FC2ブログ

2021-05

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

自家製鮭の粕漬け

 紅鮭の粕漬けを作りました。
 以前ロシア産の紅鮭の薄塩になっていたので作りましたら意外に塩が強かったのです。
 美味しさは今一つと言う感じでした。
 今回は生のを買って来て、先ず極々薄塩で身をしめてから粕漬けにしました。
 粕は胡瓜の粕もみを作るのに買った物です。良い粕ですね。

     紅鮭粕漬け

 良い香りがしてとても美味しく出来ました。
 味噌漬けや粕漬けなどは焦げ易いので、レンジで少し熱します。
 それから焼きます。
 この一切れで2回は食べますね。とに角最近は何を作っても多く、意識して少し控えなければと思っております。
 
entry_header

COMMENT

凝りますね流石ですよ
イクラは自分で作る人多いですが鮭の粕漬けは少ないんじゃないですか

自分の好みで

EGUTI YOUSYKE さん こんにちは!
鮭の粕漬けは殆ど見かけませんが、人形町の魚久と言うお店で京粕漬と言って良くデパ地下でも見ます。昔は買っていましたが、今は見るだけです。
唯これは高くてお惣菜には出来ませんし、甘すぎなんですね。
それで作ろうと思ったのが最初です。

魚久の切り落としの粕漬を時々いただきます。
きちんとした切り身のものは食べたことがありません。
それでも満足しています。
粕漬けをこんなにふっくらと焼くのは難しいですね。

それは良いですね

ofujisanさん  今晩は
魚久の切り落としは人気があり、買うのには努力が要ります。
切り落としでも味は変わりませんよ。有難いですね。
焼くにはレンジが役に立ちます。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://aikoqipao.blog47.fc2.com/tb.php/3327-22f66613

side menu

side_header

プロフィール

相子

Author:相子
「相子の四方山話」へようこそ。
相子こと持永あい子は見たがり、聞きたがり、知りたがり。
2018年5月1日87歳となりました。物忘れ言い間違いは益々多くなり、足腰も弱くなって、杖が手放せません。気も短くなり今や老化を辿るブログになってきております。
長女夫婦とその娘(上の孫)二女夫婦とその娘(下の孫)が近所にいます。

趣味 旗袍(チャイナドレス) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog