2017-03

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

私的明大昔話 10

 戦後の生活は衣食住どれをとっても貧しさからの出発です。
 人々は必死に頑張って生きていました。
 昭和25、6年頃はまだまだ貧しかったですね。
 鞄が買えなくても、ブックバンドで本を縛るのがファッションのようになっていました。
 貧富なんて大体話題になりませんでした。
 誰もが似たり寄ったりの生活ですからね。勿論裕福な学生もいましたよ。毎日ラドリオに行く人もおりました。
 
 駿河台は空襲の被害を受けることがなく、大学の中のあちこちの小さな部屋に教職員が住んでいました。
 それは和泉でも生田でもそうだったのです。
 当時復員してきた教授や焼け出された教職員などですね。
 
 山の上ホテルはGHQに接収され、米軍の婦人兵士の宿舎になっていました。
 彼女たちは肩にショルダーバックを掛け、軍服を纏い颯爽とあの坂を下りて来ます。背筋が伸びているのが印象的でした。
 大学の向い側に主婦の友ビルが建っておりました。そこも接収されており、同じく女性軍人の宿舎になっていました。
 
 クラスの男子は向かいの主婦の友ビルの窓から下着姿の女性兵士が見えると騒いでおりました。
 それがいつの間にか兵士の姿は見えなくなっていました。任務が終わたのでしょうかね。

 当時の学生にとって娯楽の一つは麻雀です。休講になりますと、直ぐに仲間が出来、雀荘に行っておりました。
 六大学野球の応援も熱が入っておりましたね。
 クラスの男性でダンスに熱中している彼は、教室の中を歩くときもステップを踏んでいるような歩き方をしており目立ちましたね。
 図書館は狭く、椅子取りが大変で、女子寮の熱心な学生は、弁当を二食分持って行って頑張っておりました。

 クラスの飲み会 コンパなんて言っていませんでしたよ。飲み会は新宿の居酒屋のような所でありました。 
 会費は300円位ですね。飲み会にビールが出ると情報が流れて来ますと「今日はビールが出るってよ」なんて興奮したものです。
 教室は足りなかったようで、ぎゅう詰めの時もありました。
 一号館の階段教室は割合ゆとりがありました。多分合同授業ですから、出て来ない学生が多かったのかも知れませんね。
 試験前になりますと、廊下に立ち開いた窓から顔を出して授業を聞くなんて風景もありました。

 大学祭は展示が主でしたね。記念館講堂では今でいうイベントですね。私は殆ど見ておりませんでした。

 今日から三日間 生田校舎で生明祭と言うお祭りだそうです。昔は生田祭と言われておりました。
 1963年11月22日 ケネディ大統領が暗殺されました。私は長女を連れて妹と3人で生田祭に行くので、新宿駅に行き、そこで号外を見て驚きました。当時の生田祭では屋上でジンギスカン鍋を囲み学生も、教職員も一緒にビールを飲み楽しんだものです。
 今の生明祭ではアルコールが禁止だそうですが祭りの規模は大きいですね。

        駿河台校舎2
      写真は明治大学史資料センターから提供

entry_header

COMMENT

明日、生明祭に行ってきます。雨が心配です。

今も近隣の方に足を運んでいただくお祭りになっています。
収穫祭の一面もありますよね。

良いですね

wada さん  今晩は
行ってらっしゃい。ご苦労様です。
盛り沢山なお祭りで、さぞ賑やかなことでしょうね。

こんばんは

相子さま お元気ですか?

 我が母は 昭和4年生まれ! 
 戦中に父が亡くなり 母と妹と3人で苦労したようです、
 
 私が小学校の頃 はんてん 着てる子や 
 弟妹を 学校へ連れて来る子もいました、

 黄色いご飯を見て びっくり!粟ごはんでした、
 食べてみたくて 母に 作ってもらいました、
 美味しいものでは ありませんでした、 

 懐かしい思い出です、 たか 

反省

相子様 おはようございます☁
風がきついです。
子どもの頃は貧しくて、食べ物やおもちゃ等々を探したり工夫したりしました。おかげで子供の頃の思い出は生き生きしていて色濃いものです。今は豊かな時代でありがたいです。ところが不満を言ったり愚痴を言ったり・・・残念な自分です。相子様のブログのおかげで反省できます。猿と一緒で反省だけなのですが。いつもありがとうございます。

相子さん、おはようございます♪

戦時中、戦後を生き抜かれた方は私達には想像も出来ない様なご苦労だったんだろうなと思います。

しかし、うちの祖父母を見ていても思いましたが、昔の方って心が豊かだなって感じます。
心が強いですしね!
とても貧しい時代や苦労があったからだと思います。

常日頃から、今の恵まれた世で暮らせているのは当たり前の事じゃないと自分に言い聞かせてはいますが、日々の暮らしの中でついつい忘れてしまう事があります。

しかし相子さんのブログを読むと、はっと気づかされる事が多いです。
今日も朝からこの平和な世にいられる事を感謝する事が出来ました!
ありがとうございます☆

大変でしたね

たか さん  お早うございます
昔の日本は国として貧乏でした。
庶民は苦労が多く、衣食でも今と比べますと想像も付かない日々でした。

踏み台

jyouganji さん  お早うございます
ハイ 昔は一所懸命に過ごしていましたが、豊になるに従い、気が緩んで来ています。
ですが何事も反省、勉強することで、自分を鍛えて呉れます。

恐れ入ります

こぶた さん  お早うございます
戦中戦後の苦労を知っている人間は少なくなっています。
時にはアップして残したいと思っております。
何か起きると戦争よりましだと思うのですね。

昭和末期から平成初期にかけて、主婦の友ビルにある印刷会社に勤めていました。そこが女性兵士の宿舎だったとは!

近所に安い天麩羅屋のチェーン店(いもや?)が並んでいて、学生たちと一緒に昼飯を食ったものです。今は1軒もありませんね。ロシヤ料理屋もあったけど、どうなったのか。

以前のビルです

直大さん  今日は
そうでしたか。あなたの入っていたビルは建て替えられたビルなんです。
昔はビルと横の庭園の中に結婚式場があり、緑もあって良い所でした。
いもやは無くなっているようですね。
ロシア料理のサラファンは今もある筈です。

私らの頃はもうそういう時代じゃなかったな
学園封鎖とか迷惑な事ばっかりするのがいて腹が立ちましたよ、私は田舎出身でしたので学生の本分は学習に有りと思っていたので腹立たしかったですよ
中にはいろいろなのが確かにいましたよ

色々ありました

EGUTI YOUSUKE さん  今日は
そうですね。学園紛争華やかな頃もありまました。
私たちの世代はチョと変わった人もおりましたが、我慢強かったですね。

大変な時代でしたね。
こんな時代を生きるのは嫌だとは思いますが、
皆が一生けん命に生きて、一生けん命に楽しんで、
不思議な力強さを感じたりしています。

助け合い

ofujisan さん  今日は
ハイ 時代ですね。そんなことですから、今も仲良しですよ。
何かあれは直ぐに伝わって来ます。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/3003-381d40d7

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日85歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになりそうです。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog