2017-10

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

クコのこと

 南房総の地は冬でも温かく、特に房総半島の先端辺りは無霜地帯と呼ばれています。
 冬でも滅多に霜が降りません。雪でも降ろうものなら大変です。寒い寒いの連発です。
 父から「冬暖かったら大変」だと叱られたものです。
 女学生の頃、春になりますと、クコを摘みに行きました。
 クコの生えている所は良く分かっております。
 毎年同じところに生えているのです。クコの株は少しづつ育ち、大きな株になって来ます。
 
 若い葉は摘んで茹でてお浸しで食べたり、時々は胡麻和えで食べたものです。
 梅雨になりますと、株の根元からアスパラの細い物のような真直ぐな瑞々しい茎の新芽が出て来ます。
 その茎の太い物は美味しくて、クコ摘みは梅雨時の楽しい時間でした。人より早く摘みに行かねばなりません。
 子どもなりの判断をし摘みに行ったものですよ。
 楽しいと言いましても、そのもとにあるのは食料確保です。食べられる物は何でもと言う時代でした。
 日本に帰って来てからは、山に桑の実を摘みに行きましたよ。
 口元が紫になってね。
 ブラウスのポケットにそのまま入れてね。すっかり汚して仕舞ったこともありました。
 何も味のしないツバナを土手で引っ張り、食べたりもしました。そうそうスカンポも食べましたね。
 クコの外に田ぜりを摘みにも行きましたね。

 最近はクコの芽は摘めませんが、クコの実はネットで買って食べています。
 いろいろな物にチョッと載せたり、蜂蜜に漬け込み口寂しい時に、2,3粒口に入れたりしたりと、楽しんで食べております。

         クコ載せじゃやが

 これは新じゃがを細く切り。鶏油とサラダ油を合わせて炒め、塩胡椒を振っただけの物に、蜂蜜漬けのクコの実を散らした物です。
 ミスマッチかもと思いながら作って見ましたのですが、ジャガの塩味と合いとても美味しく感じましたね。
 夫も思いも掛けず気に入ったようで、良く食べて呉れました。クコの甘さが全体の味を優しくして呉れたのです。

entry_header

COMMENT

こんばんは~♪

相子さんは、クコの実若い時から慣れ親しんだ食べ物だったのですねー
こぶたは全く親しみのない食材だったので、杏仁豆腐に乗っていてもよけていました(^^;)
あの食感が苦手で…ちなみにレーズンも苦手です💦
食感似てませんか?笑

でも、クコの実ってすごい栄養価があるようですね!
これからは杏仁豆腐の上のやつ位は食べるようにします(* ´艸`)

クコの実

杏仁豆腐にのせるくらいしか利用方法を知りません。
ジャガイモと炒める。。。やってみます。

似ていますが

こぶた さん  お早うございます

ハイ レーヅンの食感に似てはいますが、食べ方は色々とあります。

身体にも良いと言われておりますので、機会があれば召し上がって見て下さい。

食べ方色々

酔華さん お早うございます

これは偶々作って見たら美味しくて、私も意外性に驚いたのです。

豚スペアリブのスープに木耳などと一緒にクコの実も入れます。

サラダにも良いですよ。炊き込みにも良いようですが、作ったことはありません。

自生のクコ

自生のクコ
昔は、不老長寿と関係なく、食べることのできる野草として普通に利用していたのですね。
今は知らない人ばかりです。
購入したクコの実は大粒、改良された品種ですね。ときどき見かけるようになりました。
草々

今も食べます

ささげくんさん  今日は

実家の方では今でも摘んで食べています。

海岸にも山の尾根の日当たりの良い所にも生えています。

このクコの実は中国ウイグル地区の物です。

くこの葉をお茶にしようと思い植えたのですが、まだ小さくて可哀そうで摘むことが出来ません。お浸しにすることは知りませんでした。
実がつくといいのですが。
根元から出る新芽と言うのを、是非たべてみたいですね。
楽しみが1つ増えました。

お茶は大変ですね

ofujisan さん 今日は

お茶にするには大量の葉が要りますね。

茎から新芽の細い枝が出ますでしょ。それを枝のまま摘み、茹でるとお浸しに出来ます。

根元から生える太い枝は軟らかくて美味しいですよ。でも広い場所でないと出ないかも知れません。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/3211-47745ee0

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog