FC2ブログ

2021-05

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

今日の一品と大山倍達さんのこと

 先ごろ夫と長女と一緒に行った食事 偶にはデザートも食べましょうかとなり、和風の一品を頼みました。
 もう名前は忘れていますが,多分アイスクリーム載せあんみつではなかったかと思います。
            これです。

        はな膳デザート

 嫌ですね。直ぐ忘れて仕舞うのですよ。ま~特に大事なことではないですから良いかと、自分で納得しております。
 和風の器に盛られてお洒落に見えます。食べようとしましたら、このスプーン。
 白玉を掬うにも上手く乗せられません。アイスを食べようとスプーンを当てても駄目です。スプーンの縁が鋭角ではありませんからクリームが逃げてばかりします。
 とうとう我慢が出来なくなり、スプーンを取り換えて下さいと言いましたら、これまた大きなスプーンを持って来たのです。
 これを食べるのですからと言い、普通のティースプーンを持って来て頂きました。
 大きなお店ですし、系列店もあるのですね。従業員の方はお客になって見たことはないのでしょうかね。
 見た目も大切ですけれどね。気配りも要りましょうね。

  話は変わり、昨日ネットで大山倍達さんが牛を空手で倒したという記事を見つけました。

 昭和30年頃、浅草公会堂に台東区役所の浅草支所がありました。そこにクラブの仲間が勤めておりました。
 私が偶々彼を訪問した時、「今日は剛柔流の有名な方の演技があるので見て行きませんか」と言われ支所の上の広間に行きました。
 そこにいた方が大山倍達さんでした。何か演技をされたのですが、私が覚えているのは、手のひらに硬貨を載せて、それを握り身体を折るようにして腕に力を入れたのです。そして手のひらを開きましたら、硬貨は柏餅状に折れているのです。

 長女がシドニーの婿殿の勤める日本料理の店にパートで行っており、そこで大山倍達さんに出会ったのです。

  そのことをブロ友さんの彦次郎さんが驚いておりました。大山さんの硬貨折りは見た人が少なく、ウソだとも言われていたようです。
 そこで彦次郎さんはブログに詳しくコメントの入れてくいださいと仰るので、私の見た大山さんと長女の見た大山さんのことを詳しくお伝えしました。
 母娘二人してこの方に会ったと言うのはとても珍しいことらしいです。
 
 今回色々と読んで見ましたら、大山さんは千葉県と関係があることを知りました。清澄山とか館山と言う場所で修行されているのですね。
 一つ分からないことは館山には牛を屠殺する所はなかったような気がするのですね。確認が要りそうな気がします。

PS 大山倍達のこと 上の赤字で見られなくなっていました。この赤字で再記載しました。

entry_header

COMMENT

おはようございます('ω')ノ

アイスクリームが2つも乗ったあんみつ美味しそう( *´艸`)
相子さんは、ぜんざいとかあんこ系のデザートを良く食べてらっしゃるイメージがありますが、そういう時の飲み物は暖かいお茶ですか?
コーヒーですか?

そう言う木のスプーンはオシャレですが、スプーン自体の厚みがありますから食べにくいんですよね(;´∀`)

お茶です

こぶたさん  お早うございます

ハイ 和菓子が好きです。こう言う時はお茶ですね。
普段でもコーヒーは滅多に飲みません。ケーキの時でも水が好きです。

お洒落でも実用的でないとね。

このスプ-ンじゃ食べにくいでしょうね
悪名高き先割れスプ-ンが食べやすいんですよ
なんであのスプ-ン悪く言われたのかな?

そうでしょ

EGUTI YOUSYKE さん 今日は

チョッと見は良いけれど、使いづらいです。

先割れスプーンは私も好きです。これにも良いと思いますね。

梶原一騎原作の「空手バカ一代」

こんばんは。
大山倍達さんは力道山のような歴史を背負っているのですね。梶原一騎さんの上の作品はとても有名でよく知られています。
しかし、相子さまは不思議なご縁が多いですね!

スプーンのお話、仰る通りです!

作品は知らないのです

yokoさん ようこそ

ハイ とても有名だそうですね。私は彦次郎さんから言われて初めて知ったのです。

スプーンそう思いますでしょ。良かった。

ofujisan

私はマンガで知りました。凄い人がいるものだとおもいましたね。
それにしても、手のひらってそんなに力が入るものですかね?。
指先なら納得できるのですが。

手のひらですよ

名無しさん  今日は

手に硬貨を握り、満身の力をそこに入れていたような感じでしたよ。
とても驚いたので覚えています。

大山倍達さんの物語は漫画で有名で、私たち世代はよく知っております。硬貨を折り曲げるシーンも有名ですが、実際に見られたとは凄い。鍛えたのだと思いますが、一種の超人ですね。

驚きました

kincyan さん  今晩は

私はそんな凄い人とは知らなかったのです。

偶然見たのです。

スプーンの件、同感です
以前、高島屋かどこか大手デパートの甘味処でクリームあんみつをいただきましたらやはりこのスプーンです
食べにくくて私も取り替えていただきました
甘党じゃない方、食通でない方の選ぶ道具って感じですね

大山倍達さん、存じ上げませんが
その道では本当にすごい方なのでしょうね
そんな素晴らしい方に母娘とも会われたなんてすごいですね

そうですね

Hulaさん  お早うございます

このようなスプーンをご主人様がご覧になるとお孫ちゃんの玩具ではと、仰るのではないでしょうか。

有名な所でもそう言うことがあるのですね。

大山倍達さんはその道の方には神様のような存在らしいですね。

遅くなりました。
すみません。
ずっとパソコンを開いていませんでした。

大山倍達は館山など千葉県で、おそらく戦争中徴用工として飯場で働いていたと言われております。

館山に食肉処理場があって、そこで牛との格闘を練習して、千葉県館山市八幡海岸で映画「猛牛と闘う空手」が撮影されました。

漫画や著書などで、いろんな話がありますが。。。

凄い方ですよね

彦次郎さん  お早うございます

私は映画も漫画も知りませんが、実際に硬貨折を見たので、凄いと思ったのです。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/3279-b177fbc5

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
2018年5月1日87歳となりました。物忘れ言い間違いは益々多くなり、足腰も弱くなって、杖が手放せません。気も短くなり今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog