2017-10

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

台湾からの便り その1

 台湾の台北市に住む林偉烈さんからLINEで沢山写真が送られて来ました。
 林さんは明治大学を卒業 大学院に進んだころ実験助手をしておりました。
 私との交流はその頃からで、既に30年余りにもなっております。
 信義誠実を体現しているように感じるその人柄に私はとても信頼しております。
 日本には毎月のように出張して来ますが、東京にお見えになると、時には時間をやりくりし私に会いに来て下さいます。
 何時ぞやは奥様も一緒に柏まで来て下さいました。
 私は彼の仕事は多忙なんだろうと感じております。
 忙しい彼の台北の住まいは桃園空港に近い閑静な住宅街にあります。出張には便利なようです。
 
 何かと計画的で、実行力のある林さん なんと1年がかりでご実家に近い嘉義県に家を建てたと言う知らせを頂いたのです。
 台湾各地は35度前後の暑い日が続いているそうです。農村地帯のようで家も家の周りも広々としております。

     林さん1  林さん2

 部屋も広く、落ち着いた設えで感じよく、既に2週毎に台北から行かれているそうです。

     林さん8  林さん11

 家の周りは農村らしく畑も見られます。周囲に高い建物もなく、昇る旭日も良く見えるそうです。

     林さん3  林さん7

     林さん5  林さん6

 彼の家族は公務員の奥様とご子息2人 4人家族ですが、家族は皆さん優秀で、それぞれそれなりの立派に過ごしております。
 台北に行きますと必ず家族で食事に招待して下さいました。良い家庭ですね。

 嘉義の家に遊びに来て下さいと嬉しいお言葉を掛けて下さっていますが、とても無理ですね。
 こうして写真を見せて頂き、彼の生活の一部に触れることが出来て嬉しく思っております。

entry_header

COMMENT

嘉義

相子さんご無沙汰しています。嘉義と聞いて思わずコメントを思いつきました。40年前に立ち寄った思い出の地ですが、あまり変わっていないようですね。4年ほど前に台湾映画「KANO~海の向こうの甲子園」という映画を見て、再び訪れてみたいと思っていました。1931年、戦前の日本統治下で、嘉義農林学校という名もない田舎の高校が台湾代表として甲子園に出場し決勝まで進んだ実話をもとにした感動映画でしたが、それ以降日本人の観光客もたくさん訪れているようです。

素晴らしい外国の友人ですね。

>こうして写真を見せて頂き、彼の生活の一部に触れることが出来て嬉しく思っております。

〇素晴らしい外国の友人ですね。
 台湾の人は中国人のようで中国人にない日本的な優しさがあり、いつも素晴らしい民族と思っています。

有難うございます

Yantian さん  お早うございます

ハイ 嘉義農林の話は子どもの頃聞いたことでした。
嘉義と言う名前で私もそれを思い出しました。

40年前と違う面もあるかもしれませんが、今日はその2で嘉義の様子を載せますので、またご覧になって下さい。

誠実な方です

ささげくん さん お早うございます

とても良い方です。人間関係を大事にしておりますから、日本の会社との取引にもそれが良い影響をしていると思います。

嘉義市はだいぶ台湾の南のような気がしましたね、直接は行った事はないんですよ
でも台湾は食べ物が美味しくて好きなんですよ、私は食べるのが好きですから台湾大好き派ですよ 暑さがもう少し何とかなればなおいいですね

嘉義農林と明治大学

相子さん、こんにちは。林さんのおうちのある嘉義には戦前の甲子園準優勝校 嘉義農林があります。嘉義農林は今国立嘉義大学となって、明治大学とは姉妹校になっています。先月嘉義大学の学生が来日し、春日部市にある共栄大学を案内しました。

私も好きです

EGUTI YOUSUKE さん  今日は

嘉義は台北から250㌔南に下がった所です。

台湾では中華の色々な味を楽しめます。
ぼられないのも良いです。

味噌汁が定着しているのも面白いですね。
味噌は信州からの輸入だそうですよ。

有難うございます

寺門孝彦さん 今日は

嘉義農林は大学になっているとは知っていましたが、姉妹校とは分かっていませんでした。広報にも出ていたでしょうにね。

学生の案内ご苦労様でした。

素晴らしい景色のなかに、素晴らしい家を建てられましたね。
ゆったりとして住み心地もよさそうですね。

家に遊びに来て欲しいという林さんの言葉は本心でしょうね。
行きますと返事をすれば、きっと何一つ困ることのないように準備をしてくれるのではないですか?

そう思います

ofujisan さん 今晩は

何時も台北に来て下さいと仰っています。
絶対心配ないようにしますからと言って下さるのです。
有難いことです。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/3254-eeab10f8

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
5月1日86歳となりました。何かと物忘れが多く、足腰も弱くなって、杖が手放せません。今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog