2017-03

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

里芋の煮方と海人草の話

 つい先日、里芋の大きさで旨さが違うことを発見したのですよ。
 ロピアで立派な里芋を買って来て煮ました。それがどうも自分の煮る何時もの物と食感が違うのですね。
 そこで違う日にまた里芋を煮ました。

     里芋・人参・隠元  里芋煮

 里芋は何時もの大きさのを煮たのですね。そうしましたら美味しいのです。
 私には大きいのは上手く煮られないと分かりました。鶏卵位のほどほどと言うのが良いようです。


 昨日三浦謹之助先生のことを良く読んでいましたら、先生の業績の一つに海人草による回虫の駆除のことが出ておりました。
 私の子どもの頃は回虫は極普通に人の体に寄生していたのですね。
 中國青島の小学校では時々海人草を煎じて生徒に飲ませていました。

              2010年4月8日一小校庭

 これは2010年4月8日に私が訪問した時の小学校の中庭です。青島第一日本小f学校には大きなグランドや、中庭とグランドの間にも校庭がありました。
 でこの中庭は朝礼や生徒の集まる時には使われておりました。当時はアカシヤの樹が植えられており、夏は日陰になり、暑さ避けにもなっておりました。
 この庭に大きな台が置かれており、その台の上に生徒の持って来た湯呑茶碗やコーヒーカップに熱~い熱~いドロッとした海人草の液体が注がれているのです。
 生徒はそれを一所懸命に飲むのですよ。子ども心にもこんな不味いものが世の中あるのかと思ったものです。不思議な位の不味さと飲み難さですよ。
 生徒は片手で鼻をつまんで飲んだものです。久しぶりに海人草の字を目にして思い出しましたよ。

entry_header

COMMENT

海人草

こんばんは☆彡

何て読むのか分からずまたまた調べました(笑)
何かいかにもマズそう…
そして、味よりも何よりもドロッとって言うのが気持ち悪いです( ;・艸・)
こぶたなら鼻をつまんでも喉を通らない気がします💦

里芋美味しそ~(≧▽≦)
人参の色鮮やかですねー!金時人参ですか?

相子様 おはようございます
旬の食材は美味しいですね。それだけでも美味しいですが、大きさや切り方の工夫でさらに美味しくなんですね。これから、気にかけてみようと思います。
最近のCMには、除菌や消臭やのものが多すぎる気がしています。衛生的に無菌状態で生きるより、たくましく生きるほうを優先する世の中ではないのでしょうかねえ~。土を素手で触れない人が、田舎でも増えています。あ、生意気にすみません。

嫌ですね

こぶた さん  お早うございます
虫下しは昔の人は知っておりますが、今は肥料が進歩していますから、多分回虫なんて天然記念物かもしれませんね。
それは不味い最たる物でしたが、戦時中は我慢して飲まなければならない環境でした。
時代で仕方がなかったですね。

人参はそうです。

耐性が衰え

jyouganji さん お早うございます
益々人々は無菌状態を目指すのでは思っています。
私は雑菌にも耐えられる人間でありたいです。
中國でコレラの流行も経験していますからね。

切り方で味や食感が違いますね。色々と試して見たいです。

寄生虫か 小学校の低学年の頃は検査が有ったような気がしますよ
海人草なんて飲まなかったようななんか錠剤をのんだ気がしますよ
回虫・蟯虫・サナダムシとか標本で見たが気持ち悪い虫が体の中にいたもんだと思いましたよ
1節によれば寄生虫も健康に役立つって様な話も近頃ありますよ

サトイモ確かに小さい芋の方が美味しいように感じますよ

今や過去の話?

EGUTI YOUSUKE さん  今日は
そうですよ。気持ちの悪いものですね。
娘たちが小学校の時は、学校に便を持たせましたし、蟯虫の検査のために、家で検査用紙を使い、学校に持たせました。
最近は検査もしてないような感じですね。

里芋同意見ですか。私は最近気がついたのですよ。

2つの里芋を、どちらか1つをどうぞと言われたら迷わず大きいほうに手を出すでしょうね。ほどほどがいいのですね。

海人草なんて素敵な名前なのにそんなにひどいものなのですね。
寄生虫はもしかしたら一緒に生きてゆけるもののような気がしています。

見た目ではね

ofujisan さん  今晩は
ハイ 里芋ね。ですからこれからは気を付けてと思ったおります。

寄生虫もサナダムシのような害をもたらすものもいますからね。難しいですよ。

虫下し

虫下し、思い出します。あの時の皆々の顔。最近のことはすぐ忘れるのに昔のことはなかなか忘れません。コレラの予防注射もありましたね。街では中国人対象で、当時の中国人は不潔の人が多かったですね。次々と思い出します。

そうですね

いさむちゃん   今晩は
思い出しますでしょ。あの不味さね。
絶対あなたは覚えていると思っておりました。
コレラの予防注射は2回打ちますね。首から証明書をパス入れに入れ、首から下げて歩きましたね。
あの頃の中国人は手鼻をかむので、その手の指をアカシヤの幹で拭き、その高さはピカピカ光っていました。思い出いますよ。
家のアマは注射を怖がり、注射をする時、母が連れて行くのに苦労していました。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/3033-32aae355

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日85歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになりそうです。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog