2017-05

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

季刊明治が届きました

 季刊明治74号が送られて来ました。
 明治は遠くになりにけりと人は言いますが、私は勝手に明大應援團で、変わらず応援しております。 
 だから送って下さると言うことではないのですよ。37年間勤めた人間ですから送られて来るのです。
 今回は今までの物と少し変わって明るい表紙になっています。

     季刊明治74  季刊明治74-1

 見開き1ページは公式キャラクターの「めいじろう」が並んでいますよ。

 年々新しい大学の様子が見られるのですが、老人にすれば確かに「明治は遠くになりにけり」の言葉も出ようと言うものです。
 表紙に今回から新連載として「相談室の窓から」が紹介されています。

            季刊明治相談室

 1959年に学生相談室が開設されてからの道のりを思う時、このような記事に出会うと感無量になります。
 学内で認知された婚外婚の子どものように、認めては上げますがと言うような学内事情。正式な組織としてキチンと整備されなかった長~い時間。
 今は時代の要請に応えることが必要なことにはキチンと対応もすると言う体制が出来上がっているのですね。
 
 新学期が始まりました。新入生にチラシを配る必要もありません。大学生活への手引きも用意されています。

            相談室応援BOOK

 この冊子には日常生活で必要な情報や一人暮らしの指針など、沢山のことが集められております。
 このような冊子も用意される時代。大学の施設も至る所で見ることも利用することもが出来ますから、学生は大いに利用して欲しいと思いますね。
 
 話は変わり、去る五日に大岡信先生が逝去されました。

          大岡先生

 先生は1973年、74年に学生相談室の相談員をなさっておりました。
 大岡先生は当時法学部教授で、週一回学生の相談を引き受けておりました。
 私がお目に掛かる時は相談室会議と毎年開催される相談室セミナーでした。
 会議の時もセミナーの時も穏やか姿勢を崩さず温厚な先生と言う印象が強く残っております。
 セミナーでの最後の夕食後 毎回一部屋に集まり、アルコールも入り、自由な気持ちの良い時間を過ごしておりました。
 大岡先生の浴衣姿を思い出します。大岡先生は大柄ではありません。
 記憶に残っている先生のお話しは交友のある方のエピソードですね。ユーモアのあるお話しでした。

 大岡先生が相談員をなさっていた時期 相談室には著名な先生が何人もいらっしゃいました。
 芥川賞を受けた三浦清宏先生祖父江孝男先生鈴木武樹先生など、立派な大勢の先生方が相談室を支えて下さっていました。
 
 大岡先生が参加された第12回セミナーの時、講演をお願いしたのは経営学部の山田雄一先生でした。
 大岡先生と山田先生は旧制沼津中学・旧制一高・そして東大とず~とご一緒なんです。
 それはこのセミナーの時に私は知りました。
 
 思い返しますと、最後の夜の懇親会では先生方も畳の上で寝そべったり、くつろいで過ごしたものです。そして時には家族の自慢話も出たりしましたね。

 何時もお茶くみでしたが、恵まれた環境だったことに感謝をしております。
 
entry_header

COMMENT

嬉しい記事を拝見しました。
拙文を取り上げていただきありがとうございました。
先日は学長スタッフ研修会で「相談体制の充実」というお題で報告発表をさせていただきました。
開設当時の先輩方のお陰と感謝しています。

こんばんは♪

前から思っていたのですが、相子さん明治大学にお勤めだったのですね~
しかも37年間も勤められたとは!
さすが色々な事をご存知のはずです✨

めいじろうも可愛いですね(≧▽≦)

ご苦労様です

和田さん  今晩は
世間で起きる問題の芽はいち早く学生の相談に出て来ますね。厳しい時代で大変でしょうが、頑張って下さい。
ブログを見ていて下さり有難うございます。

人生の半分

こぶたさん 今晩は
ハイ 学生時代と合わせると42年になります。今85歳ですから半分は学生と一緒でした。
めいじろう可愛いでしょ。

大岡先生と山雄先生

相子さん、こんにちは。私のところにも季刊明治届きました。ところで、明治大学法学部では国語が必修科目で、担当が大岡先生でした。偉い先生が教えていたのですね。法律や判決文を読んだり作ったりするには国語の勉強が必要だったのです。山田雄一先生、通称山雄先生が経営学部長に就任されたとき、水越研究室でお祝いをしょうということで、水越先生から趣向を凝らすようにいわれ、池袋のバニーガールのいる店で派手に開催したことを思い出しました。

そうですね

寺門孝彦さん  今日は
大岡先生は国語担当でしたね。偉い先生に教えて頂いたこと、思い出している方も多いことでしょうね。
山田先生が茨城大学から明治にお出でになられた時、直ぐに相談室にお見えになりました。相談員にもなられ、色々と教えて頂きました。また学長になれた時、仲良し数人でお祝いをしました。以来ず~と長くお付き合いさせて頂きました。祖父江先生とも一緒に退職後も時々一献傾けたものです。
山田先生の持ち歌は「旅姿三人男」でしたね。お聞きになられたでしょ。思い出一杯です。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/3148-f034d187

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog