2017-02

« 12345678910111213141516171819202122232425262728»
entry_header

私的明大昔話 12

 3年生になった頃、時々クラスメートが何人も入っている「法律問題研究部」と言う部室に寄りました。
 場所は記念館の後ろの廊下のような場所から2号館の入り口へと繋がっている場所の一角にありました。
 廊下を挟んで何部だったか覚えていませんが、社研と言う多分「社会学研究部」等の部室があり、通称レッド横丁と言っておりました。写真の右に出口が見えます。

       2号館出口

       写真は明治大学史資料センターから
 
 法律問題研究部は出来立ての部だったと思います。部長は後日「高崎経済大学の学長」になられた三瀦信吾先生でした。
 その部で夏休みに岐阜市で模擬裁判をすると決まったのです。そこで部員でもない私に被告人の母親役をやって欲しいと言うことで、岐阜まで一緒に行きました。どういう訳か、野間繁先生も一緒に行きました。
 法律問題研究部は今も公認クラブとして名称が大学HPで見られます。どういう形で継続されているのでしょう。

 3年生の終わりか,4年生の初めの頃だと思いますが、大学の鈴木理事から生田校舎に女子寮を作って上げるからと、寮の主だった数人で鈴木理事と生田校舎に行きました。 
 生田校舎はまだまだ整備されてなく、空き地は草ぼうぼうと言った感じで、元の兵舎を使った建物も多く、ビックリしました。
 鈴木理事は立派な女子寮を建てるとその構想を説明して呉れました。夢が膨らむ話です。
 ですがそれは何も実現しなく虚しくお終いを迎えました。鈴木理事が亡くなったこともありますが、あだ名がほら吹きスズケンと呼ばれていたことを後で知り、その所為かなとも思っております。

 大学祭は寮にも及び、男子寮の堀切寮や生田寮などでも寮祭が行われ、女子寮にも招待状が届き、堀切寮に表敬訪問をしました。
 堀切寮は料亭を買い取ったような建物で、広い和室で寮生が余興をしておりました。何だか汚らしく感じたことです。

 4年生の秋から冬へと向かった時期だったと思います。
 ある日学生課長から呼び出しがありました。課長に会いに行きましたら「女子寮は寮祭をしないようだから、これで何かやりなさい」と500円を人数分下さると言うのです。
 女子寮には広間もありませんし、皆で何かをすると言う雰囲気もありません。そこで私は「何に使っても構まいませんか」とお聞きしました。課長は「自由にしなさい」との返事です。
 私はそのお金を持ち帰り、皆さんに相談しました。結論はどこかで食事会をしましょうとなったのです。
 偶々吉祥寺の田舎の知り合いの魚屋の前に料理屋があり、魚屋のおっさんに話して貰い、その料理屋で全額使い切りました。
 500円と言うのは使い出がありましたね。皆で大騒ぎをしました。全員輪タクでの帰寮ですよ。

 後々考えるに、私は領収書を書きませんでしたから、課長が自由裁量で使えるお金ではなかったかと思っていました。
 深く考えれば、私は買収され損なたのかも知れません。怪しげなお金だったと思いますね。
 
 こうして色々とありながら大学も終わりを迎える頃になっていました。
 
entry_header

COMMENT

私よりも青春を謳歌してましたね
やはり私は昔から忙しすぎたんだ。
いや違うな 都会のセンスについて行けなかった田舎者なんだな(笑
なんか大きな忘れ物をしてきた感じですよ

真面目が一番

EGUTI YOUSUKE さん  今晩は
矢張り真面目が良いですよ。
私は何だかダメでしたよ。真面目が足りませんでしたね。

太っ腹

相子様 おはようござま
北風ふく寒い朝です。昨日は揺れを感じられたのでしょうか。災害がどこにも起こらないことを祈るばかりです。
私たちの若いころは、職場の上司や先輩がおごってくださるのが当たり前。しかも、一次会二次会、三次会も全員参加で。芸者さんのいる宴会も経験させていただきました。財布がでかかったのか、もう一つ財布があったのか分かりませんが、財布も気持ちも太っ腹だったと思います。人のために財布も気持ちも使ってくださったような・・・。感謝しています。先輩にも時代にも。

良かったですね

jyouganji さん  お早うございます
上司が全部とは言えないでしょうが、良い上司に恵まれていたのですね。
私はそう言う経験は殆どありませんでしたね。
地震は揺れましたよ。

相子さん おはようございます。

いい時代ですね・・・おらももう少し早く生まれたかったです・・・・・・・。

良くも悪くも

ひげさん  今日は
ハイ 色々とありましたよ。
大らかでもあり、いい加減でもあり、向こう見ずでもあり、それなりの良い経験をしました。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/3007-23c4c6d1

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日85歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになりそうです。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog