2017-09

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

私的明大昔話 4

 昭和23年 女子部と呼ばれた明治大学女子専門学校に入学したのですが、あっと言う間に後期の授業になりました。
 校舎は木造の二階建て 大きな教室は150人ほどは入れたのでしょうか。
 二階の一番西側でした。

         女子部校舎(昭和17年移転

 この教室で初めて学生大会なるものに出席し、先輩方の気迫に驚きました。
 議長は戸田(旧姓谷口)壽江さんでした。
 戦争の後の混乱期は未だ続いておりました。
 食べ物のないのは勿論ですが、色々な物が出回っておりませんでした。
 入学後 制服用の生地の配給券がクラスに何枚か割り当てられ、抽選で貰った人は学校の近くで洋服をオーダー出来ました。
 サイトーテーラーは今もありますが、その頃は明大ご用達のようなテーラーでした。
 アメリカからのララ物資も事務所から配られました。その対象は引揚者や戦災の被害を受けた方です。
  配られたものは衣類や靴などでした。それはお洒落に見えたのです。
 私は戦後の引揚者でもなく、戦災者でもありませんでしたから、欲しくても貰えませんでした。

 今明大通りと言われていますが、校舎の前の歩道には帽子屋やバッチ屋が何人も売り台を出し、学生を呼んでいました。
 角帽は態々汚したり、形を崩したり、また何か油でも塗ったかのようにテカテカに光らせて並べてありました。
 バッチ屋は明治のM形のバッチを並べています。
 万年筆屋も出ていましたね。何となく一癖ありそうな人たちでした。
 女子も角帽を被りましたよ。それも生地を持って行って作って貰う人が多かったですね。

          女子部角帽三好さん

 遠く北海道から出て来た松井映子さん(旧姓三好)はきちんと被っていました。
 胸のバッチは女子部の物で、女と言う字が書かれています。

 この年全学連が発足したんですね。秋でしたが、決起大会が開催され女子部学生は先輩のリーダーに引率され、日比谷公園まで歩きました。
 ですが、そのご何も活動した様子もなく、平穏に日が過ぎて行きました。

 冬休みも終わり、試験も済み、そして4月から始まる新制大学への移行試験が終わりました。

entry_header

COMMENT

大変そう

相子様 おはようございます☂
今回は聞きなれない言葉が多く、想像するのに必死でした。いろんなことが大変な時代だったということはわかります。でも、それも思っている以上にもっとすごかったんだと思います。時代を知って、今あるたくさんの幸せに感謝したいです。いつもありがとうございます。

敗戦

jyouganjiさん  お早うございます
日本は戦争に負け、多くの人が犠牲になり、国土は疲弊しました。
貧乏になっていたのです。
多分若い方には想像することも出来ないのではと思います。
学生は貧富に係わらず色々と苦労をしました。

角帽を形を崩したり、油を塗ったりしたのはオシャレだったのですか?
女子の角帽も素敵ですが、これもオシャレのためですか?

一番この頃が多感な時代ですよね
この時期をどう過ごすかでその後の人生に与える影響は大きいですね
その点私はダメだったな まあバイトと講義だけだったからな 別に灰色の青春とは思わなかったが時間が戻ったら何やりたいって言えば映画の若大将のような青春をしてみたいな(笑

そうですね

ofujisan さん 今日は
若いと言うことは新品はお洒落ではなく、古びていたり、使いふるしのような物や汚いのが良いのですね。わざわざ靴を帽子で拭いたりね。可笑しいですね。
女性の角帽は制服に近いような感じでしたね。強制ではありませんでしたから、私は被りませんでした。

本当にね

EGUTI YOUSUKE さん  今日は
そうですね。私もやり直しが出来ればもっと小説を読んだり、音楽を聞いたりしたいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ようこそ

鍵コメさん 今晩は
そうですね。それより少し前は確か山梨県の八巻さんが団長でした。私的明大昔話20の集合写真をご覧ください。後ろの真ん中は見覚えがありましょ。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/2982-cce6219e

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog