2017-05

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

私的明大昔話 7

 和泉校舎の1年間はどんどん過ぎて行きました。何しろ毎日が忙しいのです。
 語学は第二外国語と合わせて、毎週13時間だたっと思います。いくら1回が50分とは言いましてもね。
 
 私は授業の合間や夕方は共済部に行き、品物を売ることや、部員とお喋りにも忙しい日々でした。
 秋に第一回和泉祭が開催され、実行委員が共済部に出入りします。
 
 和泉校舎の学生会の委員長は渡部哲寛と言う商学部1組の学生でした。彼が実行委員長です。 
 彼が女子学生に仕事を無理強いしたことから、私と言い合いになり、彼が謝り、それ以来彼と親しくなり、商学部の学生とも交流を持つようになりました。
 
 和泉祭は展示中心の祭りで、食べ物や何かを販売することはしませんでした。
 ただ講堂ではのど自慢や、雄弁部の学生の発表などがあったようです。
 私の記憶ではダンスパーティーがあったことは確かです。

        和泉旧講堂411

        これは古い講堂の入り口です。 

 ドイツ語の管藤高徳先生の履く靴がハイヒールだと言う噂の確認をしようと講堂に入って行ったからです。
 暗い講堂で管藤先生は踊っていましたが、靴の確認は出来ませんでした。
 
 祭りの最後は展示品などを積みげてのファイアストームです。
 校庭に積み上げた木材やポスターなどに火をつけ、その周りを肩を組み、校歌を歌い、最後の仕上げとなる筈でした。
 それが突然ならず者の乱入で中止となり、雨も降り始めあっけない幕切れとなって仕舞いました。

 和泉祭の後の記憶には大きなことはありませんですが、思い出しますと、先生方の張り切りようは凄かったですね。
 
 そして試験も終わり、2年生からは駿河台に通うことになりました。

entry_header

COMMENT

青春ワクワク

相子様 おはようございます☀
こういうお話は、青春らしくて、勝手に映像化して楽しめてワクワクしてきます。最近は、時代なのか歳なのか、激論して仲良くなっていくことがなく、以前にそういうことがあったことを懐かしく思い出しました・・・。今回もありがとうございました♪

今は大人しくです

jyouganji さん  お早うございます
青春とは精神が柔軟ですね。今は反応が鈍くなっています。
今は思い出し懐かしんでいると言うことでしょう。

まさに青春そのものでしたね、元気でしたよね

学園祭はあまり出たことが無いんですよ
なにかああ言う騒ぎが好きじゃなかったのかなと言うより懐事情かな(笑
とにかく暇がなくて毎日が忙しい時代でしたよ

そうそう元気ね

EGUTI YOUSUKE さん  今日は
忙しくても若さって良いですね。
色々な経験が自分を鍛えて呉れますね。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/2996-1dbf8915

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog