2017-03

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

今日の一品と莢豌豆の話

 朝の煮物ですが、時間が足りないな~と思うことがあります。
 そう言う時に煮るのが大根の簡単煮です。

       大根と人参・さやの煮物

 出汁があれば直ぐに出来ます。鍋に調味料と出汁を入れて煮立てます。
 そこに皮むき器で削った大根を入れて煮るだけです。ただこれは大根が美味しくないと駄目ですね。
 何時でもとは言えません。
 今日は人参と莢も加え、野菜だけの簡単煮です。

 莢豌豆ですが、和食のお店などに行きますと莢の先に白い髭のような物が付いています。

       サヤエンドウ筋取り

 私はあれがどうも気になるのですね。新鮮さを表すためなのか、形を綺麗に見せるためなのか。
 色々とあるのでしょうね。私はあの髭も周りの筋も綺麗に取ってあるのが好きなんです。
 筋を取った莢豌豆を良く洗い、袋や容器に入れて保存し、入用な分だけ出して使います。

 戦後の食料難の頃、女学校の同級生のお父様が嶺岡牧場の近くの牛乳加工の工場長さんでした。
 ある時、同級生の彼女がバターを家から持って来て下さったのです。
 そのバターで母が莢豌豆を炒めて呉れたのです。何年振りかのバターの香り。あのことは忘れられません。
 母がお礼にとワカメを用意して呉れました。
 昨年彼女とお会いしました時、このことを話しましたが彼女は全く覚えておりませんでした。
 私はどれ程有難かったかと彼女に伝えることが出来ました。会えて良かったです。

entry_header

COMMENT

こんばんは。

いろいろ気になるのですね^^
私はずぼらなのなのと老眼も重なって、
そのまんまです。

バターといえば子供の頃、うちの近くが進駐軍将校の邸宅地になり、通りかかると今まで嗅いだことのない匂いがしてきました。
ひとつは珈琲、またバターの匂いだったのですね。
当時、小学校ではアメリカの人に出会ったら「はうどーゆーどー」と言いましょう、なんて教えられたものです。
相当齢を取った男先生でしたが、
もしかしてちょっと前の戦争中は、「鬼畜米英」と教えていたのでは?
中学でいろいろ教わるようになって、
そう思うようになりました。

夜分遅くにお邪魔してます♪

こんばんは☆彡

カブとかも料理屋さんとか飾りで茎の部分を少し残してたりしますよね~
あれも繊維がすごくて嫌なんですよー
こぶたも見た目より食べやすいさ優先なので相子さんと同意見です!

と言いながらも、こぶたも先日カブの茎つけたまま調理しましたが(^▽^;)見た目重視で(笑)
ブログ的にです!笑
食べる前に取り除きますよ(*`艸´)

バターって全然味違いますよね!
牧場のとかすごく美味しそう(≧▽≦)

色々とありました

NANTEI さん  お早うございます
ハイ 何かと思い出します。
私は中国時代母がクッキーを作ったりしていましたから、バターは本当に嬉しかったでです。
戦中は中国にいたと言うことで女学校で虐めに会いました。それも教師からですよ。嫌な時代です。

そうそう

こぶた さん  お早うございます
ハイ 私も蕪のあの葉の付いたのは嫌で、漬物も完全に落として切りますよ。味噌汁の時もそうです。

その頃バターを知らない人が多かったです。
貴重品でした。

相子さま、こんにちわ

私もさやえんどうはしっかり筋を取ります。あの白っぽいひげのようなもの気になりますよね。

昭和30年代、父が進駐軍で働いていたのでバターやコーラは身近にありましたが、それでも貴重品でした。

こんにちは
朝の中国体操の指導をしてくださる中国の方に、なぜ餃子を作ったかというお話と相子さんがNHKでチャイナドレスの先生だったお話をしましたら、驚いて、そしてたいへん喜ばれていました

私もお豆は筋と髭を撮ります(#^.^#)

「鍋物をする時、ピーらーを使うとすぐ煮えて楽なのよ」と友人に教えたことがあります。
これはいい、これはすごいと思った以上の反応に、受け売りの私は照れ臭くてこまったことがありました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

気になりますよね

daniel mama さん  今日は
矢張りそうですか。きっとそう言う方多いと思います。

PXと言うのがありましたね。珍しい物が手に入ったのですね。

感謝!

Hulahulaさん さん  今日は
それは嬉しいことです。覚えていて下さり感激です。
また作って下さいね。

広めて行きましょう

ofujisan さん  今日は
良いことは皆に、美味しい物は仲間で、何時もそう思って澄ましてやりましょう。

早速に

鍵コメさん 有難うございます。
どうぞ宜しくお願い致します。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/3102-fbe243c8

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日85歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになりそうです。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog