2017-10

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

私的明大昔話 9

 女子部に入学した秋 吉祥寺の女子寮に入ることが出来ました。
 部屋代は月80円です。送金が大体3000円から5000円時代です。
 大学は自治寮として、寮生の生活には全く関知せず、寮生はそれなりに自主的に過ごしておりました。
 新聞の記事で前にもアップしましたが、寮の中では若さなりの生活を楽しんでいたものです。
 寮の周りは囲いもなく、怪しげな人も寄って来ることもありました。
 私はいつの間にか寮長のような立場になっていましたので、怪しげなことが起きたら、皆で一斉に鍋などを叩き、大声で騒ぐようにと言って置きました。
 それは実際何回かあったのですが、私は何十年も後に、後輩にそのことを言われて思い出したものです。

 ある時 学生課から警視庁に行くようにと指示がありました。呼ばれるような心当たりもありませんし、何だろうと警視庁に行きました。
 古い警視庁は入って行っただけで暗い感じです。
 小部屋に案内されました。(これが取調室かと思いました)テーブルを挟み、警視庁の警官と向かい合い、先ず氏名、住所などを聞かれました。
 いや~な気分ですよ。
 窃盗犯で検挙された男性の自供で、女子寮から下着を盗んでいたと分かったのだそうです。
 要は被害届けが出ていないと言う内容なんですね。怒られましたよ。
 でもこれっておかしいと思いますよ。大学に注意をすることで済む話でしょうに。何か意図があったのかしらと、思ったことです。

 私は昭和28年3月に卒業しましたから、寮から出て行く筈でした。ところが2月から大学に就職していたこともあり、寮のことで6月まで引っ越さないように学生課長に言われていました。 
 懸案の全体の畳替えの目鼻も付き、引っ越し先を探そうかと言う頃です。
 ある日の昼過ぎ寮生の一人が夕刊を持ち帰って来たのです。私は大学に出勤するところでした。
 その夕刊のトップに大きな見出しで「明大女子寮で~~~」と言う卑猥さを思わせる文字が出ているのです。
 私は直ぐに学生課長に連絡をしました。課長は直ぐ大学に来いと言うのです。
 そこでその日にいた寮生数人を連れて大学に行きました。
 学生課長は一人で待っていました。事情を聞き、ロッカーの扉を開け、札束を出すのです。帯で巻かれた新札ですよ。
 これで新聞を買い集めろと言うのです。課長は総長のクライスラーを用意してあり、その車に私たちを乗せて、盛り場に向けて出発しました。
 小雨の降っている日でした。池袋・新宿・上野・渋谷・有楽町などの駅前の新聞売りの人からその新聞を買い集めました。
 車に乗せては学生課に戻ります。車の数も知れている時代ですから、道も空いています。
 新聞は学生課の奥の部屋に積み上げられました。
 新聞に書かれていたことは、一時寮に入っていた女性の離婚訴訟の問題で、全く迷惑な話です。

 総長の車に乗るなんて、思いもかけない事です。札束が直ぐ用意されていたこと。新聞のこともですが驚くことばかりでした。
 
 翌日発行元の新聞社に課長と抗議に行きましたが、窓から女性が顔を覗かせただけで、抗議は出来ませんでした。
 数日後課長が起訴状を見に行こうと言い、私は裁判所に行き、課長と内容を確認して来ました。

          06年11月校庭陽だまり

 10年前の11月14日の駿河台の一角です。穏やかな風景です。今日の内容とはかけ離れていますが、良いでしょ。

entry_header

COMMENT

相子さん ご無沙汰しております。

侍だったのですね・・・・!!・・・・。笑)

今の時代、無関心、無表情、無感が多すぎますね・・・この先、この国はどうなっていくのでしょうか・・・・心配になってしまいます。

TVドラマのよう

相子様 おはようございます☆
いつも楽しみですが、今朝はよりドラマチックで食い入りました。ドラマは事実を参考にしているのですね。現実にそれらのことがあったとはびっくりです。なんだかサスペンスドラマを見た後のような気分です。ますます楽しみです🎶

若さですかね

ひげ さん  お早うございます
乙女?女猛者が多かったです。

今の若い人は自発心が低下しているように感じますね。何でしょう。社会の影響?

喜怒哀楽

jyouganji さん  お早うございます
何時も感動して頂き、有難うございます。
80歳過ぎともなりますと、人生はドラマだったな~なんて思います。

新聞を買い集めちゃうなんてできるもんなんですね。s28年って言えば私は3歳か
しかし相子さんは優秀だったんだな、私らみたいなボンクラとは違って大まじめだったんだ
ボンクラって今は言わないな 盆暗って正式には書くようですが賭博用語だそうですよ
私はそういう面白い話が無くていかんな レポ-トなどの提出物にいつも追われていたからな(笑
自分の頭脳の悪さを嘆き、ひとの頭脳の良さに感心ばかりでいたよ

優秀ではないです

EGUTI YOUSUKE さん 今日は
飛んでもないこと。可成りいい加減な学生でしたよ。
EGUTIさんは真面目で偉いですよ。
新聞は所謂イエローペーパーのような夕刊紙ですから、街頭で買うのです。それにしましても、生涯ただ一回の札びらを切った経験でしたね。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/3001-5bce6007

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog