簡体字によって高くなり、周先生の功績は凄いと思います。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/2972-bf44c816

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog