2017-09

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

枇杷を頂く

 6月になると枇杷が届きます。「千葉縣の枇杷」は有名です。
 今年は天候が悪く、「房州枇杷」の出荷が遅れているそうです。
 そら豆と言えばそら豆となるのですが、枇杷にもその傾向があります。

 土曜日 生徒さんから自宅の庭で捥いだと言う枇杷を頂きました。

      枇杷小粒

 これは小さくても甘い枇杷です。父方の祖父の家にも生っており、季節が来ると捥ぎに行ったものです。
 来ていた妹も喜び半分頂いて行きました。

 そしてその日の夕方 富浦の農家の方が育てた枇杷が紙を被ったまま沢山届きました。

      枇杷袋

 JR内房線に乗り富浦を通過する時、枇杷山が目に入って来ます。千疋屋の看板も自店の枇杷山に立てられています。
 昔々からの懐かしい風景です。
 枇杷に被せてある袋は新聞紙を切ったものでした。
 
 頂いた枇杷の袋は新聞紙ではありません。特別な紙です。日に当たる表は渋い鼠色ですが、裏は黒いのです。
 紙を被せると枇杷に傷がつかず、虫にも食われず、黒い色が温かくなり、枇杷の熟成に良いのだそうです。
 何十年も袋を被った枇杷を見ておりませんでしたの、驚きました。

 そして日曜日の朝 妹から大きな房州枇杷が2箱届きました。

      枇杷3L

 今年は雨が多かったそうで、出荷が遅かったのだそうです。枇杷農家は大変だったそうです。
 それでも立派な枇杷です。 秀の3Lです。自分では買えません。毎年送って貰い美味しく頂いております。

 女学校の時、富浦のクラスメートの家にお呼ばれした時、枇杷を自分でもぎ取り、木の上で食べた枇杷の美味しかったこと。
 枇杷はもぎたてが一番だと思ったことです。お土産に沢山頂き、帰宅。
 忘れられない思い出の味の一つが 枇杷です。

entry_header

COMMENT

綺麗なビワ✨

おはようございます♪

高級そうなびわですねー!
びわって体にいいらしいですねー(*^-^*)

こぶたは過去に数える位しか食べた事ありません💦
しかも大昔!
小さい頃、祖父母が食べていて、それを少しもらった記憶がある位で、どんな味だったかも忘れました(>_<)

そうらしいです

こぶたさん  お早うございます

ハイ 綺麗な枇杷でした。

枇杷の葉は色々な形で利用されています。健康のためや、治療のためにも使われているようです。
友人は葉を使う温灸?のようなことをやっていました。

枇杷はもぎたてが一番

>枇杷はもぎたてが一番だと思ったことです。お土産に沢山頂き、帰宅。
 忘れられない思い出の味の一つが 枇杷です。

〇枇杷はもぎたてが一番ということ、本当にそうだと思いました。
 今年は豊作、菜園で捥ぎ立てを食べ、楽しむことができました。
 このような年が毎年はないのが残念です(笑)。

そうですよ

ささげくん さん  お早うございます

あの時の味には子どもながら驚いたものです。

自宅に枇杷があるとは嬉しいことですね。

ビワは昔、家の庭にあったのを取って食べたくらいの記憶が・・・
でも、今は高級なイメージです。
綺麗なビワですね。

ビワは、ちゃんと今の時期には効能もしっかりありますので、ありがたいですね。

暖かい所は果物が豊富でいいな~って本当に思いますよ
柑橘類は絶対に当地じゃ無理ですから
千葉はビワ多いですね あの大きな種がもう少し小さければ尚よい果物ですよ

皆で食べています

koh さん  お早うございます

毎年この時期には枇杷が届きます。

娘たちにも分け、確り頂きます。

矢張り良いのですね。良かった。

そうですね

EGUTI YOUSUKE さん  お早うございます

千葉縣はイチゴも沢山取れますしね。

イチジクも出荷されていますよ。

県で開発された種無しの枇杷もあるのですが、未だ普及していません。
種はほんとに大きいですね。

自宅の庭でびわがとれるなんて素敵ですね。
私は山で暮らすことに決めたとき、果物をたくさん作ろうと思いました。
ところが果物は標高800メートルを超すとみが出来ないと聞きがっかりしました。

手間も掛かりますがね

ofujisan さん 今日は

生り物が見られると言うのは良いですね。

折角の願いが叶わず残念でしたね。

祖父の家の庭には、枇杷の外に柿、イチジク、金柑、サクランボ、アケビなどあり、楽しかったです。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/3219-23759ca3

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog